SkyDesk Campaigns(Eメールマーケティング)の新規販売の受付は終了し、Zoho Campaignsの提供を開始しております。

Zoho Campaigns(Eメールマーケティング)

メール送信対象者を管理する(リスト管理)

メール送信対象者のリスト管理はとても重要です。このリストは常に最新の状態にしておかなければなりません。 SkyDesk Campaignsの活用で、この業務をもっと簡単に手間をかけずに行えます。 登録フォームや連絡先のインポート機能、SkyDesk CRMとの同期機能によりメール送信対象リストの管理を自動化できます。

リスト管理と登録フォーム

リスト作成時に登録フォームがデフォルトで用意され、この登録フォームからリストに連絡先を追加することができます。 自社のWEBページに設置してメールマガジン購読申し込み受付など不特定のメールアドレスを登録するのに活用できます。 既存顧客リストなど特定のメールアドレスなどを管理するために、登録フォームと紐付けないリストを作成することもできます。
登録フォームは、あらかじめ複数パターン用意しています。 また、そのフォームを設置する自社のWEBサイトのデザインに合わせてカスタマイズすることもできます。

連絡先の取り込み(インポート)

SkyDesk Campaignsでは、CSV、XLS、XLSX形式のファイルをインポートすることで、連絡先を登録できます。インポートの履歴も管理できます。 また、SkyDesk CRMとの連携で、SkyDesk CRMで管理している見込み客や商談相手の連絡先も SkyDesk Campaignsに同期させることができ、顧客の属性を絞り込んでメールキャンペーンを実施することもできます。

興味に合わせたメール配信(セグメント配信)

SkyDesk Campaignsでは、性別や年齢、購買商品などのようにオリジナルの項目もメールアドレス一緒に連絡先データとして管理でき、項目別にメール送信対象者を分類することもできます。 これにより、購買行動や興味に応じてセグメントしたグループごとにEメールを送信することができます。 興味とメールの内容を合致させることでキャンペーン効果を高めることができます。

QRコードから登録フォームへのアクセス

登録者を増やすために登録フォームへのアクセス手段を増やすことも重要です。その1つとしてQRコードがあります。 登録フォームと連動しているリストには、登録フォームにアクセスするためのQRコードを生成できます。チラシやカタログなどに QRコードを印刷することで、オフラインのメディアからWEB上の登録フォームへのアクセスが簡単になります。