OCR(光学文字認識)

アップロードされた名刺画像のおもて面の文字を対象に連絡先項目を自動的にデジタル化します。
SkyDesk Cards R(名刺管理)OCR紹介ページ

スマートOCR

概要

スマートOCRは独自の技術によって標準OCRに比べて高い認識率を実現しています。
標準OCRではデジタル化されない「氏名」と「会社名」のふりがなが入力されます。
本機能はスマートOCRオプションをご契約の場合に有効となります。

オプション有無の確認方法

スマートOCRオプションの有無は下記から確認することができます。
設定>利用状況

確度(確からしさ)

スマートOCRは認識結果の確からしさを連絡先の各項目ごとに数値化します。
認識結果の確からしさは、設定>システム設定>スマートOCR>[完了時に自動確認]が「する」の場合に保存/表示されます。
データを編集したり、オペレーター入力を依頼すると確からしさのアイコン表示はクリアされます。

連絡先詳細>各項目の確からしさ

連絡先詳細画面から各項目の確からしさをアイコン表示で確認することができます。
設定>システム設定>スマートOCR>[自動確認の条件]の連絡先項目は濃いアイコンで表示され、
設定の対象外項目は薄いアイコンで表示されます。

アイコン 確からしさ

連絡先一覧>総合的な確からしさと自動確認処理

スマートOCRは連絡先各項目の確からしさから総合的な確からしさを算出し、連絡先一覧左列にアイコンで判別結果を表示します。
この総合的な確からしさに応じて連絡先を自動的に確認/名寄せする処理を行います。

アイコン 判別結果 判別後の挙動
対象項目すべての確からしさが「高」か「中」のみ 連絡先は自動的に「確認済み」となります。
その際、設定>システム設定>スマートOCR
[完了時に自動名寄せ]の設定に従って処理を行います。
対象項目いずれかの確からしさが「低」 名寄せや確認済みにする処理は行いません。

詳細は下記もあわせてご確認ください。
お知らせ>SkyDesk Cards R アップデートのお知らせ(2017/11/27)
お知らせ>SkyDesk Cards R アップデートのお知らせ(2018/10/03)

標準OCR

上記スマートOCRオプションをご契約でない場合は、標準OCRでデジタル化します。

注意制限事項