連絡先の名寄せ/統合

確認待ち連絡先での重複検出

概要
以下の操作を実施すると登録済みの連絡先との重複候補が表示されます。

表示されるダイアログの中で、別の連絡先として保存するか、重複候補の既存連絡先に関連のみ追加(統合)するかを選択します。
関連のみ追加するとき、登録済みの連絡先と新しい連絡先の違いが表示され、指定した属性を登録済みの連絡先に反映させることができます。

連絡先の重複検出条件
以下4項目の組み合わせで検出を行います。条件をシステム設定で指定することができます。
設定>システム設定>連絡先/会社の重複処理>重複候補の抽出条件 連絡先

その他

会社の重複検出
初期設定では会社の重複検出ダイアログは表示せず、自動で同じ名称の会社へ連絡先をリンクします。
ただし下記のシステム設定を変更することで、会社の重複検出ダイアログを表示して、任意の会社へリンクまたは別の会社を新規登録するかを選択できます。
設定>システム設定>連絡先/会社の重複処理>会社作成のUI確認

連絡先の統合

連絡先一覧で選択した連絡先と同じ氏名やメールアドレスの連絡先を類似検索したり、連絡先一覧で個別に選択して統合画面を表示します。
残す連絡先を指定し、採用する各連絡先項目の値を選択し、それぞれの連絡先の名刺画像・添付・メモ・タグ・関連を引き継ぐかを指定し、統合します。
また統合後の最新画像を選択することができます。この時、統合後の最新のうら画像は選択したおもて画像と対となるうら画像を使用します。
変更履歴は残す連絡先のもののみが残り、統合実行後に「連絡先統合」が記録されます。

統合された連絡先情報の復元