名刺情報を手間をかけずにデータ化

名刺画像を登録するだけで文字情報をデータ化し、一枚一枚、手入力によってリスト化していた手間を大幅に削減できます。文字情報のデータ化は、OCRによるものと専任オペレーターが文字を入力するものを提供しております。目的や用途に合わせて使い分けることもできます。

OCR(光学文字認識)

登録された名刺の画像から自動的に文字情報を抽出してデータ化します。日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字)に対応しています。

また、スマートOCR(オプション)を使用することで、標準OCRよりも高い精度で日本語名刺文字情報をデジタル化することができ、姓・名、会社名のふりがなも付きます。

OCRの詳細を見る

OCR(光学文字認識)

オペレーター入力サービス

登録された名刺画像の情報を概ね翌営業日までに専任オペレーターがテキストデータ化します。手間無く正確な情報が登録されるため登録の負荷が大幅に軽減できます。

※名刺管理の精度を高めるサービスです。

オペレーター入力サービスの詳細を見る

オペレーター入力サービス

OCRとオペレーター入力の使い分け

すべての名刺をオペレーター入力でデータ化することもできますが、大量に名刺を取り込むときだけ使用することもできます。
日々の名刺交換で集まる名刺は、OCRでデータ化。展示会など一度に大量の名刺が集まるときはオペレーター入力でデータ化するということができます。

日々の名刺交換
日々の名刺交換

OCR
展示会など
大量の名刺(展示会など)

オペレーター