SkyDesk MailのPOP設定

POP(Post Office Protocol)を使えば、お好みのメールクライアントでメールにアクセスできます。POPは単方向でメールを取得し、メールクライアントとサーバーが同期されることはありません。POP/SMTPサーバー設定情報を提供する標準的なPOPメールクライアントで、SkyDesk Mailを設定可能です。

メールクライアントでSkyDesk Mailのアカウントを設定する前に、アカウントのPOPアクセスを有効にする必要があります。よく使われるメールクライアントでの操作は、次のリンクからご覧いただけます。 

Outlook | Thunderbird | Apple(Mac)メールクライアント | Blackberry

POPアクセスを有効にする

他のPOPクライアントからSkyDesk Mailのアカウントにアクセスするには、SkyDesk Mailのアカウントで、POPアクセスを有効にしておく必要があります。すべてのメールに対するPOPアクセスを、最初からか特定の日から有効にできます。 

  1. https://www.skydesk.jp/ja/apps/mail//にサインインします。
  2. [設定]>[メール転送とPOP/IMAP]をクリックし、POP/IMAPの設定画面を開きます。
  3. POPアクセスは、2つのモードで有効にすることが可能です。
    • すべてのメールにPOPの設定を有効にする:すべてのメールが、設定したPOPクライアントにダウンロードされる
    • 今後受信するメールにPOPの設定を有効にする:POPアクセスが有効になってから届くメールに対して、POPアクセスを有効にする(新しく受信したメールだけが、設定したPOPクライアントにダウンロードされる)
  4. [保存]をクリックして、変更を反映します。 

SkyDesk MailのPOP設定

標準的なPOPクライアントであれば、以下のように、SkyDesk Mailのアカウントを設定できます。SkyDeskアカウントのメールアドレス全体を、ユーザー名/メールアドレスに正しく入力してください。2段階認証が有効になっている場合には、アプリ固有のパスワードを作成し、メールクライアントで使用してください。 

受信サーバー設定(メールアドレスが「username@skydesk.jp」である個人ユーザーの場合)

受信サーバー名:「pop.skydesk.jp
ポート番号:「995
SSLを使用:はい
ユーザー名:「username@skydesk.jp

受信サーバー設定(メールアドレスが「you@yourdomain.com」である組織のユーザーの場合)

受信サーバー名:「poppro.skydesk.jp
ポート番号:「995
SSLを使用:はい
ユーザー名:you@yourdomain.com 

送信サーバー設定

送信サーバー名:「smtp.skydesk.jp
ポート番号:SSLのポートで「465または
TLSのポートで「587
認証が必要:はい

ユーザー名:SkyDesk Mailアカウントのメールアドレス(省略不可)。SkyDeskがホスティングしているドメインの場合は、「you@yourdomain.com

メールアドレス:SkyDesk Mailアカウントのメールアドレス(省略不可)。SkyDeskがホスティングしているドメインの場合は、「you@yourdomain.com

パスワード:SkyDeskアカウントのパスワード

アカウントで2段階認証が有効になっている場合には、他の端末にアカウントを設定するために、アプリ固有のパスワードが必要です。

メモ

フェデレーションユーザーの場合には、アカウントにSkyDesk専用のパスワードはありません。その場合、サインインページで[パスワードを忘れた]から、SkyDeskでのアカウント用パスワードを作成します。フェデレーションのサインイン認証情報は、POP/IMAP/Active Syncによるアクセスでは無効になります。 

POPでのダウンロードに、迷惑メールを含める

POP取得時に、迷惑メールを含めるように選択できます。SkyDesk Mailでは、POP取得時に迷惑メールを含めるか、非迷惑メールだけを取得するか、選択できます。メールクライアントに完全に任せていて、既知の連絡先から届くメールが何らかの理由により迷惑メールとして分類される場合には、迷惑メールをPOP取得時に含めることも可能です。 

  1. https://www.skydesk.jp/ja/apps/mail/にサインインします。
  2. [設定]>[メール]>[メールの転送とPOP/IMAP]をクリックします。
  3. POPアクセスを有効にすると、迷惑メールを含むかどうか、選択できます。
    • はい:POPクライアントで迷惑メールを取得する
    • いいえ:POPクライアントに迷惑メールは届かない
  4. [保存]をクリックして、変更を反映します。 

SkyDesk MailでのPOPの削除設定

POP経由でダウンロードしたメールが削除として設定された場合には、サーバーのメールを削除するか残すかを選択できます。[メールクライアントから削除した時に、サーバーからメールを削除する]を選択した場合には、クライアントはサーバーで削除するメールとして設定し、POPキューから削除します。ただし、SkyDesk Mailでは、クライアントが削除対象のメールとして設定した場合でも、メールをサーバーに残すように選択できます。初期設定は、[サーバー内にメールを残す]です。 

メールクライアントから削除した時に、サーバーからメールを削除する]を選択した場合のみ、メールがサーバーから削除されます。

  1. https://www.skydesk.jp/ja/apps/mail/にサインインします。
  2. [設定]>[メール]>[メールの転送とPOP/IMAP]をクリックします。
  3. POPアクセスを有効にすると、[POPの削除の設定]を選択できます。
    • サーバー内にメールを残す:POPクライアントが削除コマンドを発行した場合に、メールを削除しない
    • メールクライアントから削除した時に、サーバーからメールを削除する:クライアントが削除コマンドを発行した場合に、メールを完全に削除する
  4. [保存]をクリックして、変更を反映します。

 POPアクセスを無効にする

アカウントのPOPアクセスを無効にでき、いつでもPOPによる取得の停止を選択できます。 

  1. https://www.skydesk.jp/ja/apps/mail//にサインインします。
  2. [設定]>[メール]>[メールの転送とPOP/IMAP]をクリックします。
  3. [POPアクセス]セクションで[無効にする]を選択します。
  4. [保存]をクリックして、変更を反映します。