設定>利用状況

Cards Rの利用状況を表示します。連絡先の登録件数やプラン/オプションの付与状態を確認することができます。

利用状況

全連絡先 Cards R組織全体の連絡先登録件数です。
すべて、確認待ちやごみ箱、非公開の連絡先を含む総数です。
過去1か月に作成した連絡先 作成日時がアクセス時点から1ヶ月前までの連絡先件数です。
すべて、確認待ちやごみ箱、非公開の連絡先を含みます。
連絡先の上限数 購入プラン/オプションに応じて設定された連絡先登録総数の上限を表示します。

プラン/オプション

プランの取得数 購入プランの利用可能な最大人数です。
割り当て済み プランを既に割り当てた人数です。
スマートOCRオプションの購入 スマートOCRオプションの購入状況を表示します。
外部人事情報サービス連携の購入 外部人事情報サービス連携の購入状況を表示します。
連携CRMオプション 連携するCRMオプションを表示します。

オペレーター入力

※このメニューはオペレーター入力オプションを購入された場合にのみ表示されます。
オペレーター入力の各チケット数を表示します。

チケット総数 購入したチケット数と処理の対象外となったチケット数の合計です。
チケット購入数 購入したチケット数です。
チケット使用数(組織全体) 組織の全ユーザーが使用したチケット合計数です。組織から除外したユーザーの使用数も含みます。
チケット使用数(自分) アクセスしているユーザーが使用したチケット数です。
チケット残数 使用可能な残チケット数です。

オペレーター入力チケットの購入履歴を表示します。

レポート

連絡先件数CSV Cards R組織の各ユーザーが関連する連絡先の数をCSV出力します。
また過去13ヶ月分まで1ヶ月ごとの各ユーザーの連絡先関連件数も出力します。
「確認待ち件数」は「連絡先件数」のうち確認待ちのものの件数です。
このCSVで出力される連絡先件数は各ユーザーが関連している連絡先数であるため、
1つの連絡先を複数人が共有していると「全連絡先総数」よりも件数が多く計上されます。
オペレーター入力チケット使用状況CSV※
Cards R組織の各ユーザーが使用したチケット数をCSV出力します。
また過去13ヶ月分まで1ヶ月ごとの各ユーザーの使用数も出力します。
オペレーター入力を依頼したユーザーを組織から除外している場合、
該当するユーザーの氏名は「ユーザーID」を、役割は「(組織から除外済み)」を記述します。
※このメニューはオペレーター入力オプションを購入された場合にのみ表示されます。

バックグラウンド処理

レポート作成を 実行するとシステムに処理が登録され、バックグラウンドでファイル作成処理を実行します。
処理登録後、完了するまで同じ処理を開始することはできません。
処理が完了した段階で、実行したユーザーの[アカウント設定]で登録している[メインのメールアドレス]宛に
ファイルダウンロードURLを含む通知メールを送信します。
URLからファイルをダウンロードするためにはSkyDeskにサインインする必要があります。
通知されるURLからファイルをダウンロードできるのは実行したユーザーのみです。