Reports ヘルプ

数式の追加

名前が付いている数式は、SkyDesk Reports内で定義ができる計算機能としてレポートの作成に役立ちます。 SkyDesk Reportsは、どんな種類の計算にも対応し、レポートを作成する数式機能を提供しています。数式は、数字の組み合わせ、テーブル列の参照、演算子と関数などを含む自分で作成する数式です。関数は、一般的な特定の計算を実行するように設計された定義済みの数式です。

SkyDesk Reports は、様々なタイプの数式に対応しています。 以下は、SkyDesk Reportsが対応している数式の種類の概要です。

  • 数式の列: 自分のデータテーブルに、新しい項目 として追加できる数式の種類です。これらの値は、定義された数式に基づいて導き出されます。 演算子と組み込み関数を組み合わせたテーブル列を使って、どんな数式でも定義できます。 テーブルに新規追加された列の数式の結果は、数式の列といいます。
    • 組み込み数式: SkyDesk Reportsは、便利な組み込みの数式の列をデフォルトで提供しているので、一般的な数式の計算に便利です。これらの数式は、1つの列にのみ適用されます。計算の結果は、別の列として元のテーブルに追加されます。
  • 集計数式: 集計数式は、計算に集計関数(SUM, AVG..)を使用している数式です。 集計数式の結果は、元のテーブルに別の列として追加されません。作成されたテーブルに関連付けられ、他のテーブル列のように、 レポート(グラフ、ピボット、サマリービュー) の中で使用されます。

数式の列

SkyDesk Reportsでは、自分の作成した数式をレポートの特定の要件に合わせて定義できます。 組み込み関数の組み合わせで、たし算や引き算のような簡単な計算をサポートします。テーブルの新しい項目に追加された数式の結果を数式の列といいます。テーブルの他の列と同じ方法でレポートの作成に、これらの数式を利用できます。

SkyDesk Reportsは、様々な 組み込み関数 を提供しています。デフォルトの数式は、一般的な計算を簡単にできるように設計されています。これらの組み込み関数は、 テーブルの列で組み合わされて使用されます。+、-、/ 、 * のような基本の算術演算子は、自分の数式の列に使用できます。

数式の列の項目を作成して使用するには

  • ワークスペースの[エクスプローラー]タブから、 数式の列の追加対象のテーブルを選択します。
  • ツールバーから、 追加 > 数式の列を選択、または、ポップアップメニューから 数式の列の追加 > 数式の列を選びます。
  • [数式の列の追加]ダイアログが下記のように表示されます。 このダイアログボックスでは、数式の作成に使うたくさんの組み込み関数 と同様に自分のテーブルの列の名前を簡単に見つけられます。 関数の構文の説明と例は、関数上でマウスオーバーするとダイアログの下に表示されます。

  • [数式の列の追加]ダイアログで、[ 列を挿入するにはクリックしてください]と[ 関数を挿入するにはクリックしてください]のリストから、適用する列と関数を選択してください。

例えば、特定の日付の数字を追加して、数式の列を作成するには

  • [ 関数を挿入するにはクリックしてください]のリストから、[日付]関数を選択します。[数式]のテキストボックスに、 adddate() 構文が確認できます。
  • [数式]のテキストボックスの、丸括弧の間にカーソルを当て、 [ 列を挿入するにはクリックしてください]で追加したい日付の列を選択します。
  • 日付の数字(10にします)を入力し、コンマで区切ります。

この式を使って数式を作成するには、[数式の列名]のテキストボックスに列の名前の種類を入れて、[OK]をクリックします。 自分のテーブルに新しい数式の列が下記のように作成されます。

数式の列は、テーブルに表示されている数式の列を右クリック、ポップアップメニューの[数式の列の編集] から、いつでも編集できます。 テーブルで定義されている数式の確認とバージョンの管理や削除については、 関数の閲覧/編集 を参照してください。

数式の列の簡単追加

SkyDesk Reports は、一連の幅広い関数に基づき、数式の列を追加する簡単で便利な方法を提供します。追加の手順は、以下になります。

  • 数式の列の追加対象の列を選択します。
  • ツールバーから、 追加 > 数式の追加 をクリックします。
  • SkyDesk Reportsは自動的に、選択された列のデータの種類を識別して、幅広いリストから適用可能な組み込み数式を表示します。下記の画像のように表示されます。
  • 対象の数式を選択すると、SkyDesk Reportはテーブルの右端で、関連する列に数式を適用して、新しい数式を追加します。

SkyDesk Reportsの組み込み関数

SkyDesk Reportsは、一般的な計算を実行するための数式の様々な組み込み関数を提供しています。 下記の表は、数式の作成時に使用されるSkyDesk Reportsが提供している組み込み関数の一覧です。 組み込みの数式は関数の種類に基づいて、カテゴリーやグループに分類されます。

関数の説明 例

expr1 が真の場合 expr2、それ以外の場合 expr3を返します。
日付の関数
関数 説明
Absolute Month - absmonth(date_column) 日付とフォーマットの値から、月の絶対値を返します。 (Month, yyyy) absmonth('2011/8/7') = August, 2011
Absolute Quarter - absquarter(date_column) 日付とフォーマットの値から、四半期の絶対値を返します。(Quarter, yyyy) absquarter('2011/8/7') = Q3, 2011
Add Date - adddate(date_column, num_of_days) 指定した日付に指定した日数(num_of_days) を追加した日付を返します。 adddate('2011/8/7',10) = 2011/8/17
Add Time - addtime(data_column, time) 指定した日付に、指定した時間を足した日付を返します。 addtime('2002/02/21 18:23:26', '01:20:10') = 2002/02/21 19:43:36
Current Date - currentdate() 現在の日時を返します。 currentdate() = 15 Sep, 2011 10:06:18
Date and Time Dif - dateand
timediff(Unit, From Date, To Date[optional]
指定した単位に基づいて、2つの日付の列の差分の日時を返します。対応単位は、SECOND、 MINUTE、HOUR、 DAY、WEEK、 MONTH、 QUARTER、 YEARです。 dateandtimediff(DAY, '2015-01-01', '2015-05-01')=120
上記の例は、指定した日付の差分を返しています。
Date Diff - datediff(date_column1, date_column2) 2つの列の差を返します。 datediff('2011/8/11','2010/9/11') = 334
Day - day(date_column) 指定した日時の値から日の値を返します。 day( '2011/9/9') = 9
Day of Week - dayofweek(date_column) 指定した日付の曜日の値を返します。 (日曜 = 1, 月曜 = 2, ...) dayofweek('2011/9/9') = 6
Day of Year - dayofyear(date_column) 指定した日付が一年の中の日の番号の値を返します。 (0 - 365) dayofyear('2011/9/2') = 245
From Unixtime - fromunixtime(seconds) 指定した秒の値のUNIXタイムを返します。 fromunixtime('1000') = 1970/01/01 05:46:40
Hour - hour(date_column) 指定した日時の値から時間の値を返します。 hour('2011/8/7 10:35:23') = 10
Last Day - lastday(date_column) 指定した日付の月の末日の日付を返します。 lastday('2011/9/7') = 2011/9/30
Make Date - makedate(year,num_of_days) 指定した年と日数に該当する日の日付を返します。 (0 - 365) makedate('2011','23') = 2011/1/23
Minute - minute(date_column) 指定した日時の値から分の値を返します。 minute('2011/8/7 10:35:23') = 35
Modified Time -modifiedtime()    レコードの作成日時(レコードが新しく追加された場合)、または、最終更新日時を返します。この関数を適用すると、最初はこの数式が作成された日時を返します。その後、レポートが更新された日時を返します。  
Month - month(date_column) 指定した日付の値に月を返します。 month('2011/9/7') = September
Month Num - monthnum(date_column) 指定した日付の値から月の値を返します。 monthnum('2011/9/7') = 9
Quarter - quarter(date_column) 指定した日付から四半期の値を返します。 quarter('2011/8/7') = Q3
Second - second(date_column) 指定した日付から秒の値を返します。 second('2011/9/7 10:35:23') = 23
Sub Date - subdate(date_column,num_of_days) 指定した日付に指定した日数(num_of_days) を引いた日付を返します。 subdate('2011/9/15','6') = 1990/9/9
Sub Time - subtime(date_column,time) 指定した日付から、指定した時間を引いた日付を返します。 subtime('2011/02/21 18:23:26','01:20:10') = 2011/02/21 17:03:16
Week Day - weekday(date_column) 指定した日時の値から曜日の値 (日曜、月曜...) を返します。 weekday('2011/9/14') = Wednesday
Year - year(date_column) 指定した日時の値から年の値を返します。 year('2011/9/7') = 2011
数字の関数
関数 説明
Abs - abs(numeric_column) numeric_columnの絶対値を返します。

pi() = 3.14159265358979
Acos - acos(numeric_column) numeric_columnのコサインの値を返します。の範囲が-1から1の間ではなかった場合、 NULL 値を返します。

pow(2,3) = 8
Asin - asin(numeric_column) numeric_columnのサインの値を返します。numeric_columnの範囲が-1から1の間ではなかった場合、NULL値を返します。

rand() = 0.282164005825449
Atan - atan(numeric_column) numeric_columnのタンジェント値を返します。

atan(2) = 1.107149
Atan2 - atan2(numeric_column1, numeric_column2) numeric_column1 とnumeric_column2のタンジェント値を返します。 atan2(0.8, 0.6) = 0.927295
Ceil - ceil(numeric_column) numeric_column の小数点以下を切り上げた値を返します。 ceil(11.56) = 12
Cos - cos(numeric_column) numeric_columnのコサインの値を返します。

cos(0) = 1
Cot - cot(numeric_column) numeric_columnのコタンジェントの値を返します。

cot(0.25) = 3.916317
Degrees - degrees(numeric_column) 指定したラジアンに等しい角度を返します。 degrees(1) = 57.2957795
Exp - exp(numeric_column) numeric_columnの指定値を返します。

exp(2) = 7.389056
Floor - floor(numeric_column) numeric_columnの値の小数点以下を切り捨てた値を返します。 floor(11.56) = 11
Greatest - greatest(numeric_column,..., numeric_column) 指定した値のうち、最大値を返します。 greatest(10,20,5) = 20
Least - least(numeric_column,..., numeric_column) 指定した値のうち、最小値を返します。 log10(3) = 0.477121
Ln - ln(numeric_column) numeric_column の自然対数の値を返します。 ln(5) = 1.609438
Log10 - log10(numeric_column) numeric_column の常用対数 (10を底とする対数)の値を返します。 log10(3) = 0.477121
Log2 - log2(numeric_column) の二進対数(2を底とする対数)の値を返します。​ log2(32) = 5
Mod - mod(numeric_column1, numeric_column2) numeric_column1 を numeric_column2 で割った余りの値を返します。 mod(10,3) = 1
Pi - pi() 円周率の値(パイ)を返します。 pi() = 3.14159265358979
Power - pow(numeric_column1, numeric_column2) numeric_column1 の numeric_column2​乗の値を返します。 pow(2,3) = 8
Random - rand() 0と1の間のランダムな値を返します。 rand() = 0.9233482386203
Radians - radians(numeric_column) 指定した角度に等しいラジアンの値を返します。 radians(180) = 3.1415926
Round - round(numeric_column) numeric_column を整数に丸めた値を返します。 round(10.67) = 11
Sign - sign(numeric_column) numeric_column が負の場合「-1」、0の場合「0」、正の場合「1」を返します。 sign(-23) =-1
Sin - sin(numeric_column) numeric_column のサインの値を返します。 sin(0) = 0
Square - square(numeric_column) numeric_column の2乗の値を返します。 square(10) = 100
Square Root - sqrt(numeric_column) numeric_column の平方根の値を返します。 sqrt(16) = 4
Tan - tan(numeric_column) numeric_column のタンジェントの値を返します。 tan(0.5) = 0.546302
文字列の関数
関数 説明
Concat - concat(string_column,...,string_column) 指定した値を結合した文字列を返します。なお、指定した値のいずれかが nullの場合、nullを返します。 concat('abcd','ef','db') = abcdefdbd
Concat_WS - concat_ws(separator,string_column1,....,string_columnN) 指定した引数の文字列を、指定した区切り文字で連結した文字列を返します。区切り文字がnullの場合、nullを返します。 concat_ws('-','abcd','ef','db') = abcd-ef-db
Insert - insert(string_column, start_pos, len, new_string) string_column の文字列の start_pos の位置から len 文字分を new_string で置き換えた部分文字列を返します。len が0の場合、start_pos の位置の前に new_string が挿入されます。 insert('abcddb', 3, 2, 'efgh') = abefghdb
Index of - indexof(string_column, sub_string) string_column の文字列の中で最初に​ sub_string iの文字列が現れる位置を返します。 indexof('abcddb','db') = 5
Left - left(string_column, len) string_column の左側から len の文字分の文字列を返します。 left('abcdef',3) = abc
Length - length(string_column) 指定した文字列の長さを返します。 length('abcddb') = 6
Lowercase - lowercase(string_column) string_column のすべて小文字にした文字列を返します。 lowercase('AbCD') = abcd
Locate - locate(sub_string, string_column, start_pos)c string_column の文字列の中で、指定した位置(start_pos)より後ろで最初に sub_string の文字列が現れる位置を返します。 locate('db','skydeskdb',6) = 8
Lpad - lpad(string_column, len, pad_string) string_column の文字列が、len 文字になるように、左側に pad_string を追加した文字列を返します。もし、string_column の文字列の長さが len より大きい場合、string_column の最初の len 文字を返します。 lpad('DB',5,'a') = aaaDB
Ltrim - ltrim(string_column) string_column の先頭にある空白を削除した文字列を返します。 ltrim(' abcd') = abcd
Repeat - repeat(string_column,count) countで指定した数だけ、string_column を連結した文字列を返します。 repeat('Abcd',3) = 'AbcdAbcdAbcd'
Replace - replace(string_column, from_string, to_string) 指定した文字列中のすべての from_str を to_str に置き換えた値を返します。 replace('abcdac','ac','db') = abcddb
Reverse - reverse(string_column) string_column を反対にした文字列を返します。 reverse('abcd') = dcba
Right - right(string_column, len) string_column の右側から len 文字分の文字列を返します。 right('abcdef',4) = cdef
Rpad - rpad(string_column, len, pad_string) string_column の文字列が len 文字になるように、右側に pad_string を追加した文字列を返します。もし string_column の文字列の長さが len より大きい場合、string_column の最初の len 文字を返します。 rpad('DB',5,'a') = DBaaa
Rtrim - rtrim(string_column) string_column の末尾にある空白を削除した文字列を返します。 rtrim('abcd ') = abcd
Strcmp - strcmp(string_column1, string_column2) string_column1 が string_column2 より小さい場合「-1」、2つの値が同じ場合「0」、string_column1 が string_column2 より大きい場合「1」を返します。 strcmp('abcd', 'abcde') =-1
Substring - substring(string_column, start_pos, string_len) string_column の文字列の指定した位置 (start_pos)から、string_len 文字分を抜き出した部分文字列を返します。start_posは1以上を指定する必要があります。 substring('abcddb', 1, 4) = abcd
Trim - trim(string_column) 指定した文字列の先頭と末尾の空白をすべて削除した値を返します。 trim(' abcd ') = abcd
Uppercase - uppercase(string_column)   string_column をすべて大文字にした値を返します。 uppercase('abcD') = ABCD
統計関数
関数 説明  
Mean - mean(numeric_column) 数字の列の平均値を返します。  
Median - (numeric_column) 数字の列の中央値を返します。

 
Mode - mode(numeric_column) 数字の列の最頻値を返します。  

論理関数

関数 説明
IF - if(expr1,expr2,expr3) if(5> 10,100,50) = 50
Ifnull - ifnull(expr1,expr2) expr1がnullでない場合expr1、それ以外の場合expr2を返します。 ifnull(null,10) = 10
isnull( ) - isnull(expr1) expr1がnullの場合、1を返します。その他の場合は、 0を返します。 isnull(null)- 1
一般的な関数
関数 説明
Coalesce - coalesce(null,null,1,...) expr1がnullの場合、1を返します。その他の場合は、 0を返します。 coalesce(null,null,4) = 4

数式の列を使った数式の作成

関数の列は、テーブルの他の列と同様です。 新しい数式の列を作成する際に、テーブルの他の列で行うのと同様に既存の数式の列を使います。 既存の数式を再利用して新しい数式の列を作成すると、効果的な複合関数の作成に役立ちます。 また、ワークスペース内の数式の管理を簡単にします。関数の作成については、上記のセクションを参照してください。

数式の列を使ったレポートの作成

数式の列は、テーブルで列を使うのと同様に、レポートを作成する時に使用されます。カスタム関数の列を追加するテーブル上で新しいレポートを作成すると、すべての数式の列は左のペーンの項目に表示されます。これをドラッグ&ドロップするとレポートを作成できます。レポートのデザインエリアに配置する際、列に表示されている選択ボックスを使って、他の列で行うのと同様に数式の列に関数を適用できます。

下記の画面は、Payment Dateの数式の列を表示しています。

数式の列の共有

数式の列が作成されると、テーブルの他の列のように機能します。テーブルを共有すると、すべての既存の数式の列もユーザーに共有されます。

メモ:

  • 共有ユーザーは、編集や削除、数式のフォーマットの共有はできません。 また共有ユーザーは、共有ユーザーが ワークスペースのオーナーでない限り、共有のテーブルに自分の数式の列を追加できません。

集計数式

一般的なデータの解析レポートの多くが、データに集計関数(SUM, AVG, COUNT など)を適用して解析します。計算において気を付けるべき重要な点は、正しい結果を得るために、適切な集計関数で計算することです。 SkyDesk Reportsの集計数式は、この要求の対処に合っています。

集計数式とは、少なくとも1つの集計関数(SUM, AVG..)を計算に使用するように、SkyDesk Reportsの中で定義している数式です。計算結果は、常に数字の値(metric)です。集計数式は、効果的なレポートを作成する際などに使用されます。これらの数式は SkyDesk Reportsのグラフ、ピボット、サマリービューなどに使用できます。

  • 集計数式の結果は、常に数字の値です。
  • 集計数式は、数式の列のように、関連付けられている元のデータに他の列として追加されません。ただし、テーブル(リストされている列の一部として)で、レポートを作成する時に利用できます。
  • 集計数式の値は、レポートに表示される各データポイントに計算されます (例:結果は1つの値とは限りません) 。これはとても効果を発揮します。
  • 集計数式は、数式の列と同様に構築されます。

SkyDesk Reportsは、様々な組み込み集計関数を提供し、集計数式の一部として使用されます。これらの組み込み集計関数と基本の算術演算子(+/-/ and *)の組み合わせを利用して、数式を構築できます。

集計数式の作成

集計数式を作成するには

  • ツールバーから 追加 > 集計数式 を選択すると下記のように表示されます。

  • [集計数式の追加]のダイアログボックスが下記のように表示されます。 このダイアログボックスでは、数式の作成に使うたくさんの組み込み関数 と同様に自分のテーブルの列の名前を簡単に見つけられます。構文解析機能の説明と例は、関数上でマウスオーバーするとダイアログの下に表示されます。
  • [数式名]のテキストボックスには、その数式の名前を入力します。
  • 数式によって返される集計結果の[データの種類]をドロップダウンリストから選択します。データの種類は数値とは限りません。ゆえに可能値は、数字、正数、通貨、パーセントになります。
  • [関連するテーブル]の項目は、この数式に関連付けられたテーブルの名前を提供します。これは、この集計数式を作成したテーブルの名前を自動的に設定します。
  • 数式のテキストエリアには実際の数式を提供します。列を選択して、、[ 列を挿入するにはクリックしてください]と[ 関数を挿入するにはクリックしてください]のリストから数式に挿入する関数を選択します。

    メモ:ルックアップ列で結合した関連するテーブルから列を挿入することも可能です。ドロップダウンに元にするテーブルに関連付けられた親テーブルがすべて表示されます。テーブルを選択すると、このテーブルに含まれる列が下に表示されます。これをクリックすると式に挿入することができます。

  • 例えば、 % Profit を計算する集計数式を適用するには、 (SUM("SALE")- SUM("COST"))/SUM("COST")*100 のようになり、下記の画面のように表示されます。

  • [OK]をクリックします。

集計数式の結果は、元のテーブルに 列として追加されません集計数式を使ったレポートの作成 をする際に、列のパネルに表示されます。 ツールバーから 追加 > 数式の編集 をクリックすると、閲覧や編集ができます。数式の閲覧/編集については、次のセクションで説明します。

組み込み集計関数

集計数式を作成する際、SkyDesk Reportsが提供している組み込み関数を利用すると便利です。 数式の列を作成する際、集計数式を作成したとしても適用可能な組み込み関数を利用できます。 集計数式の要件に合う組み込み関数を提供します。 集計数式を作成する際に、より関連性があって、適用可能な特別な関数もあります。 次の表は、これらの関数の説明です。

関数 説明
Sum - sum(numeric_column) 数値の列の合計を返します。
Avg - avg(numeric_column) 数値の列の平均の値を返します。
Min - Min(numberic_column) 数値の列の最小値を返します。
Max - max(numeric_column) 数値の列の最大値を返します。
Count - count(column) 列の数を返します。
Stddev - stddev(numeric_column) 数値の列の標準偏差値を返します。
Variance - variance(numeric_column) 数値の列の分散を返します。
Distinct Count - count(distinct(column)) 指定された列の行数を返します。
SumIf - sumif(condition, expr1, expr2) 条件が真の場合、expr1の合計を返します。また、条件が偽の場合、expr2の値を返します。expr1とexpr2には、数式、または、数値の列を指定できます。expr2は、省略可能です。 : sumif(Region = 'East, Sales, 0) Regionの列の East の値に合致するすべてのレコードに対して、sales 列の合計の値を返します。 もしくは、 0を返します。

AvgIf - avgif(condition, expr1, expr2) 条件が真の場合、expr1の平均を返します。また、条件が偽の場合、expr2の平均返します。expr1とexpr2には数式、または、数値の列を指定できます。expr2は、省略可能です。

: avgif(Region = 'East, Sales, 0) Regionの列の East の値に合致するすべてのレコードに対して、sales 列の平均の値を返します。 もしくは、 0を返します。
CountIf- countif(condition) 条件に一致するレコード数を返します。 : countif(Region='East') Regionの列の East の値に合致するテーブルの行(レコード)の数を返します。
YTD -YTD(AggExpr,Date_Col) Year-to-date は、今年の初めから今日までの期間です。 引数:
AggExpr - Yearからdateの値を計算するために、 集計の数式(SUM、AVGなどの集計関数を使う ) である必要がある。
Date_Col - Year から Date を計算するために、日付の列に基づいている必要がある。 : YTD(Sum(sales), OrderDate)は、 'OrderDate という日付の列の値を元に、今年の初めから今日までのSalesの合計を返します。
QTD - QTD(AggExpr,Date_Col) Quarter-to-date は、今四半期の初めから今日までの期間です。
引数:
AggExpr - Quarterからdateの値を計算するために、 集計の数式(SUM、AVGなどの集計関数を使う ) である必要がある。 Date_Col - Quarter から Date を計算するために、日付の列に基づいている必要がある。
: QTD(Sum(sales), OrderDate) は、 'OrderDate'という日付の列の値を元に、今四半期の初めから今日までのSalesの合計を返します。
MTD - MTD(AggExpr,Date_Col) Month-to-date は、今月の初めから今日までの期間です。引数:
AggExpr - Monthからdateの値を計算するために、 集計の数式(SUM、AVGなどの集計関数を使う ) である必要がある。
Date_Col - Month から Date を計算するために、日付の列に基づいている必要がある。
: MTD(Sum(sales), OrderDate) は、'OrderDateという日付の列の値を元に、今月の初めから今日までのSalesの合計を返します。

既存の集計数式を利用した集計数式の作成

SkyDesk Reports は、既存の集計数式数を利用して、集計数式の作成が可能です。既存の数式を利用して新しい集計数式を作成すると、数式の組み合わせが便利になり、ワークスペースの中で数式の管理も簡単になります。

新しい集計数式を作成する際、既存の数式は、他の列と共に [ 列を挿入するにはクリックしてください] の中に表示されます。すべての集計数式は、∑ 記号で茶色に表示されます。 これらの数式を新しい数式を定義する際に、 テーブルの他の列と同様にクリックで挿入できます。

例えば、すでに利益率とコストの合計を計算済みで、次に利益率の合計を計算したいとします。 そこで、既存の集計数式を使って、合計の利益率を計算します。 数式は、 ("Total Cost" * "Profit") / 100 のようになります。

集計数式を使ったレポートの作成

テーブルで列を使用するのと同様に、集計数式は、すべてのレポート (グラフ、ピボット、サマリービュー)の作成に使用できます。 集計数式を追加したテーブルで新しいレポートを作成すると、すべての数式は、左の列のリストに表示され、レポート作成時にドラッグ&ドロップできます。

下記の画像は、列のリストに追加された %Profit の集計数式を表しています。すべての集計数式は記号を含むアイコンで表示されます。

ワークスペースの[エクスプローラー]タブから、集計数式を追加するテーブルを選択します。

テーブルの他のデータ列を使用するのと同様に、集計数式はレポートに使用できます。集計数式の値は、レポートに表示される各データポイントに計算されます (例:結果は1つの値とは限りません) 。 下記に表示されているグラフは、年の利益をパーセンテージで表しています。利益率は各年で計算され、グラフに反映されています。

レポートに集計数式を利用する際、(他の列のように)数式を他の関数に適用できません。 関数は常に[Actual]が選択されていて変更できません。

集計数式の共有

共有と共同編集 については、 集計数式はテーブル内の列の動作と似ています。 テーブルを共有すると、そのテーブルで作成されたすべての集計数式も、 テーブルを共有したユーザーに共有されます。 ゆえに、共有ユーザーは、データテーブルでレポートを作成する際に、これらの数式を利用できるようになります。

メモ:

  • 共有ユーザーは、編集、削除、共有された集計数式のフォーマットはできません。レポートの作成にのみ利用できます。また、共有ユーザーはワークスペースのオーナーでない限り、共有テーブルに自分の集計数式を追加できません。

数式の閲覧/編集

SkyDesk Reportsは、 [数式の編集]オプションで、テーブルに定義されたすべての数式の閲覧、編集、フォーマットができます。 このオプションで、数式の列と集計数式の両方の閲覧と編集ができます。既存の数式の列、集計数式を閲覧/編集するには、

  • 対象のテーブルを選択します。
  • ツールバーから追加 > 数式の編集を選択します。
  • [数式の編集]ダイアログボックスに、テーブルに関連するすべての数式が表示されます。

  • 編集対象の数式の横にある[編集]リンクをクリックします。
  • [集計数式/数式の列](数式の種類に応じて) のダイアログボックスが開きます。 新しい数式の作成と同様に、既存の数式を編集できます。
    • 数式の編集:構築した数式を、対応する数式の隣にある[編集]リンクから編集することができます。
    • 数式の削除:既存の数式は、数式の横にある削除リンクを使って、いつでも削除できます。
    • 数式のフォーマット: 数式のデータの種類に応じて、フォーマットのリンクから数式の結果のフォーマット、配置、小数点の位置、日付フォーマット、通貨の記号などを変更できます。データ列のフォーマットの方法と似ています。列のフォーマットの詳細は、こちら を参照してください。

Top