SkyDesk CRMへの出力

※このメニューはSkyDesk CRM連携オプションが設定されている場合にのみ表示されます。

連絡先を出力する

自分の連絡先、すべての連絡先、会社の連絡先で連絡先を選択して[CRMに出力]を実行します。
連絡先情報がCRMの連絡先か見込み客に、連絡先のリンク先の会社組織がCRMの取引先か仕入先に出力されます。
連絡先に会社組織がリンクされていないと、連絡先に会社情報が設定されていてもCRMの取引先や仕入先には出力されません。
システム設定で連絡先の出力時に会社をCRM取引先、仕入先に出力しないように設定できます。

以下の連絡先では確認修正後処理を継続できます。

CRMで必要な属性

仕入先を利用するにはCRMの有料版が必要です。

会社組織を出力する

会社出力をするには、会社一覧で会社を選択して[CRMに出力]を実行します。 会社組織がリンクされている連絡先をCRMに出力しても会社が出力されます。
会社をCRMに出力すると、会社に対応するエントリーが作成されます。

Cards RとCRMの項目の対応

Cards Rから出力されるCRM連絡先、仕入先、取引先の項目の対応をCards RとCRMでの項目の対応 に記載しています。

重複する連絡先・会社

同一メールアドレスの異なるCards R連絡先はCRMの異なる連絡先へと出力されます。
同一の会社名の異なるCards R会社はCRMの異なる取引先・仕入先へと出力されます。

再出力

CardsRから連絡先、会社をCRMに出力するとCardsR要素と追加されたCRM要素が結び付きます。
CardsR要素を再出力すると結びついたCRM要素を上書きし、新たな要素は作成しません。
CRMに出力済みのCards R連絡先・会社を再度出力指示したとき、CRMのデータをCards Rデータで更新するかしないかをシステム設定で制御します。
再出力に設定されている時、Cards R連絡先・会社を再出力するとCRMのエントリーを上書き更新します。この時Cards Rで未設定の属性はCRMのエントリーの属性には反映されません。
再出力に設定されている時、Cards R連絡先・会社から作成されたCRMのエントリーが削除されていても、該当のCards R連絡先・会社を再出力するとCRMのエントリーを再作成します。

Cards RとCRMの要素の結び付け

CRMで作成したCRM連絡先/取引先/仕入先とは結びつきがないため、同じ名前の連絡先/会社をCards Rから出力すると、新たな重複するCRM要素が作成されます。
CRM出力ファイルの取込みを実施すると、CRMで作成した連絡先/取引先/仕入先とCards Rの連絡先/会社とを結びつけることができます。
Cards Rの連絡先/会社をCRMへ出力すると結びつきができたCRMデータが更新され、新たなCRMデータは作成されません。
Cards R要素に結び付いているCRM要素IDを確認し、直接変更することもできます。CRM見込み客/連絡先はCards R連絡先の詳細画面に表示します。CRM取引先/仕入先はCards R会社の詳細画面に表示します。