Reports ヘルプ

テーブルとは?

SkyDesk Reportsは、すべての表形式データをテーブルと呼ばれる媒体に格納します。テーブルは、列の集合と実際のデータの行(表計算シートのような)で構成されています。それぞれの列は名前を持ち、種類(データタイプ)が関連付けられています。 SkyDesk Reportsのテーブルは、このアイコン によって識別されます。

SkyDesk Reportsのワークスペースは、テーブルの集まりです。参照列を介して、2つのテーブルが互いに参照し、リレーショナルデータベースのモデルを可能にします 。(参照 リレーショナルデータモデリング) 実際のデータを含んだテーブルを利用して、どんな種類のレポートも作成できます。

列の種類は、列の値の性質と実行される演算子を定義します。例えば、年齢 の列は、正数 タイプとして分類されます。この列は正数列だけを含み、演算子の適用が可能です。データの種類の詳細は、サポートしている列の型を参照してください。

ワークスペースは一般的に、2つ以上の論理的に関連のあるデータ一式を持つテーブルを含んでいます。例えば、セールスのワークスペースは、商品、売上、購買などのテーブルが含まれています。同じワークスペース内には、論理的に関連のあるデータ一式を格納し、異なる性質のデータ一式は別のテーブルとして格納することをお勧めします。先に説明したように、参照列の項目を使って2つのテーブルの関係性を定義できます。

Top