設定>チーム設定

Cards R組織を作成すると、組織名の名前でチームが自動で作成されます。組織チームと呼びます。
組織チームとは別にチームを作成することができます。
組織チームは削除することはできませんが、それ以外通常のチームと扱いに差はありません。

組織にユーザーを追加するとき、所属チームの初期値に組織チームが設定されます。
初期設定のままでは組織メンバー全員が組織チームに所属します。
各チームの連絡先開示の運用をするには、各チームにメンバーを所属させるとともに、組織チームからメンバーを除外する必要があります。
どのチームにも所属しないユーザーは自分に関連する連絡先しか表示できません。

システム設定で[組織の設定]権限を与えられたユーザーがチームの追加、変更、削除、チームメンバーの追加、削除を行うことができます。

有料のチームオプションをご購入いただくことでチームの作成可能数を増やすことができます。
チーム作成後にチームオプションを解約すると作成したチームはすべて削除されます。

チームID

チームには名前と別にチームIDを付与します。
チームの表示順はチームIDとなります。
チームIDは1以上の整数で、重複しないように指定する必要があります。
ID 0(ゼロ) は組織チームを表します。

チームの設定

連絡先の公開範囲と名寄せする範囲を指定できます。

連絡先公開の範囲 公開連絡先の開示範囲を指定します。

組織全体:
組織全体に公開します。所属しないチームのチーム連絡先を「すべて」で参照できます。

チーム内:
チーム内にとどめます。所属しないチームの連絡先は参照できません。
連絡先重複検出の範囲 ※[連絡先公開の範囲]が「チーム内」の場合のみ表示します。
連絡先を名寄せする範囲を指定します。

組織全体:
組織全体の連絡先と名寄せします。

チーム内:
チーム内の連絡先と名寄せします。所属しないチームの連絡先とは名寄せしません。

連絡先を公開しない所属タイプ

チームに所属すると自分が関連する連絡先はチームメンバーに公開されます。
自分の連絡先をチームに公開せずにチーム連絡先を参照することができる所属タイプを指定できます。
この所属タイプは連絡先公開の範囲がチーム内の時のみに設定できます。

チーム階層

チームは3階層まで作成が可能です。
下の階層のチームをもつチームは削除できません。最下層のチームから削除してください。
3階層のチームを作成したい場合、上の階層のチームを作成しておく必要があります。この場合、チーム数は3となります。
例:SkyDesk商事>港区営業>営業1課の3階層チームを作成したい場合、
手順1: 第一階層のチーム[SkyDesk商事]を作成します
手順2: [SkyDesk商事]の下に第二階層のチーム[港区営業]を作成します
手順3: [港区営業]の下に第三階層のチームを作成します
の3チームを作成する必要があります。

ファイルによるチーム一覧設定

Cards R組織チームとそのチームIDをCSV形式で設定できます。
このファイル形式はチーム一覧出力で取得できます。

・チームを追加する
- 「編集不可 ID」欄には何も記載しないでください。
- 3階層のチームを作成したい場合、必ず第1階層までのチーム名を定義する必要があります。
例:以下のようなチーム構成を設定したい場合、

[チーム構成]

[CSVファイル]

・チームを変更する
- [編集不可 ID]を変更してはいけません。
- [チーム一覧の出力]でエクスポートしたファイルをExcel形式で開くと、
[編集不可 ID]が「1.23E+14」のように表示されますが、編集せずにそのまま使用します。
- チームIDを変更せず、チーム名を変更すると、ユーザーの所属を変えずにチーム名を変更できます。
- 設定されているチームに対して、チーム名, チームID, 備考, 階層構造を変更できます。

・チームを削除する
- 削除するチームをCSVファイルに指定しないでください。
- 上の階層のチームを削除したい場合は、そのチームの下の階層チームも含めて削除する必要があります。
- チームを全て削除したい場合は、ヘッダ要素のみ定義されたCSVファイルをアップロードしてください。
- 組織チームが指定されなくても組織チームは削除されません。
例:第3階層のチーム[SkyDesk商事 港区営業 営業2課」を削除したい場合、

[CSVファイル]

ファイルによるチームメンバー設定

Cards R組織の所属メンバーについて、CSV形式で所属タイプ(連絡先を公開/連絡先を公開しない)と、所属チーム複数を設定できます。このファイル形式はチームメンバー設定出力で取得できます。

あるユーザーを通常所属チームと別のチームに連絡先を公開せずに所属させる場合、通常所属と連絡先を公開しない所属の2行を指定します。(例:下図ichiro@skydesk.co.jp)。
連絡先公開の範囲が組織全体の時は所属タイプ設定は利用できませんが、所属タイプを[連絡先を公開]として指定する必要があります。

所属チームをファイルで指定された通りにします。現在の所属に追加する場合は現在と追加するチーム両方を指定してください。
メールアドレスと所属タイプのみで所属チームを何も指定しないと、その所属タイプではどのチームにも所属しなくなります。
チームIDは複数指定できます。チームとIDの対応はチーム一覧の出力で取得できます。
このファイルに記載されないメンバーのチーム所属は変更しません。

チームメンバー設定ファイルの例

メールアドレス所属タイプ所属チームID
ichiro@skydesk.co..連絡先を公開1
ichiro@skydesk.co..連絡先を公開しない3511
jiro@skydesk.co..連絡先を公開5
saburo@skydesk.co..連絡先を公開13
shiro@skydesk.co...連絡先を公開11

※CSVの一要素を1列で表しています。
※所属チーム指定は空白項目なく、連続項目として指定しても構いません。

ファイルによるチーム一覧設定、ファイルによるチームメンバー設定を行う前に、チーム一覧の出力、チームメンバー設定の出力により現在の設定を保存しておくことをお勧めします。