一部サービス終了のお知らせ  ⁄  End of Some Services
Menu
Menu

データのインポート

さまざまなデータソースからSkyDesk Reportsに簡単にデータをインポートや同期して、レポート作成や分析が可能です。ファイル、フィード、クラウドのドライブ、ローカルのデータベース/クラウドのデータベース、NoSQL、一般的なビジネスアプリ、顧客が作成したアプリなどを含みます。データコネクターの機能について

以下は、ローカルドライブからのCSVファイルのデータをインポートする画面です。

作成したいデータベース名を入力します。説明を入力します。(任意)ローカルのドライブから直接ファイルを表示/読み込みしたり、「貼り付けたデータ 」のオプションを使って、データをコピー&ペーストできます。またWebオプションを使って、Web URLのフィードからから直接データをインポートすることもできます。

SkyDesk Reportsからのデータのインポート方法については、ヘルプを参照してください。デモを見る

オプションのインポート

データは、テーブルに保存されます。SkyDesk Reportsにインポートしたデータのテーブル名をつけます。

また、最初の行は列名 の設定を変更することができます。インポートしたデータに日時の値が含まれる場合、SkyDesk Reportsが自動的にフォーマットを指定します。また、自分で日付のフォーマットを設定することもできます。

CSVファイルのインポート時に、 列の区切り文字の変更、最初の n 列のスキップ、コメント用の文字の指定などのオプションをカスタマイズすることができます。

以下の通り、SkyDesk Reportsは自動的にインポートしたファイルの最初の行の値を取って、列名として一覧にします。(この場合は、Date、Region、Product Category、Productなど)。ファイルの最初の4行は、プレビューで表示されます。

SkyDesk Reportsにインポートしたデータのインポート概要

以下の画面は、SkyDesk Reportsの表計算シートのようなインターフェースにインポートされたデータを表示しています。

どんなデータソースにも接続

フラットファイルや、フィード、データベース、クラウドサービスやオンライン/オフラインのアプリに点在しているビジネスのデータを、SkyDesk Reportsに同期して、レポートの作成、解析ができます。データの同期は、指定した期間に自動的に実行されます。さらに詳しく

SkyDesk Reportsに関するご不明な点やご質問は、下記を参照してください。

すべての機能