Reports ヘルプ

SkyDesk Reports - SkyDesk CRMの詳細な解析

はじめに

SkyDesk Reportsによる SkyDesk CRMの詳細な解析は、既存のSkyDesk CRM のデータを更に効果的に解析するオプション機能です。直観的なインターフェイスのドラッグ&ドロップを使って、レポートとダッシュボードを簡単に作成します。 営業やマーケティング担当の社員は、自分たちのSkyDesk CRM データを細かく調査してビジネスの決定に情報を活用します。

概要

1. SkyDesk Reportsとは何ですか?
2. SkyDesk CRMの詳細な解析とは何ですか?
3. SkyDesk CRMの詳細な解析オプションを購入できるのは誰ですか?
4. オプションを購入する利点、価値は何ですか?
5. SkyDesk CRMの詳細な解析は、どのように動作しますか?
6. このオプションに設定されているSkyDesk Reportsのデフォルトのレポートとダッシュボードとは何ですか?

価格

1. このオプションの価格はいくらですか?
2. オプション価格の「ユーザー」とはどういう意味ですか?
3. 「行」単位はどういう意味で、価格はどうやって計算されるのでしょうか?
4. このオプションプランの購入方法は?

設定

1. 自分のSkyDesk CRMに、SkyDesk Reportsのオプションを設定する方法は?
2. SkyDesk Reportsのオプションを購入しましたが、私のSkyDesk CRMデータがSkyDesk Reportsの中に見つかりません。なぜですか? また、SkyDesk CRM からのデータがSkyDesk Reportsで見えるようになるには、どれくらいかかりますか?
3.「設定を完了できませんでした」/「同期を完了できませんでした」というメールが届きました。どうしたらいいでしょうか?
4. SkyDesk Reports のワークスペースで同期されるデフォルトの項目は何ですか?
5. カスタム項目や新しい項目を追加できますか?
6. SkyDesk CRMとReports間の同期の設定を編集できますか?
7. SkyDesk CRM-Reportsのデータを即座に同期できますか?
8. SkyDesk Reportsで作成されたレポートにアクセスするには?
9. このオプションで自分のレポートを作成するには?
10. 私が作成したレポートにアクセスできるのは?
11. このオプションを使って、レポートを作成できるSkyDesk CRMのタブは何ですか?
12.このオプションでレポートを作成する際に、SkyDesk CRMのその他のタブはサポートされていますか?
13.SkyDesk Reportsのオプションが設定されるのは、どのCRMアカウントですか?
14.自分のSkyDesk Reportsのオプションを他の管理者に移管できますか?

レポート作成機能

1. SkyDesk Reportsがサポートしているレポートの種類は?
2. このオプションの設定のSkyDesk Reportsで作成されたデフォルトのレポートとダッシュボードとは?
3. SkyDesk Reportsのオプションで作成されたデフォルトのレポートを編集できますか?
4. SkyDesk Reportsのオプションを使ってレポートを作成するには?作成可能なレポートは?
5. 他のタブ (例:商談、取引先など)にある項目/列 を使ったレポートの作成方法は?
6. SkyDesk Reportsの数式とは?
7. SkyDesk CRM Reportsのデフォルトの数式の種類は?
8. SkyDesk Reportsにカスタム数式を作成する方法は?
9. SkyDesk Reports内のSkyDesk CRMのタブ(テーブル)のデータを追加、修正できますか?
10. SkyDesk Reports内のSkyDesk CRMのタブ(テーブル)のデータに新規に列を追加できますか?
11. レポートやダッシュボードを作成するために、新規データテーブルをこのワークスペースに追加できますか?
12. SkyDesk CRMのデータに他のソースからのデータを統合できますか?
13. クエリーテーブルとは?
14. 複数のテーブルからデータを結合できますか?
15. SkyDesk CRMでタブ名を変更するとどうなりますか?

ユーザー/共有/共同作業

1. SkyDesk Reportsのレポートを同僚に共有する方法は?
2. 組織内の他のユーザーが作成したレポートにアクセスできません。
3. 組織内の他のユーザーがレポートを作成するには?
4. SkyDesk Reportsのユーザーに提供されている役割は?
5. 自分が共有したレポートを他のユーザーが編集できません。
6. 同じレポートを共有して、複数のユーザーに個別の設定をすると、それぞれ異なるデータが見えるのでしょうか?
7. SkyDesk Reportsで作成されたレポートやダッシュボードを印刷する方法は?
8. SkyDesk Reportsで作成されたレポートとダッシュボードを定期的にメールする方法は?
9. SkyDesk Reportsのレポートやダッシュボードをエクスポートできる形式は?
10. レポートやダッシュボードをWebタブとしてSkyDesk CRMに組み込む方法は?
11. 自分のレポートをWebサイト、イントラネット、ブログ、プレゼンテーションに組み込む方法は?

ソリューション

1.商談から、売上利益率 %と損失率 %を計算することはできますか?
2. 年、四半期、月を比較した成長レポートを作成できますか?
3. 売上パイプラインファネルグラフの作成はできますか?
4. 売上平均周期を見るレポートを作成できますか?
5.上位5位と下位5位の営業担当のレポートを作成できますか?
6. SkyDesk Reportsの目標(ノルマ)ベースのレポートを作成する方法は?
7. すべての見込み客から、商談に結び付く割合を計算できますか?

ヘルプとサポート

1.SkyDesk Reports オプションの技術的な質問の問い合わせ先は?

概要

1. SkyDesk Reportsとは何ですか?

SkyDesk Reportsは、レポート作成のためのオンデマンド型のビジネス・インテリジェンス・ソリューションです。効果的で柔軟性の高いオンラインビジネス・インテリジェンスが、あなたのビジネスに新しい洞察力を提供します。ITの知識がなくても、満足度の高いレポートを数分で作成できます。SkyDesk Reportsは、以下の主な機能を提供しています。

  • オンラインのレポート作成ビジネス・インテリジェンスサービスは、いつでもどこにいてもアクセスが可能です。
  • スプレッドシート形式のインターフェイスを採用し、データの追加とレポートの作成が簡単です。
  • ドラッグ&ドロップの簡単操作で、迅速にレポート作成と公開を支援します。
  • データをより深く、詳細に解析する視覚的な解析力を提供します。
  • ダッシュボード、グラフ、ピボット、サマリー、テーブルレポートに対応しています。
  • Excel、Open Office、CSV、TSV、HTML.など様々なファイル形式に対応しています。定期的なインポートのスケジュールも設定可能です。
  • 社内アプリや既存のデータベースからデータのプッシュができるツールを提供しています。
  • SkyDesk CRMと連携することで、CRM内のデータを使って詳細な売上分析が可能です。 
  • 参照列 (リレーショナルデータベースにある) を通じて、他のデータベースの関連データと結びつけられます。
  • SQL (Structured Query Language) が効果的にレポート作成を促進します。Oracle、SQL サーバー、 IBM DB2、MySQL、PostgreSQL、 Informix、ANSI SQLなど標準的な方言で書かれたSQL構文をご利用ください。
  • 他のユーザーに閲覧や編集の権限を付けたデータやレポートを共有して、リアルタイムの共同編集を実現します。 メールでレポートの通知も可能です。
  • エクスポートと印刷は各形式に対応しています。
  • Webサイトやブログへのレポートの組み込みが可能です。
  • HTTPS (SSL 接続)により、高いセキュリティでサインインをサポートし、すべてのデータやレポートがセキュアなデータセンターで管理されています。
  • 利用中のビジネスアプリと双方向に連携するWeb API (HTTPベースとSkyDesk CloudSQL) を利用しています。
  • メンテナンス費用、経費を節減します。

SkyDesk Reports 概要動画もご参照ください。

2. SkyDesk CRMの詳細な解析とは何ですか?

SkyDesk ReportsによるSkyDesk CRMの詳細な解析は、上で記述したすべての能力を搭載し、以下の機能/利点を備えています。

  • フル機能のビジネス・インテリジェンス (BI) で、既存のSkyDesk CRM データを詳細に解析するレポート作成ツールです。
  • SkyDesk CRMのユーザーにとって、大きな価値を見出す100以上のレポートとダッシュボードをデフォルトで提供します。
  • SkyDesk CRM のデータに限らず、既存のデータ(例: Excel 表計算シート、Google Adwords )からもCRMデータを統合して、レポートとダッシュボードの作成が可能です。
  • SkyDesk CRM のデータを使って、同僚と共同編集しながら新規レポート/ダッシュボードを作成できます。
  • レポートを定期設定して、いつでもメールの送信が可能です。
  • PDF、Excel、CSV、JPGファイルとして、デスクトップへエクスポート、オフラインで印刷できます。

3. SkyDesk CRMの詳細な解析オプションを購入できるのは誰ですか?

すべてのSkyDesk CRMユーザー (エンタープライズ/プロフェッショナル/スタンダード/無料プラン)は、このオプションの購入ができます。

このオプションをSkyDesk CRMに設定するには、 SkyDesk CRM アカウントの管理者権限が必要です。管理者でない場合は、あなたのアカウントへのオプションの設定をSkyDesk CRM の管理者に依頼してください。

4. オプションを購入する利点、価値は何ですか?

SkyDesk CRMのユーザーには、このオプションは素晴らしい利点があります。これまで探していたSkyDesk CRMの自分のデータを簡単に見つけられるようになります。このSkyDesk Reportsのオプション機能により、CRMデータを効果的に解析して、洞察力のあるレポートやダッシュボードの作成を可能にします。 売上管理を構築するように、自分の売り上げの利益/損失率、上位5/下位5の営業担当、そして自分の地域別売上が、月ごと、四半期ごとにどのように変化するのかわかります。

ドラッグ&ドロップを使ったSkyDesk Reportsのレポート作成は、高度な技術的な知識がなくても、CRMのデータからレポートやダッシュボードを簡単に作成して、同僚と共有ができます。

5. SkyDesk CRMの詳細な解析は、どのように動作しますか?

SkyDesk ReportsによるSkyDesk CRMの詳細な解析は、下記のように動作します。

  • SkyDesk CRM の管理者が、SkyDesk Reportsのオプション設定するSkyDesk CRMアカウントを選びます。
  • SkyDesk CRMのタブから、SkyDesk Reportsにインポートする予定の「取引先、活動 (予定、通話、タスク) 、問い合わせ、連絡先、請求書、見込み客、商談、商談ステージの履歴、価格表、商品、 発注書、見積書、受注書、仕入先、カスタム 」の19の項目を選択します。
  • SkyDesk CRM のデータは、関連付けられたSkyDesk Reportsに自動的にインポートされます。 SkyDesk CRMのデータ量に応じて、初回のインポートは数分から数時間に及ぶことがあります。
  • そのため、データはSkyDesk CRM とSkyDesk Reports間で一日に一回、同期しています。 管理者がそのタイミングを設定します。
  • CRMの7つのタブからのデータに合わせて、100以上の役立つレポートとダッシュボードがデフォルトで提供されています。
  • オプションを設定したSkyDesk CRMの管理者が、他のCRMユーザーにレポートを共有できます。
  • 新しい特別レポートは、オプションの利用ユーザーによって作成されます。
  • SkyDesk Reportsのオプションの設定については、こちらのスライドショーを参照してください。

6. このオプションに設定されているSkyDesk Reportsのデフォルトのレポートとダッシュボードとは何ですか?

SkyDesk Reportsの詳細な解析オプションを設定すると、100を超えるデフォルトのレポートダッシュボードが自動的に生成されます。これらの便利なレポートは、セールスの実績の解析に大変役立ちます。例えば、売上パイプラインレポートで上位5 / 下位 5 の営業担当者のレポートや、売り上げ見込みの利益/損失 % レポートが確認できます。

下記のサンプルワークスペースから作成されたデフォルトのレポートを簡単に閲覧できます。
https://reports.skydesk.jp/ZDBDataSheetView.cc?DBID=2000000709257

SkyDesk Reportsを使ったSkyDesk CRMの詳細な解析オプションがサポートするレポートについては、 レポート作成機能 セクションを参照してください。 .

価格

1. このオプションの価格はいくらですか?

SkyDesk ReportsによるSkyDesk CRMの詳細な解析を利用するには、SkyDesk Reportsスタンダードプラン以上を購入してください。

2. オプション価格の「ユーザー」とはどういう意味ですか?

SkyDesk Reportsで作成したあなたのワークスペース、テーブル(データ)、レポート、ダッシュボードを共有しているユーザーは、すべてSkyDesk Reportsのユーザーと見なされます。ユーザーは、SkyDesk Reportsに登録したメールアドレスによって識別されています。

SkyDesk Reports スタンダードプランを購入すると、データ/レポートの個人を4人にまで共有できます。 SkyDesk Reports のユーザーが、5ユーザー(自分を含む)になります。

3. 「行」単位はどういう意味で、価格はどうやって計算されるのでしょうか?

SkyDesk Reportsでは、行やデータは、ワークスペース(表計算シート)内では、同じ文脈として定義されます。簡単に言うと、テーブルは行(データ)と列(項目)によって構成されています。テーブルの各行は、関連データ一式で同じ構造を持っていることを意味します。例えば、「連絡先」テーブルでは、各行は、1つの連絡先のデータを表します。価格に計算された行数は、あなたのSkyDesk Reports ワークスペースのテーブルに格納されたすべての行/データの合計です。

4. このオプションプランの購入方法は?

SkyDesk Reportsのオプションは、 SkyDesk CRMのすべてのユーザーに提供しています。

設定

1. 自分のSkyDesk CRMに、SkyDesk Reportsのオプションを設定する方法は?

SkyDesk Reportsのオプションの設定は簡単です。下記の手順で行います。

  1. SkyDesk CRM に管理者権限を持つアカウントでサインインします。
  2. 「設定」 -> 「連携とオプション」 -> 「SkyDeskサービス」 -> 「SkyDesk CRMの詳細な解析」から SkyDesk Reports オプションを設定します。
  3. [SkyDesk CRMの詳細な解析]ページで、[設定]をクリックします。
  4. [SkyDesk CRMの詳細な解析]ページで、以下を実施します。
    1. 項目を取引先、活動 (予定、通話、タスク)、問い合わせ、連絡先、請求書、見込み客、商談、商談ンステージの履歴、価格表、商品、 発注書、見積書、受注書、仕入先、カスタムのタブから選択します。
    2. カスタムタブと対象の項目を選択します。
    3. ワークスペースに商談履歴を追加する場合、[商談ステージの履歴の項目を含む] のチェックボックスを選択します。
    4. 在庫管理機能から商品情報をSkyDesk Reportsに追加したい場合は、[(タブ名) の商品情報を含む] チェックボックスを選択します。このオプションは在庫管理機能でのみ利用可能です。
    5. 同期時間を設定します。
    6. [保存して同期]をクリックします。

SkyDesk CRMの詳細な解析が設定されました。CRMからSkyDesk Reportsにデータをインポートした後、メールが届きます。Reportsが初回のデータをインポートした後、以降はReports に設定された同期時間に、変更が自動的に同期されます。

設定に関する詳細は、下記のスライド参照してください。

2. SkyDesk Reportsのオプションを購入しましたが、私のSkyDesk CRMデータがSkyDesk Reportsの中に見つかりません。なぜですか? また、SkyDesk CRM からのデータがSkyDesk Reportsで見えるようになるには、どれくらいかかりますか?

SkyDesk CRMに設定後、SkyDesk CRM のすべてのデータがSkyDesk Reportsにインポートされるには最低1日はかかります。インポート/同期が完了するとメールが届きますので、レポートの作成が可能になります。

初回の同期が完了したら、次回からは毎日指定した同期の時間になるとSkyDesk CRM のデータの変更 (データの追加、編集、削除) が自動的に反映されます。

3.「設定を完了できませんでした」/「同期を完了できませんでした」というメールが届きました。どうしたらいいでしょうか?

SkyDesk CRM データの毎日のインポート/同期は、様々な理由により、失敗することがあります。このため、このようなメールが届くことがありますが、心配いりません。SkyDesk Reportsは、直ちに調査、対応をしてご連絡します。

設定を完了できませんでした メールは、初回のSkyDesk CRMからSkyDesk Reportsのオプションの設定中に問題が生じた時に送信されます。

同期を完了できませんでした メールは、初回の設定と同期が問題なく完了した後、毎日の同期の際に、SkyDesk CRM と SkyDesk Reports間で問題が生じた場合に送信されます。

4. SkyDesk Reports のワークスペースで同期されるデフォルトの項目は何ですか?

下記の表のSkyDesk CRM のデータが、SkyDesk Reportsにデフォルトで同期されます。 SkyDesk CRMからSkyDesk Reportsへの同期の際に、下記の設問で説明するように、列や項目を追加できます。

タブ 項目
Accounts
Account ID
Account Name
Account Owner
Account Owner
Account Type
Created Time
Industry
Website
Calls Call Start Time
Call Duration (in seconds)
Call Owner
Subject
Call Type
Call Purpose
Billable
Created Time
Modified Time
Contacts Contact ID
Last Name
Contact Owner
Email
Lead Source
Mobile
Created Time
Cases CASEID
Case Owner
Status
Case Origin
Created Time
Modified Time
Days to Closed
Age in Days
Age Tier
Type
Subject
Email
Events Event Owner
Subject
Start DateTime
End DataTime
Created Time
Modified Time

Invoice

INVOICEID

Invoice Number

Sales Order Id

Invoice Owner Id

Invoice Owner

Invoice Status

Created Date

Modified Date

Account Id

Contact Id

Subject

Sub Total

Discount

Tax

Invoice Line Items

 

INVENTORYRELID

Inventory Id

Product Id

ListPrice

Quantity

Total

Discount

Total After Discount

Tax

Net Total

Product Name

Leads Lead ID
Last Name
Company
Lead Owner
Email
Mobile
Website
Industry
Lead Source
Lead Status
Created Time
CONVERTED
Potentials Potential ID
Potential Name
Potential Owner
Created Time
Amount
Expected Revenue
Closing Date
Stage
Type
Lead Source
Probability
Potential Stage History POTENTIALSTAGEHISTORYID
POTENTIALID
Modified Time
Stage
Stage Duration
Stage Velocity

Products

PRODUCTID

Product Owner Id

Product Owner

Product Name

Product Code

Product Active

Product Manufacturer

Product Category

Cost

Taxable

Commission Rate

Quantity Ordered

Quantity In Stock

Reorder Level

Quantity In Demand

Sales Start Date

Sales End Date

Support Start Date

Support End Date

Created Time

Modified Time

VENDORID

Cost of Stocks in hand

Need Replenishment

Purchase Orders

 

PURCHASEORDERID

Purchase Order Owner Id

Purchase Order Owner

PO Number

Created Date

Modified Date

PO Date

Vendor Id

Contact Id

Status

Excise Duty

Sales Commission

Due Date

Sub Total

Discount

Tax

Gross Total

Adjustments

Purchase Order Line Item

INVENTORYRELID

Purchase Order Id

Product Id

List Price

Quantity

Total

Discount

Total after Discount

Tax

Net Total

Product Name

BOOKID

Quotes

QUOTEID

Quote Owner Id

Quote Owner

Quote Stage

Created Date

Modified Date

Valid Till

Account Id

Contact Id

Potential Id

 

Subject

Sub Total

Discount

Grand Total

Tax

Adjustments

Quotes Lines Items

INVENTORYRELID

Inventory Id

Product Id

Quantity

Total

Discount

Total After Discount

Tax

Net Total

Product Name

List Price

Sales Orders

Quote Id

Sales Order Owner Id

Sales Order Owner

Created Date

Modified Date

Due Date

Account Id

Contact Id

Potential Id

SALESORDERID

Status

Subject

Sub Total

Discount

Tax

Adjustments

Grand Total

Sales Orders Line Items

INVENTORYRELID

Inventory Id

Product Id

Quantity

Total

Discount

Total After Discount

Tax

Net Total

Product Name

List Price

Vendors

INVENTORYRELID

Inventory Id

Product Id

Quantity

Total

Discount

Total After Discount

Tax

Net Total

Product Name

List Price

Tasks Task Owner
Subject
Created Time
Due Date
Status
Users User ID
First Name
Last Name
Email

 

5. カスタム項目や新しい項目を追加できますか?

カスタム列や新しい項目を追加できます。カスタム項目をSkyDesk CRMの詳細な解析オプションに同期するには、下記の手順を実施します。

  1. SkyDesk CRM アカウントにサインインします。
  2. 設定 -> Apps &オプション -> SkyDesk サービス をクリックします。
  3. [SkyDesk CRMの詳細な解析]を選択します。 [SkyDesk CRMの詳細な解析]ページが開きます。
  4. [設定]ボタンをクリックします。SkyDesk Reports の設定 画面が開き、サポート対象のタブが表示されます。
  5. 対象のタブをクリックします。[項目]列は、タブ内の有効なすべての項目を表示します。
  6. SkyDesk Reportsと同期対象の項目の横のチェックボックスを選択します。デフォルトの項目は非表示で、非選択にはできません。これらの項目の同期は必須です。
  7. カスタムタブと対象のフィールドも選択できます。
  8. 同期のスケジュールを設定して、[保存して同期]をクリックします。

データが同期され、新しいフィールドが設定された時間にSkyDesk Reportsにインポートされます。SkyDesk Reportsの詳細な解析をSkyDesk CRMのアカウントに設定済みの場合、SkyDesk Reportsの設定 画面が次の質問のように開きます。

6. SkyDesk CRMとReports間の同期の設定を編集できますか?

SkyDesk CRMとReports同期の設定は、SkyDesk CRM、SkyDesk Reportsのどちらからでも編集できます。SkyDesk CRM からSkyDesk CRM – Reportsの同期設定を編集する場合は、次の手順で実施します。

  1. SkyDesk CRM アカウントにサインインします。
  2. 設定 -> マーケットプレイスの下のSkyDesk をクリックします。
  3. [SkyDesk CRMの詳細な解析]を選択します。 [SkyDesk CRMの詳細な解析]ページが開きます。
  4. [設定]リンクをクリックすると、SkyDesk Reports の設定 画面が開きます。
  5. 必要に応じて設定を編集し、[保存]をクリックします。 設定は編集され、データは次回同期されます。

SkyDesk ReportsからSkyDesk CRM – Reportsの同期設定を編集する場合は、次の手順で実施します。

  1. SkyDesk Reportsで対応するSkyDesk CRMのワークスペースを開く。
  2. ツールバーで [CRMのレポート] > [CRM設定の編集] を選択する。[CRM設定の編集]ダイアログが開きます。
  3. 必要に応じて項目を編集します。
  4. [保存]をクリックします。同期設定が変更され、データは次回同期されます。

7. SkyDesk CRM-Reportsのデータを即座に同期できますか?

いつでもSkyDesk CRMとReports間のデータを即座に同期できます。 下記の手順で実施します。

  1. SkyDesk Reportsにサインインします。
  2. SkyDesk CRMの詳細な解析のワークスペースを開きます。
  3. [エクスプローラー ]タブで、 CRMの解析 >SkyDesk CRMの解析のデータ同期ステータスをクリックします。<
  4. [SkyDesk CRMの解析のデータ同期ステータス] ダイアログが開き、同期のステータスを表示します。
  5. [ 今すぐ同期 ] リンクをクリックします。 SkyDesk CRMとReports のデータが即座に同期されます。

メモ: このオプションは、1日に5回まで利用できます。

8. SkyDesk Reportsで作成されたレポートにアクセスするには?

初回のデータのインポート/同期が問題なく完了すると、下記の手順で、レポートへのアクセスが可能になり、新規レポートやダッシュボードの作成も可能になります。 SkyDesk Reportsのオプションを設定したSkyDesk CRMの管理者が

  1. SkyDesk CRM のタブをReportsで選択します。
  2. [CRMの詳細な解析 (SkyDesk Reportsによる)] が右上に表示されています。
  3. リンクをクリックすると、SkyDesk CRM のすべてのデータを含んだワークスペースとデフォルトのレポートが表示されます。

SkyDesk CRMの一般ユーザーの場合、 「CRM の詳細な解析 」のリンクが見えますが、管理者だけが、SkyDesk Reportsオプションの共有を有効にできます。 (詳細は SkyDesk Reportsのレポートを同僚に共有する方法は? を参照してください)

SkyDesk CRMのオプションを設定した管理者ではなく、別のSkyDesk CRMの管理者の場合、[ CRMの詳細な解析 ]のリンクが見えますが、オプションを設定した管理者だけがSkyDesk CRM Reports のワークスペースを共有できます。

詳細は SkyDesk Reportsのレポートを同僚に共有する方法は? を参照してください。

9. このオプションで自分のレポートを作成するには?

このオプション機能を使うと、共有されたデータテーブル (CRM タブのデータ) からドラッグ&ドロップで簡単に自分のレポートが作成できます。レポートとダッシュボードの作成の詳細については、下記のプレゼンテーションを参照してください。

以下の動画デモも参照してください:

メモ:このオプションで自分のレポートを作成するには、このオプション機能を設定した管理者がSkyDesk Reports で、(CRMタブのデータを含む)テーブルをあなたのアカウントに共有している必要があります。詳細はSkyDesk Reportsのレポートを同僚に共有する方法は?を参照してください。

10. 私が作成したレポートにアクセスできるのは?

デフォルトでは、自分が作成したレポートには自分だけがアクセスできます。 SkyDesk Reportsの[共有 ]オプションを使うと、同僚にレポートの共有ができます。詳細は SkyDesk Reportsのレポートを同僚に共有する方法は? を参照してください。

11. このオプションを使って、レポートを作成できるSkyDesk CRMのタブは何ですか?

SkyDesk CRMの下記の19のタブからのデータは、SkyDesk Reportsに同期できます。

  • 取引先
  • 活動 (予定、通話、タスク)
  • 問い合わせ
  • 連絡先
  • 請求書
  • 請求書の商品
  • 見込み客
  • 商談 (取引)
  • 商談ステージの履歴
  • 価格表
  • 商品
  • 発注書
  • 発注書の商品
  • 見積書
  • 見積書の商品
  • 受注書
  • 受注書の商品
  • 仕入先
  • カスタム

上記の各タブは、SkyDesk Reportsのテーブルに格納されています。 デフォルトのレポートは、この19のタブに基づいています。 自分のレポートとダッシュボードは上記のタブから作成できます。

この他のCRMのタブの対応も検討しています。

12. このオプションでレポートを作成する際に、SkyDesk CRMのその他のタブはサポートされていますか?

他のCRMタブとの同期についても、今後対応する予定です。他のタブの対応は、ユーザーの要求に応じて検討していきます。

13. SkyDesk Reportsのオプションが設定されるのは、どのCRMアカウントですか?

SkyDesk Reportsのオプションを設定したSkyDesk CRMの管理者のアカウントです。 このアカウントは、SkyDesk Reportsのマスター管理者としての役割を持ちます。

14. 自分のSkyDesk Reportsのオプションを他の管理者に移管できますか?

現在、インターフェイスには提供されていません。この移管を希望する場合、 skydesk-support@fujixerox.co.jp までご連絡ください。

レポート作成機能

1. SkyDesk Reportsがサポートしているレポートの種類は?

SkyDesk Reports は、幅広いレポートに対応しています。

  • グラフ
    • 積み上げ横棒
    • 複合
    • 散布図
    • 積み上げ
    • レーダー
    • ファネル
    • ドーナツ
    • テーブルビュー
  • ピボットテーブル (マトリックスビュー)
  • サマリービュー
  • テーブルビュー
  • ダッシュボード (ページ内に複数のレポートを配置)
  • ダッシュボードのKPIウィジェット

2. このオプションの設定のSkyDesk Reportsで作成されたデフォルトのレポートとダッシュボードとは?

SkyDesk Reportsのオプションを設定すると、100以上のデフォルトのレポート/ダッシュボードが自動的に生成されます。これら厳選されたレポートは、売上状況の効果的な分析にとても役立ちます。例えば、売上パイプラインのレポート、上位 5 / 下位 5の営業担当レポート、利益/損失% レポート、売上予測などです。

下記のサンプルワークスペースから作成されたデフォルトのレポートを簡単に閲覧できます。
https://reports.skydesk.jp/ZDBDataSheetView.cc?DBID=2000000709257

SkyDesk CRMの詳細な解析でサポートしているレポートについての詳細は、レポート作成機能を参照してください。

3. SkyDesk Reportsのオプションで作成されたデフォルトのレポートを編集できますか?

デフォルトのレポートは編集できます。SkyDesk Reportsのオプションを設定したSkyDesk CRMの管理者か、またはワークスペースの管理者(ユーザーの管理を参照)の場合、ツールバーからデザインの編集をクリックして、変更を加えます。レポートを共有された一般ユーザーの場合は、 [保存] -> [名前を付けて保存] をクリックして新規レポートとして保存します。 これで、コピーしたレポートを編集できます。

4. SkyDesk Reportsのオプションを使ってレポートを作成するには?作成可能なレポートは?

SkyDesk Reportsのオプションを使って、どんな種類のレポートでも作成できます。 作成したいレポート上で、適切なテーブル/タブを開くだけです。[新規]をクリックして、レポートの種類を選びます。

SkyDesk Reportsのドラッグ&ドロップの簡単操作で、目的のレポートを作成します。 詳細は、 この 「SkyDesk CRMの詳細な解析」でレポートを作成する方法を参照してください。デフォルトで作成されたレポートとダッシュボーの種類も下記のサンプルから簡単に確認できます。
https://reports.skydesk.jp/ZDBDataSheetView.cc?DBID=2000000709257

5. 他のタブ (例:商談、取引先など)にある項目/列 を使ったレポートの作成方法は?

異なるテーブルに存在する列は、ドラッグ&ドロップでレポートを作成します。 「SkyDesk CRMの詳細な解析」でレポートを作成する方法のスライドを参照してください。

6. SkyDesk Reportsの数式 とは?

名前が付いている数式は、SkyDesk Reportsの中で定義された計算をして、レポートの作成に役立ちます。 SkyDesk Reports は、どんな種類の計算にも対応できる数式を搭載して、レポートの作成に役立てています。詳細は、数式の追加 を参照してください。

7. SkyDesk CRM Reportsのデフォルトの数式の種類は?

下記のテーブルは、SkyDesk CRM Reportsで作成されたデフォルトの数式です。これらの数式は、レポートやダッシュボードの作成の際、とても役立ちます。また、ワークスペースにデフォルトで作成されたレポートにも使われています。

下記の表は、 通話のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細
Call Duration (in minutes) 集計 round(("Call Duration (in seconds)"/60)) 通話の期間を分で提供します。

下記の表は、問い合わせのテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細
Days to Closed カスタム if("Status" = 'Closed',datediff("Modified Time","Created Time"),null) 問い合わせのクローズまでに掛かる日数を提供します。 クローズしていない場合、NULLを返します。
Age in Days カスタム datediff(if("Status" = 'Closed',"Modified Time",now()),"Created Time") 問い合わせのクローズまでに費やした日数です。完了日は有効でない (null)場合、商談が作成された時間から今日までを計算します。
Age Tier カスタム if( "Age in Days" >= 0, if( "Age in Days" <= 60, '1. 0 - 60 days', if( "Age in Days" <= 120, '2. 61 - 120 days', if( "Age in Days" <= 180, '3. 121 - 180 days', if( "Age in Days" <= 360, '4. 181 - 360 days','5. Above 360 days')))), '6. Negative - Not Valid')

問い合わせの完了までに費やした時間を期間別に分類します。例: 60か月以内、 120日以内など。

No. of Closed Cases 集計 countif("Cases"."Status"='Closed') 完了した問い合わせ数を提供します。
% of Closed Cases 集計 ("No. of Closed Cases"/count("Cases"."CASEID"))*100 完了した問い合わせの割合を提供します。

下記の表は、請求書のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Fulfillment Rate

集計

(countif("Invoices".
"Invoice Status" in ('Delivered'))/
count("Invoices"."INVOICEID"))*100

発送済み請求書の割合を提供します。

Delivered Invoice
Value

集計

sumif("Invoices".
"Invoice Status"=
'Delivered',"Invoices"."Grand Total")

発送済み請求書の金額を提供します。

Discount %

集計

(sum("Invoices"."Discount")/
sum("Invoices"."Sub Total"))*100

販売時の割引率を提供します。

Average Sales
Value

集計

sum("Invoices".
"Grand Total")/
count
(distinct("Invoices"."INVOICEID"))

平均販売額を提供します。

下記の表は、請求書の商品のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Sales Volume

集計

count(if("Invoices"."Invoice Status"='Delivered',"Invoices Line Items"."INVENTORYRELID",NULL))

送信済み請求書に基づく販売数を提供します。

Sales Value

集計

sum(if("Invoices"."Invoice Status"='Delivered',"Invoices Line Items"."Total",NULL))

送信済み請求書に基づく売上高を提供します。

COGS (Cost Of Goods Sold)

集計

sum(if("Invoices"."Invoice Status"='Delivered',"Products"."Cost"*"Invoices Line Items"."Quantity",NULL))

売上原価を提供します。

Average Sales Value

集計

sum("Invoices"."Grand Total")/count(distinct("Invoices"."INVOICEID"))

平均販売額を提供します。

Projected Profit

集計

"Invoices Line Items"."Sales Value"-"Invoices Line Items"."COGS (Cost Of Goods Sold)"

予想利益を提供します。

Average Sales Per Order

集計

"Invoices Line Items"."Sales Value"/count("Invoices"."INVOICEID")

注文ごとの平均売上高を提供します。

Average Profit per Order

集計

"Invoices Line Items"."Projected Profit"/count("Invoices"."INVOICEID")

注文ごとの平均利益を提供します。

Profit Margin

集計

("Invoices Line Items"."Projected Profit"/"Invoices Line Items"."Sales Value")*100

利益率を提供します。

Line Fill Rate

集計

(sumif("Invoices"."Invoice Status" in ('Delivered'),"Invoices Line Items"."Quantity",0)/sumif("Invoices"."Invoice Status" not in ('Delivered'),"Invoices Line Items"."Quantity",0))*100

注文に対して実際に納品された割合を提供します。

下記の表は、見込み客のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細
Converted Lead Count 集計 count(if(("Leads"."CONVERTED"=1),"Leads"."LEADID",NULL)) 見込み客から商談に変換した数を提供します。
Activities count 集計 countif(("Leads"."Activities Involved"=1)) 活動を含む見込み客数を提供します。

下記の表は、商談のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細
Age in Days カスタム datediff(ifnull("Closing Date",now()),"Created Time") 商談がクローズするまでに掛かった日数。クローズ日が無い (null)場合、商談が作成された日から本日までを計算します。計算には 'Age Tier' と'Sales Cycle' を使用します。
Age Tier カスタム if( "Age in Days" >= 0, if( "Age in Days" <= 60, '1. 0 - 60 days',
if( "Age in Days" <= 120, '2. 61 - 120 days',
if( "Age in Days" <= 180, '3. 121 - 180 days',
if( "Age in Days" <= 360, '4. 181 - 360 days','5. Above 360 days')))),
'6. Negative - Not Valid')
商談をクローズするまでに費やした時間を異なる期間の単位に分類します。 例: 60 か月以内、120 日以内、 など。
Amount Tier カスタム if( "Amount" >= 0, if( "Amount" <= 10000, '1. 0 - $10K',
if( "Amount" <= 20000, '2. $10,001 - $20K',
if( "Amount" <= 30000, '3. $20,001 - $30K',
if( "Amount" <= 40000, '4. $30,001 - $40K','5. Above 40K')))),
'6. Negative - Not Valid')
売上ベースの $ の値 (売上金額)を分類します。 例: 10,000まで、10,001から20,000、 20,001-30,000 など
Tasks Only カスタム if("Tasks Involved"=1 & "Events Involved"=0 & "Calls Involved"=0,1,0) タスクだけに関連付けられ、イベントや通話を含まない商談の一覧を提供します。
Events Only カスタム  if("Tasks Involved"=0 & "Events Involved"=1 & "Calls Involved"=0,1,0) イベントだけに関連付けられ、タスクや通話を含まない商談の一覧を提供します。
Calls Only カスタム if("Tasks Involved"=0 & "Events Involved"=0 & "Calls Involved"=1,1,0) 通話だけに関連付けられ、タスクやイベントを含まない商談の一覧を提供します。
Won Vs Expected Revenue % 集計 sumif("Potentials"."Stage"='Closed Won',"Potentials"."Amount")*100/sum
("Potentials"."Expected Revenue")
成立した商談と予測収益の合計の割合
Lost Deals Count 集計 count(if("Potentials"."Stage" IN ('Closed Lost',
'Closed Lost to Competition'),
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
失注の合計数
Won Deals Count 集計 scount(if("Potentials"."Stage"='Closed Won',
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
受注の合計数
Open Deals Count 集計 count(if("Potentials"."Stage" NOT IN
('Closed Won','Closed Lost','Closed Lost to Competition'),"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
オープンの商談の合計数 (未クローズ)
Win Rate % 集計 count(if("Potentials"."Stage"='Closed Won',"Potentials"."POTENTIALID",NULL))*100/
count(if("Potentials"."Stage" IN
('Closed Lost','Closed Lost to Competition','Closed Won'),"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
売上利益率( %)。利益取引と取引の合計(利益 + 損失) の割合として計算されます。
Loss Rate % 集計 count(if("Potentials"."Stage" IN ('Closed Lost',
'Closed Lost to Competition'),
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))*100/
count(if("Potentials"."Stage"
IN('Closed Lost',
'Closed Lost to Competition','Closed Won'),"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
商談失注率( %)。 商談数と商談の合計(利益 + 損失) の割合として計算されます。
Won Amount 集計 sumif("Potentials"."Stage"='Closed Won',"Potentials"."Amount") 売上利益率 (受注)
Lost Amount 集計 sumif("Potentials"."Stage"
IN('Closed Lost','Closed Lost to Competition'),"Potentials"."Amount")
商談失注額
Avg Deal Size Won 集計 avgif("Potentials"."Stage"='Closed Won',"Potentials"."Amount",NULL) 受注規模の平均
Avg Sales Cycle 集計 avgif("Potentials"."Stage" IN('Closed Won',
'Closed Lost','Closed Lost to Competition'),
"Potentials"."Age in Days")
商談の売上をクローズするまでの平均日数。 (売上は受注か失注のどちらかで、商談はオープンステータスに含まれます。)
Predicted Pipeline Revenue 集計 "Predicted New Deals Count Next 90 Days"*
"Avg Deal Size Last 365 Days"
現在のパイプラインと過去の傾向に基づいた将来の売上予測。
Predicted New Business - Next 3 Months 集計 ("Win Rate Percentage Last 365 Days"/100)*
("Avg Deal Size Last 365 Days")*
(("Potentials Created Last 365 Days"*90)/365)
新ビジネス(新パイプライン)からの売上予測。過去の傾向に基づいて計算されます。
Won Deals Count Last 365 Days 集計 count(if("Potentials"."Stage"='Closed Won'
AND "Potentials"."Closing Date">
subdate(currentdate(),'365'),
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
過去365日に受注した商談数を提供します。
Lost Deals Count Last 365 Days 集計 count(if("Potentials"."Stage" IN
('Closed Lost','Closed Lost to Competition')
AND "Potentials"."Closing Date">subdate(currentdate(),'365'),
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
過去365日に失注した商談数を提供します。
Open Deals Count Next 90 Days 集計 count(if("Potentials"."Stage" NOT IN
('Closed Won','Closed Lost',
'Closed Lost to Competition')
AND "Potentials"."Closing Date">=currentdate()
AND "Potentials"."Closing Date"<adddate(currentdate(),90),
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
今後90日以内に完了するオープン(未完了) の商談数を提供します。
Win Rate Percentage Last 365 Days 集計 ("Won Deals Count Last 365 Days"*100)/
("Won Deals Count Last 365 Days"+
"Lost Deals Count Last 365 Days")
過去365日に受注した商談の割合を提供します。
Avg Deal Size Last 365 Days 集計 avgif("Potentials"."Stage"='Closed Won'
AND "Potentials"."Closing Date">subdate(currentdate(),'365'),
"Potentials"."Amount")
過去365日に受注した商談の平均を提供します。
Potentials Created Last 365 Days 集計 count(if("Potentials"."Created Time">subdate(currentdate(),365),
"Potentials"."POTENTIALID",NULL))
過去365日に作成された商談数を提供します。
Predicted New Deals Count Next 90 Days 集計 ("Win Rate Percentage Last 365 Days"/100)*
"Open Deals Count Next 90 Days"
今後90日以内の成立する商談を予測します。過去365日に成立した商談に基づき計算されます。
Activities count 集計 countif(("Potentials"."Activities Involved"=1)) 活動を含む見込み客数を提供します。
Activities done % for Potentials 集計 (countif(("Potentials"."Activities Involved"=1))/count
("Potentials"."POTENTIALID"))*100
活動が関連付けられている商談の割合を提供します。
Potentials without Activities 集計 countif(("Potentials"."Activities Involved"=0),"Potentials"."POTENTIALID",0) 活動を含まない商談数を提供します。
Tasks Only % 集計 (countif(("Potentials"."Tasks Only"=1)&("Potentials"."Stage"='Closed Won'))/countif("Potentials"."Tasks Only"=1))*100 タスク含む/関連付けされた成立した商談の割合を提供します。
Events Only % 集計 (countif(("Potentials"."Events Only"=1)&("Potentials"."Stage"='Closed Won'))/
countif(("Potentials"."Events Only"=1)))*100
イベントに関連付けされた成立した商談の割合を提供します。
Calls Only % 集計 (countif(("Potentials"."Calls Only"=1)&("Potentials"."Stage"='Closed Won'))/
countif(("Potentials"."Calls Only"=1)))*100>
通話に関連付けされた成立した商談の割合を提供します。
Combined Activities % 集計 (countif(("Potentials"."Activities Involved"=1)
&("Potentials"."Tasks Only"=0)&("Potentials"."Events Only"=0
)&("Potentials"."Calls Only"=0)&("Potentials"."Stage"='Closed Won'))/countif(("Potentials"."Activities Involved"=1)&
("Potentials"."Tasks Only"=0)
&("Potentials"."Events Only"=0)&
("Potentials"."Calls Only"=0)))*100
複数の活動に関連付けされた成立した商談の割合を提供します。
No Activities % 集計 (countif(("Potentials"."Activities Involved"=0)&
("Potentials"."Stage"='Closed Won'))/countif(("Potentials"."Activities Involved"=0)))*100
活動を含まない成立した商談の割合を提供します。

下記の表は、Potential Activities Queryのテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細
Activities per Won Deal 集計 count("Potential_Activities"."ACTIVITYID")/
count(distinct("Potential_Activities"."Won Potential"))
商談の成立に結び付いた活動数 (タスク/イベント/通話)を提供します。
Tasks per Won Deal 集計 countif("Potential_Activities"."Activity"='Tasks')/
count(distinct("Potential_Activities"."Won Potential"))
商談の成立に結び付いたタスク数を提供します。
Events per Won Deal 集計 countif("Potential_Activities"."Activity"='Events')/
count(distinct("Potential_Activities"."Won Potential"))
商談の成立に結び付いたイベント数を提供します。
Calls per Won Deal 集計 countif("Potential_Activities"."Activity"='Calls')/
count(distinct("Potential_Activities"."Won Potential"))
商談の成立に結び付いた通話数を提供します。
Won Deals % 集計 (count(distinct("Potential_Activities"."Won Potential"))/
count("Potential_Activities"."ACTIVITYID"))*100

成立した商談に含まれる活動の割合を提供します。

下記の表は、商品のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Cost of Stocks in hand

カスタム

"Cost" * "Quantity In Stock")

在庫の原価を提供します。

Need Replenishment

カスタム

if("Quantity In Stock"
< "Reorder Level",'Yes','No')

商品の補充が必要な場合は‘Yes’、不要な場合は‘No’を返します。

Quantity In Hand

集計

sumif("Products"."Product Active"='Yes',"Products"."Quantity In Stock")

有効在庫を提供します。

下記の表は、発注書のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Avg. Purchase Value

集計

sum("Purchase Orders"."Gross Total")/count(distinct("Purchase Orders"."PURCHASEORDERID"))

平均購入額を提供します。

Discount %

集計

(sum("Purchase Orders"."Discount")/sum("Purchase Orders"."Sub Total"))*100

購入時の割引率を提供します。

下記の表は、発注書の商品のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Purchase Value

集計

sumif("Purchase Orders"."Status" in ('Delivered'),"Purchase Orders Line Items"."Total",0)

総購入額を提供します。

Purchase Volume

集計

count(if("Purchase Orders"."Status" in ('Delivered'),"Purchase Orders Line Items"."INVENTORYRELID",NULL))

購入数を提供します。

Discount %

集計

(sum("Purchase Orders Line Items"."Discount")/sum("Purchase Orders Line Items"."Total"))*100

購入時の割引率を提供します。

下記の表は、見積書のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Sales Status

集計

if("Quote Stage" in ('Closed Won','Confirmed'),
'Won',if("Quote Stage" in ('Closed Lost'),'Lost','Open'))

販売状況を提供します。

Open Quotations

集計

countif("Quotes"."Quote Stage" not in ('Closed Won','Closed Lost','Confirmed'))

オープンの見積数を提供します。

Won Quotes Count

集計

countif("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Won','Confirmed'))

成約した見積数を提供します。

Lost Quotes Count

集計

countif("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Lost'))

失注した見積数を提供します。

Won Quotes Amount

集計

sumif("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Won','Confirmed'),
"Quotes"."Grand Total")

成約した見積金額を提供します。

Quotes Win Rate %

集計

countif("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Won','Confirmed'),
"Quotes"."QUOTEID")/count("Quotes"."QUOTEID")*100

見積の成約率を提供します。.

Lost Quotes Amount

集計

sumif("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Lost'),"Quotes"."Grand Total")

失注した見積金額を提供します。

Open Quotes Amount

集計

sumif("Quotes"."Quote Stage" NOT IN ('Closed Lost','Closed Won'),"Quotes"."Grand Total")

オープン中の見積の金額を提供します。

下記の表は、見積書の商品のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Quotes Won Count

集計

count(if("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Won','Confirmed'),"Quotes Line Items"."INVENTORYRELID",NULL))

受注した見積数を提供します。

Quotes Won Amount

集計

sum(if("Quotes"."Quote Stage" in ('Closed Won','Confirmed'),"Quotes Line Items"."Total",NULL))

見積の受注金額を提供します。

COGS (Cost Of Goods Sold)

集計

sum("Products"."Cost"*"Quotes Line Items"."Quantity")

売上原価を提供します。

Projected Profit

集計

sum("Quotes Line Items"."Net Total")-"Quotes Line Items"."COGS (Cost Of Goods Sold)"

予想利益を提供します。

Avg. Sales per Order Won

集計

"Quotes Line Items"."Quotes Won Amount"/count("Quotes"."QUOTEID")

受注ごとの平均売上額を提供します。

Avg. Value per Quote

集計

"Quotes Line Items"."Projected Profit"/count("Quotes"."QUOTEID")"Quotes Line Items"."Quote Id"

見積ごとの平均金額を提供します。

Profit %

集計

("Quotes Line Items"."Projected Profit"/"Quotes Line Items"."Quotes Won Amount")*100

利益率を提供します。

下記の表は、受注書のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Is Delayed?

集計

if(datediff(currentdate( ),"Due Date") < 0 AND "Status" NOT LIKE 'Cancelled', 'Yes', 'No')

受注書が遅れたか否かを指定します。

Age in Days

集計

if("Is Delayed?"='Yes',datediff(currentdate( ),"Created Time"),datediff("Due Date","Created Time"))

注文が遅れた場合、受注書作成日と今日の日付の差分日数を提供します。

Age Tier

集計

if( "Age in Days" >= 0, if( "Age in Days" <= 60, '1. 0 - 60 days', if( "Age in Days" <= 120, '2. 61 - 120 days', if( "Age in Days" <= 180, '3. 121 - 180 days', if( "Age in Days" <= 360, '4. 181 - 360 days','5. Above 360 days')))), '6. Negative - Not Valid')

受注の完了までに費やした時間を期間別に分類します。例: 60か月以内、 120日以内など。

Order fulfillment Rate

集計

(countif("Sales Orders"."Status" in ('Delivered'))/count("Sales Orders"."SALESORDERID"))*100

受注達成率をパーセントで提供します。

Cancellation Rate

集計

(countif("Sales Orders"."Status" in ('Cancelled'))/count("Sales Orders"."SALESORDERID"))*100

キャンセル率をパーセントで提供します。

下記の表は、受注書の商品のテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細

Sales Orders Delivered Count

集計

count(if("Sales Orders"."Status"='Delivered',"Sales Orders Line Items"."INVENTORYRELID",NULL))

発送済みの注文の数を提供します。

Sales Orders Delivered Value

集計

sum(if("Sales Orders"."Status"='Delivered',"Sales Orders Line Items"."Total",NULL))

発送済みの注文の金額を提供します。

COGS (Cost Of Goods Sold)

集計

sum(if("Sales Orders"."Status"='Delivered',"Products"."Cost"*"Sales Orders Line Items"."Quantity",NULL))

売上原価を提供します。

Projected Profit

集計

"Sales Orders Line Items"."Sales Orders Delivered Value"-"Sales Orders Line Items"."COGS (Cost Of Goods Sold)"

予想利益を提供します。

Avg. Sales Value

集計

"Sales Orders Line Items"."Sales Orders Delivered Value"/count("Sales Orders"."SALESORDERID")

平均販売値を提供します。

Avg. Profit Value

集計

"Sales Orders Line Items"."Projected Profit"/count("Sales Orders"."SALESORDERID")

平均利益を提供します。

Profit Margin

集計

("Sales Orders Line Items"."Projected Profit"/"Sales Orders Line Items"."Sales Orders Delivered Value")*100

利益率をパーセントで提供します。

Line Fill Rate

集計

(sumif("Sales Orders"."Status" in ('Delivered'),"Sales Orders Line Items"."Quantity",0)/sumif("Sales Orders"."Status" not in ('Delivered'),"Sales Orders Line Items"."Quantity",0))*100

注文に対して実際に納品された割合を提供します。

Units Per Transaction

集計

sum("Sales Orders Line Items"."Quantity")/count("Sales Orders Line Items"."INVENTORYRELID")

注文ごとの商品数を提供します。

Inventory vs Sales Order Unit Difference

集計

sum("Products"."Quantity In Stock")-sum("Sales Orders Line Items"."Quantity")

在庫数と受注数の差異を提供します。

Products per Transaction

集計

count("Sales Orders Line Items"."Product Id")/count("Sales Orders"."SALESORDERID")"Sales Orders Line Items"."Product Name"

取引ごとの商品数を提供します。

Inventory Value vs Approved SO

集計

sum("Products"."Cost of Stocks in hand")/sumif("Sales Orders"."Status"='Approved',"Sales Orders Line Items"."Net Total")

在庫に対する承認された受注書の割合を提供します。

下記の表は、タスクのテーブルで作成されるすべてのデフォルトの数式です。

名前 種類 数式 詳細
Overdue Tasks 集計 countif(("Tasks"."Due Date"<now()) and ("Tasks"."Status"!='Completed')) 完了していないタスク数を提供します。
Overdue Days 集計 sumif(("Tasks"."Due Date"<now() and "Tasks"."Status"!='Completed'),datediff(now(),"Tasks"."Due Date"),0) 期限超過のタスクの超過日数を提供します。
Avg Overdue Days 集計 avgif(("Tasks"."Due Date"<now() and "Tasks"."Status"!='Completed'),datediff(now(),"Tasks"."Due Date"),0) 平均の超過日数を提供します。
Overdue % 集計 ("Overdue Tasks"/count("Tasks"."TASKID"))*100 期限超過のタスクの割合を提供します。
Completed Tasks 集計 countif("Tasks"."Status"='Completed') 完了したタスク数を提供します。

8. SkyDesk Reportsにカスタム数式を作成する方法は?

詳細は、 数式の追加 を参照してください。

9. SkyDesk Reports内のSkyDesk CRMのタブ(テーブル)のデータを追加、修正できますか?

SkyDesk CRMのタブのデータは、8種類のテーブル(1テーブル/1タブ)として、SkyDesk Reportsに自動的に同期します。このデータを編集したり、新たにデータを追加することはできません。

10. SkyDesk Reports内のSkyDesk CRMのタブ(テーブル)のデータに新規に列を追加できますか?

新規に列を追加できませんが、数式の列や集計数式 (例:計算された項目) をこれらのテーブルに追加できるので、レポートの作成に効果を発揮します。 詳細は、 数式の追加 を参照してください。

11. レポートやダッシュボードを作成するために、新規データテーブルをこのワークスペースに追加できますか?

できます。新規データテーブルを追加するには、[ 新規 > 新しいテーブル ] をクリックします。新規テーブルを既存のSkyDesk CRM のワークスペースに追加できます。

SkyDesk CRM のデータに統合してレポートを分析、作成するために既存のワークスペースに、新規データのインポート、または手動で追加できます。 Excel、HTML、CSVファイルのインポートが可能です。 また、Oracle、SQL Server、DB2、MySQL、PostgreSQL、MS Accessなど、ローカルにあるデータベースからもインポートが可能です。

参照:

12. SkyDesk CRMのデータに他のソースからのデータを統合できますか?

SkyDesk CRMのデータに他のソースからのデータを統合することができます。例えば、SkyDesk CRMの見込み客のデータをGoogleドライブのマーケティングキャンペーン情報と統合できます。

実施するには、ひとつ前の質問で説明した通り、SkyDesk CRMのワークスペースに新しいデータテーブルを追加またはインポートして、参照先を定義してSkyDesk CRMから同期したテーブルに結合する必要があります。参照先の列の定義とテーブルの自動結合についてはこちらを参照してください。

もしくは、[クエリーテーブル]を使ってテーブル間のデータを結合することができます。このページで詳しく説明します。

メモ:SkyDesk CRMから同期したテーブルと自分のカスタムテーブル間でのみ参照先の定義が可能です。SkyDesk Reportsで結合済みのため、同期したテーブル同士で参照先を定義することはできません。

13. クエリーテーブルとは?

SkyDesk Reportsは、標準SQL SELECT文でデータを取得できます。 この機能はクエリーテーブルと呼ばれます。クエリーテーブルを使って、異なるテーブルのデータを統合してレポートを作成します。

14. 複数のテーブルからデータを結合できますか?

複数のテーブルのデータを結合してレポートを作成できます。 詳細は テーブルの結合 を参照してください。

15. SkyDesk CRMでタブ名を変更するとどうなりますか?

SkyDesk CRMでタブ名を変更すると、SkyDesk Reportsでも自動的に名前が変更されます。

ユーザー/共有/共同作業

1. SkyDesk Reportsのレポートを同僚に共有する方法は?

SkyDesk Reports オプションで提供されたデフォルトのレポートの共有や、作成したレポートも組織内の同僚に共有できます。 詳細は 共有と共同編集 を参照してください。

非公開で同僚に共有したレポートは、同僚もあなたと同じようにアクセスできるようになります。下記の手順で実施します。

  1. 共有されたユーザーが、自分たちのSkyDesk CRMにサインインします。
  2. SkyDesk CRMでReports のタブを選択します。
  3. 右上にある [SkyDesk CRMの詳細な解析] (SkyDesk Reports上の) をクリックします。
  4. 新しいブラウザで、[SkyDesk CRM Reports] ワークスペースが開きます。
  5. ユーザーは、共有されたレポートとデータにアクセスできます。

メモ:

1. SkyDesk CRMのデータテーブルを共有すると、共有された人は、同時にレポートの作成も可能になります。
2. SkyDesk Reports で作成されたSkyDesk CRMワークスペースに、ワークスペースオーナーとしてユーザーを追加した場合(詳細は、ユーザーの管理 を参照してください)、そのユーザーは、すべてのデータとレポートにアクセスして、新規レポートの作成が可能になり、 そのワークスペース上で、あなたと同様にすべての操作が可能になります。

2. 組織内の他のユーザーが作成したレポートにアクセスできません。

SkyDesk CRM 管理者がSkyDesk Reportsのオプションを設定した場合、 テーブルとレポートは、デフォルトでは、その管理者にのみ有効になります。管理者は、SkyDesk CRM Reportsのワークスペースを組織のメンバーに共有する必要があります。そうすることで、デフォルトのレポートが、これらのメンバーにもアクセス可能になります。 管理者がワークスペースを組織のメンバーに共有します。そしてユーザーが自分のレポートを作成します。 これらのレポートは、作成者が他のユーザーに共有しない限り、本人だけが利用可能になります。

詳細は、 共有と共同編集を参照してください。

3. 組織内の他のユーザーがレポートを作成するには?

オプションを設定したSkyDesk CRM管理者は、SkyDesk CRM Reportsワークスペースのテーブルを組織の他のメンバーに共有する必要があります。 これを完了すると、共有されたユーザーは、これらのテーブルに基づいてレポートの作成が可能になります。

詳細は、 共有と共同編集 を参照してください。

メモ: SkyDesk Reports で作成されたSkyDesk CRMワークスペースに、ワークスペースオーナー としてユーザーを追加した場合 (詳細は、ユーザーの管理 を参照してください)、そのユーザーは、すべてのデータとレポートにアクセスして、新規レポートの作成が可能になり、そのワークスペース上で、あなたと同様にすべての操作が可能になります。

4. SkyDesk Reportsのユーザーに提供されている役割は?

SkyDesk Reportsは、詳細なアクセス管理を提供します。以下は、SkyDesk Reportsでサポートされているユーザーの役割です

1. 管理者(マスター管理者): オプションを設定したSkyDesk CRM管理者は、SkyDesk Reportsの管理者にもなります。

2. ワークスペースオーナー: 管理者は、ワークスペースオーナーとして複数のユーザーを指名できます。ワークスペースオーナーは、レポート、テーブルの行、テーブル自体の追加、削除、編集などのすべての権限を持っています。ワークスペースオーナーは、ワークスペーステーブルやレポートを他のユーザーへ共有できます。 ワークスペースの削除や名前の変更はできません。

3. ユーザー: ユーザは、階層の中で最小権限を持っています。 管理者、またはワークスペースオーナーが、ユーザーにテーブルを共有することなく、ユーザーはレポートの作成ができません。 また、管理者やワークスペースオーナーは、レポート(閲覧、エクスポート、元のデータの参照、共有)、または、テーブル (閲覧、エクスポート、行の追加/削除/編集、すべての列の削除、列の付加のみ、行の追加/更新、すべての行の削除、新しい行の追加、ビュー/ 子レポートの共有) を共有する際に特別な権限を設定できます。

ユーザーの役割の違いについての詳細は、 ユーザーの管理、または、 共有と共同編集を参照してください。

5. 自分が共有したレポートを他のユーザーが編集できません。

これは仕様です。 共有したユーザーがワークスペースオーナーの場合にはレポートを編集できます。 一般ユーザーがレポートを編集したい場合、編集したいレポートを[名前を付けて保存]から別の名前で保存します。このレポートは編集できるようになります。

6. 同じレポートを共有して、複数のユーザーに個別の設定をすると、それぞれ異なるデータが見えるのでしょうか?

その通りです。詳細は、ビューをユーザーに共有 を参照してください。

7. SkyDesk Reportsで作成されたレポートやダッシュボードを印刷する方法は?

レポートやダッシュボードを印刷するには、下記の手順で実施します。

  1. 印刷対象のテーブル/レポートを開きます。
  2. [エクスポート]をクリックします。
  3. テーブル/レポートを保存する形式( csv/ xls/ jpg/pdf )が表示されます。
  4. 形式を選択して、ファイルをデスクトップに保存します。
  5. ファイルを開いて印刷します。

メモ:共有されたレポートを印刷したい場合、レポートのエクスポートの権限を管理者に付けてもらってください。これによって、レポートの印刷が可能になります。

8. SkyDesk Reportsで作成されたレポートとダッシュボードを定期的にメールする方法は?

SkyDesk Reportsのオプションの管理者かワークスペースオーナーの場合、レポートやダッシュボードのスケジュールを自動的にメールで送信できます。下記の手順で実施します。

  1. SkyDesk Reportでメール対象のレポート/ダッシュボードを選択します。
  2. ツールバーから、 [エクスポート] -> [このビューをメールで送信]を選択します。
  3. 画面に従って、メールのスケジュールの設定を入力してください。

9. SkyDesk Reportsのレポートやダッシュボードをエクスポートできる形式は?

レポートとダッシュボードは様々なファイル形式にエクスポートできます。

  • グラフ
    • CSV/XLS
    • PDF
    • HTML
    • PNG/JPEG
  • ピボット/テーブル ビュー
    • CSV/XLS
    • PDF
    • HTML
  • ダッシュボード
    • PDF
    • HTML

SkyDesk Reportsのレポートやダッシュボードは、下記の手順でエクスポートできます。

  1. SkyDesk Reportsでエクスポート対象のレポート/ダッシュボードを選択します。
  2. ツールバーから、 [エクスポート] -> [このビューをエクスポート] を選択します。
  3. 画面に従って、エクスポートに必要な項目を入力してください。

10. レポートやダッシュボードをWebタブとしてSkyDesk CRMに組み込む方法は?

SkyDesk Reportsの[このビューのURL/パーマリンク]オプションを使えばレポートやダッシュボードをWebタブとしてSkyDesk CRMに組み込むことができます。デフォルトでは、SkyDesk CRM のWebタブ機能は管理者権限のあるユーザーに限り利用できます。新しくWebタブを作成するには、 下記の手順で実施します。

  • SkyDesk CRMアカウントにサインインします。
  • [設定] -> [カスタマイズ] -> [Webタブ]を選択します。
  • [Webタブの作成]ボタンをクリックします。
  • Webタブに名前を付けます。 
  • [このビューのURL/パーマリンク]画面から関連するレポートやダッシュボードのURLをコピーしてリンク項目に貼り付けてください。

Note 

  • 関連するレポートやダッシュボードのURLを取得するには、SkyDesk Reportsにサインインして、関連するCRMのワークスペースを開きます。
  • 組み込みたいレポートまたはダッシュボードを開きます。
  • レポートやダッシュボードの右上にある[公開] アイコンをクリックして、[このビューのURL/パーマリンク]を選択します
  • [アクセスURL]ダイアログで[アクセス権限]や[条件の設定]が選択できます。
  • 上に記載の通り、コードをコピーしてリンク項目に貼り付けます。(詳細はビューのURL/パーマリンクの作成を参照してください。)
  • [保存]をクリックします。
  • これで以下の画面の通り、Webタブ名がSkyDesk CRMのタブとして表示されます。

 

11. 自分のレポートをWebサイト、イントラネット、ブログ、プレゼンテーションに組み込む方法は?

SkyDesk Reportsのレポートやダッシュボードを自分のWebサイト、Webアプリ、ブログに簡単に組み込むことができます。 下記の手順で実施します。

  • Webサイトやブログに組み込むレポート、またはダッシュボードを選択します。
  • [公開] -> [Webサイト/ブログへの組み込み] を選択します。
  • デフォルトでは、レポートをWebサイトやブログに組み込むと、直ちに、ユーザーは組み込みビューを閲覧するためにSkyDesk Reportsにサインインを求められます。また、ビューを共有した(共有オプションで)ユーザーだけが、サインインすると組み込みビューにアクセス可能になります。
  • サインインなしで、誰にでもアクセス可能にしたい場合、[ サインインせずにアクセス]をクリックしてください。
  • Webサイトやブログにこのビューを組み込むには、テキストエリアに提供されたコードをコピー&ペーストしてください。

組み込みが完了すると、レポートがWebサイト、アプリ、ブログで見られるようになります。 詳細は、Webページ、Webアプリ、ブログへのビューの組み込みを参照してください。

ソリューション

1. 商談から、売上利益率 %と損失率 %を計算することはできますか?

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。

2. 年、四半期、月を比較した成長レポートを作成できますか??

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。

3. 売上パイプラインファネルグラフの作成はできますか?

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。

4. 売上平均周期を見るレポートを作成できますか?

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。 .

5. 上位5位と下位5位の営業担当のレポートを作成できますか?

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。

6. SkyDesk Reportsの目標(ノルマ)ベースのレポートを作成する方法は?

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。

7. すべての見込み客から、商談に結び付く割合を計算できますか?

手順の詳細は下記のスライドを参照してください。

ヘルプとサポート

1. SkyDesk Reports オプションの技術的な質問の問い合わせ先は?

ご質問はメールでお問い合わせください。skydesk-support@fujixerox.co.jp.

Top