Reports ヘルプ

共有と共同編集

SkyDesk Reportsは、同僚や友人と共同編集ができる簡単で効果的な方法を提供します。あなたがレポートやダッシュボードのデータを共有したユーザーは誰でも、いつでも、どこからもオンラインでアクセス可能です。共有と共同編集を円滑に行うためのグループ作成もできます。

SkyDesk Reports のオンライン共有と共同編集の利点

  • どんなデータ、レポート、ダッシュボードでも他のユーザーやグループに共有できます。
  • オンラインアクセス: ユーザーは、共有されたビューにSkyDesk Reportsからいつでもどこにいてもオンラインでアクセスできます。
  • 詳細な権限の管理: ユーザーやグループに共有する際に、詳細な権限の設定が可能です。共有されたデータにアクセスするユーザーは、閲覧、編集、エクスポート可能など操作が制限されます。
  • 1つのバージョンで常に最新: ユーザーがアクセスするデータ、レポート、ダッシュボードは、常に最新のデータであり、古いバージョンは存在しません。
  • レポート作成と解析の共同編集の実現: 代表的なビジネス用解析ソフトウェアは、共同編集に関しては厳しい制限が懸念されます。SkyDesk Reportの詳細なアクセス管理システムでは、テーブル、ダッシュボード、グラフ、レポートを必要な権限の元で共有します。これを共同で解析をするメンバーのグループに許可します。 例えば、同じデータを使って、解析したものからレポートを生成し、全員で迅速に結論を導き出すことができます。
  • 複数のバージョンは存在しない:ファイル形式でレポートを送信する必要がないので、あなたのデータやレポートに各人が変更を加えたバージョンを持つことが避けられます。SkyDesk Reports 内のどんな共有レポートやダッシュボードでもユーザーがオンラインでアクセスできます。 同一 (かつ最新) バージョンのレポートとデータを誰でも見ることができます。 必然的に、バージョン管理や編集による混乱を避けられます。
  • 高い安全性: ビューを共有する際に、ユーザーに SkyDesk Reports へアクセスするためにサインインを求める (個人共有)、 または SkyDesk Reportsにサインイン不要で (公開共有)アクセス可能にするかを指定できます。これは、特定の共有ユーザーにビューを共有する場合の詳細な権限の設定とは別です。

SkyDesk Reportsの共有の概要

このセクションでは、下記のSkyDesk Reportsによる共有と共同編集について説明します。

Top