一部サービス終了のお知らせ  ⁄  End of Some Services

新機能

このページには、終了したSkyDeskサービスに関する説明が記載されておりますので、ご注意ください。

2019

4月

データを関連リストに関連付ける/関連付けを解除する

データに関連リストから複数のデータを関連付けることにより、データ間の関連付けが作成できるようになりました。これらのデータは、個別または一括して関連付けを解除できます。詳細へ

リマインダーを修正して、繰り返しのタスクを繰り返す

繰り返しの設定とタスクのリマインダーを編集し、カスタムで特定の日、繰り返す日または月を定義して、繰り返しの種類を設定できるようになりました。また、別のユーザーにタスクを作成するときや、タスクが完了したときに通知を送信できす。詳細へ

2月

親子関係の作成

キャンペーンが順番で実施されるときに異なるキャンペーン間に親子関係を作成し、成果をより正確に監視できるようになりました。 詳細へ

一覧表示のカテゴリー

カスタムビューでは、「お気に入り」「自分が作成したもの」「自分に共有されたもの」に加えて、「公開ビュー」「他のユーザーのビュー」というカテゴリーが追加されました。詳細へ

UIの機能変更

行スタイルのUIがボックススタイルのUIに変更され、関数を通貨項目に直接入力できるようになりました。また、行項目を追加する際に、インラインオプションを使って項目を追加/削除できるようになりました。詳細へ

シフト時間内に休憩時間を設定可能に

すべてのシフト時間に特定のシフト時間でのユーザーの対応を確保するために、休憩時間を設定できるようになりました。詳細へ

ワークフロータスクで必須項目が表示可能に

ユーザーが設定したすべての必須項目が、ワークフロータスクに表示されるようになりました。また、差し込み項目の値を、記号「#」を使って入力できるようになりました。詳細へ

2018

12月

レイアウトルールでサブフォームが選択可能に

レイアウトルールを使って、該当する条件に一致する際にサブフォームを表示するように、選択できるようになりました。詳細へ

差し込み文書テンプレートにサブフォームが追加可能に

タブに作成したサブフォームを、差し込み文書テンプレートに追加して、顧客に送信できるようになりました。詳細へ

10月

活動タブのアクセス管理がより詳細に

活動タブが、役職の権限を設定するために予定/タスク/通話に分割されました。例えば、特定の役職のユーザーが予定に関してだけ作業する場合に、予定に対する閲覧/編集/削除のアクセス権限を付与し、タスクと通話への権限を制限できます。詳細へ

割り当てルールの複製オプション機能の追加

割り当てルールの作成時に、既存のルールを複製して、要件に合うように変更できるようになりました。詳細へ

キャンバスビューにおける機能拡張

SkyDesk CRMの設定のコピー中に、タブのキャンバスビューを選択できるようになりました。「組織のキャンバス」という名前のセクションが、すべてのタブに追加され、すべてのタブに対してこれまで作成されたすべてのキャンバスビューを確認できるようになりました。 詳細へ

9月

検証ルールにおける機能拡張

検証ルールの条件が一致した場合や一致しない場合に、ユーザーに通知するように選択できるようになりました。 詳細へ

SkyDesk Projects連携における機能拡張

SkyDesk CRMでSkyDesk Projectsとの連携を設定する際に、項目の関連付けやクライアントと取引先の関連付けが可能になりました。 詳細へ

8月

CRMのタブを顧客と共有可能に

SkyDesk CRMでポータルを導入することで、お使いのCRMのタブに顧客がアクセスできるようになりました。 詳細へ

ファイルのアップロード項目により、データへのファイルのアップロードが可能に

他のカスタム項目と同様に、タブにファイルのアップロード項目を追加し、データにドキュメントをアップロードできるようになりました。詳細へ

7月

SkyDesk ProjectsでCRMユーザーの役職と権限を表示可能に

SkyDesk CRMでプロジェクトの作成/関連付けの際に、CRMユーザーがSkyDesk Projectsで設定されている役職と権限を表示できるようになりました。詳細へ

6月

Webフォームにおけるダブルオプトイン機能の導入

CRMに可能性の高い見込み客を獲得する最適な方法である、ダブルオプトイン機能がWebフォームに導入されました。ダブルオプトインを有効にすると、さらに認証するために、確認メールが顧客に送信されます。詳細へ

取引先のない連絡先に対するプロジェクトが作成可能に

プロジェクトを作成するために、SkyDesk CRMに取引先が必ずしも含まれている必要はなくなりました。取引先に関連付けられていない連絡先に対して、プロジェクトを作成できるようになりました。連絡先のメールアドレスが、SkyDesk Projectsで顧客として使用されます。詳細へ

選択リストの履歴の追跡機能の導入

この機能により、選択リスト項目でのすべての更新を追跡でき、選択リストの値の遷移を管理できるようになりました。詳細へ

キャンバスビューの追加

キャンバスビューを使って、CRMに独自のビューを作成/設計できるようになりました。データの画像の追加、項目を表すカスタムボタンの使用、特定のフォントスタイル/サイズの試用、項目の配置の変更、類似項目のグループ化など、さまざまな操作がキャンバスビュー上で可能となりました。詳細へ

5月

SkyDesk Support連携の機能拡張

カスタマーサービスの統計情報やSkyDesk CRMとSkyDesk Supportとの連携による多くの機能が、追加されました。詳細へ

営業時間機能の改善

組織の営業時間をカスタマイズ可能になり、日によって異なる営業時間を設定できます。また、複数のタイムゾーンに対応するシフト時間の作成、各タイムゾーンの祝日リストの追加、およびCRMカレンダーで自分を対応不可に設定することも、可能になりました。詳細へ

データの担当者を複数ユーザーに設定可能に

担当者権限を持つユーザーを、データに最大3名まで追加できるようになりました。共同担当者は、組織での役職に応じて、データの関連リストを確認/編集可能です。詳細へ

サブフォーム機能の導入

サブフォームを追加することで、メインフォーム(レイアウト)に複数行の項目を含めることが可能になりました。詳細へ

関連リスト付きで、タブからのデータを共有可能に

組織で他のユーザーと個別データを共有する際に、関連リスト付き/関連リストなしで共有できるようになりました。さらに、すべてのタブからデータの共有が可能になりました。詳細へ

高度な時間管理フィルターの導入

SkyDesk CRMのアカウントで、特定の期間に動きのあった/なかったデータを抽出できるようになりました。詳細へ

4月

関数へのアクセスが簡単に

関数(旧「カスタム関数」)が、SkyDesk CRMの設定にある開発者用情報から、簡単にアクセスできるようになりました。また、REST APIから関数を実行できるようになり、SkyDesk CRMまたは外部アプリケーションから柔軟に実行できます。詳細へ

SkyDesk CRMでの検証ルールの導入

しっかりメンテナンスされていないデータは、あらゆる方法で会社に負担がかかります。より重要な活動を処理する場合に、手動で各データの詳細を検証するのは面倒でしかありません。検証ルールを使えば、CRMに入力する前に誤った種類のデータを防ぐことで、この問題を解決できます。詳細へ

3月

タブのレイアウトエディター画面の大幅な変更

SkyDesk CRMのレイアウトエディターのユーザーインターフェースが、新しく改善されました。項目のドラッグ&ドロップやセクションの並べ替えが、今まで以上に簡単になりました。詳細へ

SkyDesk CRMでメールの予約が可能に

SkyDesk CRMで、すべてのメールを一定時間おいて送信するために、初期設定時間を設定できるようになりました。詳細へ

データの担当者の変更

データを別の担当者に転送したい場合に、新しい担当者に転送したい未完了の活動リストから、選択できるようになりました。 詳細へ

レイアウトルールの更新

レイアウトルールで使用されているメイン項目を編集する場合に、そのルールに必須項目が関連付けられていると、ポップアップ画面にその必須項目が表示されるようになりました。また、商談ステージの変更/タスクの完了/データの承認などの際に、レイアウトルールを検証できるようになりました。詳細へ

報告するマネージャーをユーザーに割り当て可能に

管理者は、報告するマネージャーを部下に割り当て可能になり、詳細に設定されたデータアクセス権限により、組織内の個人の情報は制限された画面に表示されます。詳細へ

ブループリントのプロセスフローで、下書きが保存可能に

ブループリントのプロセスフローを、下書きとして保存できるようになりました。最終的にプロセスフローに満足できれば、下書きを公開できます。また、適用するブループリントのバージョンを統一する機能が導入されました。あるバージョンのブループリントをSkyDesk CRMの既存のデータを含めてすべてのデータに適用できます。詳細へ

SkyDesk CRMのすべてのタブで、かんばんビューが表示可能に

SkyDesk CRMのすべてのタブで、かんばんビューが表示できるようになりました。特定のカテゴリーごとに整理してCRM情報を表示できます。詳細へ

SkyDesk CRMモバイルアプリでもブループリントが利用可能に

iOSおよびAndroid端末用のSkyDesk CRMアプリから、ブループリントを実行できるようになりました。同様に、プロセス内のデータの詳細画面で移行ボタンをタップし、まとめてプロセスの完了に必要な情報を入力できるようになりました。 詳細へ

2月

SkyDesk CRMのレイアウトのカスタマイズ

SkyDesk CRMで新しいユーザーを追加する時に入力する、詳細情報をカスタマイズできるようになりました。社員IDカード番号/入社日/資格情報など、組織固有のカスタム項目やカスタムセクションを追加できます。詳細へ

SkyDesk ProjectsからSkyDesk CRMに追加したカスタム項目の表示

SkyDesk CRMをSkyDesk Projectsと連携させることで、SkyDesk Projectsで追加したカスタム項目を、SkyDesk CRMですぐに表示できるようになりました。SkyDesk CRM上で、SkyDesk Projectsのカスタム項目を追加情報として取得できます。詳細へ

好みの氏名フォーマットで、一覧表示のデータを並べ替え可能に

氏名で一覧表示のデータを並べ替える際に、表示名とは関係なく並べ替えたい場合には、並べ替え順の設定で任意の順序を設定できるようになりました。さらに、利用可能な項目に、「氏名」という新しい項目が追加されました。これは、「名」と「姓」を組み合わせたものです。詳細へ

テンプレートエディター機能拡張により、テンプレートの作成が簡単に

ドラッグ&ドロップで使えるテンプレートエディターにより、たくさんの拡張機能を楽しく使えるようになりました。16進コードを指定して、背景色も選択できるようになりました。表はさらに柔軟に作成でき、必要な場所にどこでも行や列を追加できます。また、列の境界線をドラッグするだけで、表の列のサイズを変更することも可能です。最後に、テンプレートの内容の制限が、HTMLで200,000文字までに増えました。詳細へ

新しい通話ポップアップ画面で、通話を手動で記録可能に

手動で現在の通話を記録する際に、通話のタイマーと一緒に、通話時間が表示されたり、通話の中断/終了を選択できるようになりました。また、通話中でも詳細情報を入力することも可能です。通話を終えると、通話はすぐに記録され、活動タブで詳細を確認できます。詳細へ

キャンペーンの反応に応じたデータの抽出と追跡

詳細フィルターを使って、キャンペーンの反応に応じたデータの追跡が可能になりました。最近のキャンペーンに対する反応に応じてデータを抽出すると、反応を熟慮したメッセージを使って、見込み客にアプローチできます。詳細へ

SkyDesk CRMのタブ間で複数のデータの関連付けが可能に

複数選択ルックアップ項目を使って、SkyDesk CRMの2つのタブ間で、複数のデータの関連付けを構築できるようになりました。詳細へ

フィード設定の変更

フィードセクションに情報量が多くなり過ぎると思った場合に、更新を受け取りたい特定のタブを選択することで、フィード設定を変更できるようになりました。フィードの設定は管理者が設定し、CRMの組織のユーザー全員に適用可能です。詳細へ

ワークフローのルールに複数条件の追加が可能に

ワークフローのルールで複数の条件を設定すれば、指定した条件に一致する/しないデータに対して、明確に活動を定義するような場合に便利です。ルールごとに、エンタープライズプランでは最大10件、スタンダードプラン/プロフェッショナルプランでは最大5件の条件を追加できます。詳細へ

CRMデータのインポート/移行機能における変更点

SkyDesk CRMでは、営業情報のインポート/移行に関して、UIを刷新し、よりシームレスに機能をお使いいただけるようになりました。詳細へ

変換した見込み客での重複データの検索

見込み客タブで項目を一意に設定すると、同様に変換した見込み客の重複チェックを有効にするオプションが表示されるようになりました。これにより、連絡先に変換した見込み客が再度CRMで見込み客として追加されないように、簡単に確認できます。詳細へ

SkyDesk CRMの重複データの自動統合

SkyDesk CRMでは、重複データを自動的に統合できる機能が追加されました。タブの重複統合チェックを実行すれば、お互いにまったく同じ情報を含むデータを自動的に統合できるようになりました。詳細へ

2017

11月

SkyDesk CRMとTwilio連携での機能拡張

  • 通話の待ち行列:Twillio経由で着信する通話を、25件まで通話待ちとして保留できるようになりました。保留中の通話に対する最長待機時間は、25分です。
  • 通話の保留/再開/ミュート:通話ポップアップ画面で保留アイコンをクリックして、通話を保留できるようになりました。再度クリックすると再開でき、必要に応じてミュートも可能です。
  • 通話設定:発信する際に、お使いのTwillioの番号を発信者が簡単に識別できるように、設定を保存できるようになりました。
詳細へ

ブループリント

ブループリントは、業務プロセスをオンライン上で複製したものです。ブループリント機能を使えば、営業業務の標準化/CRM内での業務プロセスの構築と実行が可能になり、常に監視しなくてもチーム全員が同じものをフォローできるようになります。これにより、チーム全体からの整合性を確保でき、業務を手順どおりに何度でも繰り返し可能なものにできます。詳細へ

6月

CRMの変数

CRMの変数は、SkyDesk CRMのアカウントで繰り返し利用する情報を保存しておくための機能です(擬似的なタブの項目として扱われます)。これらのCRM変数は、固有の値を保持することができ、メールのテンプレートの差し込み項目や、差し込み文書のテンプレート、および各種書類テンプレートなどに利用できます。また、カスタム関数/Web通知/リンクとボタン/関連リスト/APIでは、再利用可能な認証パラメーターとして広く使用できます。詳細へ

スケジュール

カスタマイズした予定は、ユーザーが定義した自動化処理を実行する予定のことで、カスタム関数を使って、特定の時刻または定期的に実行できます。CRMのデータを、お客様のWebサイト/イントラネット、 任意の外部アプリケーション、または他のSkyDeskサービスと連携することが可能です。定期的に連絡先を他のアプリケーションと同期したり、CRMのデータをお客様の別のシステムに転送したり、また動きのない見込み客や商談についてユーザーに通知できます。詳細へ

詳細フィルター

高度な検索条件でデータをフィルタリングし、CRMから重要な情報を抽出できます。例えば、まだフォローしていない見込み客の情報や、今月完了予定なのにまだ期限を過ぎたタスクがある商談などを引き出したいとします。詳細フィルターを使えば、条件を入力して、フィルターを適用するだけです。探したいデータを取り出したらすぐに、同じ画面に表示されるすべての情報から、必要なフォローアップ対応を行なえます。詳細へ

データ単位での共有

個々のデータを選択し、複数部門からの注目が必要な商談で作業しているチームメンバーに共有できるようになりました。詳細へ

CRM権限設定ページの機能拡張

SkyDesk CRMの権限設定ページは、ユーザープロフィールの管理でストレスを感じないように、デザインが見直されました。最も大きな改善点は、CRMでのタブの順序や設定カテゴリーに応じて権限をまとめることで、ページが整理され、見やすくなりました。これにより、必要な特定の権限を簡単に見つけられます。

カスタムタブに拡張された差し込み文書テンプレート

SkyDesk CRMの差し込み文書テンプレートは、ユーザーエクスペリエンス向上のため、改善されました。カスタムタブの差し込み文書テンプレートを作成できるようになり、テンプレートの件名に差し込み項目を挿入できるようになりました。

テンプレートのカスタマイズにおける機能拡張

ユーザーエクスペリエンス向上および柔軟性のために、SkyDesk CRMでのテンプレート機能を拡張し、新しい機能も追加されました。SkyDesk CRMでは今回、組織のメールアドレスを個別に設定する機能が追加されました。これにより、組織を表すメールアドレスを使って、メールを送信できるようになりました。テンプレートは、さらに見やすくなり、整然と整理された一覧ページも追加されました。さらに、テンプレートの管理も簡単になりました。

2016

7月

BCC Dropbox が商談タブでも利用可能に

BCC Dropboxの機能が商談タブでも利用可能になりました。BCCアドレスで送信したメールを、連絡先に関連する商談にも関連付けられるようになりました。詳細へ

エンタープライズプランのカスタム項目数の増加

エンタープライズプランで使用できるカスタム項目数が300から500に増えました。項目の種類ごとの上限も増加しています。詳細へ

訪問タブでワークフローの設定が可能に

SkyDesk CRMアカウントをSkyDesk SalesIQと連携すると、訪問の作成時に営業プロセスを自動化できます。この機能はSkyDesk CRMでご利用いただけます。詳細へ

予定のキャンセル時にワークフロー通知の設定が可能に

予定がキャンセルされたときに、ワークフロー通知を設定できるようになりました。予定タブに「キャンセル」というルールの実行条件が追加されました。予定のキャンセル時にワークフロー通知を設定する際に選択してください。詳細へ

My Open Activities のカスタムビューを活動タブに追加

活動タブの新しいビューであるMy Open Activitiesは、そのSkyDesk CRMユーザー本人の未完了のタスク、通話、予定が表示されます。詳細へ

SkyDesk CRM のエンタープライズプランで最大30件のカスタムタブをサポート

SkyDesk CRM のエンタープライズプランでは、組織のアカウントに10ユーザーライセンス追加するごとにタブが1件付与されます。デフォルトでは、10件のカスタムタブをサポートしています。詳細へ

Webフォームで複数ファイルのアップロードが可能に

Webフォームで3件までファイルをアップロードできるようになりました。ファイルサイズは合計20MB以内にしてください。詳細へ

Projects連携の機能拡張

SkyDesk CRMでプロジェクトを分類できるようになりました。プロジェクトを作成する際に、プロジェクトが属するグループを選択できます。詳細へ

他のユーザーとのマクロの共有が可能に

自分が作成したマクロを、他のユーザーに共有することができるようになりました。この機能に加え、マクロの管理画面が改善され、新しくなりました。詳細へ

カスタムタブの名前項目の項目の種類で、オートナンバーが選択可能に

カスタムタブの名前項目では、項目の種類はテキストのみでした。これからは、オートナンバーも選択できるようになりました。詳細へ

SkyDesk Motivator との連携を導入

収益の最大化とチーム連携の推進を目的としたゲーミフィケーション ソリューションであるSkyDesk Motivatorは、SkyDesk CRMとの連携が可能になりました。営業担当者は、コンテストへの参加、ターゲットの達成、上司や同僚へのパフォーマンスのアピールができます。

通話の予定にオプションをさらに追加

通話の予定を再設定、完了またはキャンセルにできるようになりました。これらのオプションは、通話の詳細ページ、一覧ページ、関連リスト、リマインダー、カレンダー、およびホームページの活動コンポーネントで利用できます。詳細へ

承認プロセスの拡張

承認タブからではなく、承認に回されたデータの詳細ページから承認に関する操作が可能になりました。 回答オプション(承認、委任、または拒否)が、ロックされたデータの詳細ページで利用できます。詳細へ

エンタープライズプランのカスタムタブの件数を増加

エンタープライズプランのカスタムタブの数が、5件から10件に増えました。カスタムタブの作成をすぐに始めましょう!詳細へ

Web通知で独自の日付/日時の形式を設定可能に

SkyDesk CRMでは、ユーザーがWeb通知のパラメーターを設定中に、希望の日付/日時の形式を選択できるようになりました。 詳細へ

SkyDesk PhoneBridge がSkyDesk CRMのスタンダードプランでも利用可能に

SkyDesk CRMのエンタープライズおよびプロフェッショナルプランでのみ利用可能だったSkyDesk PhoneBridgeが、スタンダードプランでも利用できるようになりました。 詳細へ

認証トークンにアプリケーション名を指定可能に

SkyDesk CRMでは、認証トークンを作成するためにアプリケーション名を入力できるようになりました。アプリケーション名は、認証トークンを作成する目的を分かりやすくしたり、異なるアプリ間で認証トークンの作成を区別するのに役立ちます。詳細へ

2月

Webサイトの訪問者を顧客に変換

Webサイトの訪問者は、どのビジネスにとっても最も重要な見込み客です。訪問者の追跡機能を使えば、より多くのWebサイトの訪問者を、確定した見込み客に変換できます。訪問者の追跡機能では、閲覧したページ/各Webサイトでの滞在時間/各ページで行なった操作など、顧客や見込み客のオンライン操作を、すべて表示できます。訪問者の追跡のためのCRMビューで、見込み客の一覧で優先順位をつけたり、連絡する前に会話の計画をたてることも可能です。 詳細へ

Webフォームの組み込みオプションのユーザーインターフェースを改善

Webフォームの組み込みオプションのユーザーインターフェースが、使いやすく改善されました。 ソースコード、組み込み、またはiFrame形式から選択し、Webサイトにそのコードを貼り付けるだけです。 詳細へ

一覧ページで作成できる繰り返しのタスクの上限数

一覧ページから一括で作成できる繰り返しのタスクには上限数があります。上限は、毎日、毎週、毎月、毎年繰り返すオプションで決められています。 詳細へ

監査ログと承認履歴にフィルターを追加

膨大なデータを含む監査ログから、フィルターを使って必要な情報を見つけられます。項目、ユーザー、アクション、時間を元にデータをフィルタリングします。詳細へ

スタンダードプランでもワークフロータスクのリマインダーオプションが利用可能に

関連付けされたワークフロールールが実行される際に、ワークフロータスクが起動します。 これらタスクのリマインダー設定オプションが、SkyDesk CRMのスタンダードプランのユーザーでも利用可能になりました。

日付および日時項目の条件に、「期限までの日数」を追加

「経過日数」を指定すると、過去の日付を起算とした日数でデータをフィルタリングします。「期限までの日数」では、未来の日付を起算にします。 8日後に完了する予定の商談や、6日後に完了する予定のタスクは、この 「期限までの日数」オプションを使って表示できます。詳細へ

見込み客、見積書、受注書の一括変換

複数の見込み客を商談へ同時に変換できるようになりました。 見込み客だけでなく、見積書や受注書も1度で一括変換ができます。 一括変換に加え、ワークフロールールを使って、データを自動的に変換することも可能です。詳細へ

定期レポートの上限数を増加

定期レポートの上限数、すべての有料プランで40件/組織 から 20件/ユーザー に増加しました。 組織全体では、1日に最大100件の定期レポートを設定できます。また、 定期レポートの担当者のみ、編集/削除/閲覧ができます。

ホスト型PBXとの連携

SkyDesk PhoneBridge はTwilio と連携しています。CRMでの電話の受発信、組織のニーズに合わせたIVRメニューの設定、通話後の活動の関連付け、メモの追加など多くのことが可能になりました。詳細へ

2015

8月

無料プラン - 10ユーザーまで無料

無料プランでは10ユーザーを無料でご利用いただけます。

SkyDesk CRMアカウントからのユーザー削除

スーパー管理者 (使用責任者) はSkyDesk CRMアカウントからユーザーを完全に削除できるようになりました。詳細へ

カスタムタブの新しいメールオプションの導入

その名のとおり、メールオプションに関してカスタムタブをさらにカスタマイズできるようになりました。

項目およびリンクのカスタマイズが簡単に

ユーザーインターフェイスの機能拡張により、特殊項目のカスタマイズがより簡単になりました。 リンクのカスタマイズも権限設定の修正によって簡単になりました。詳細へ.

承認待ちになっているデータを管理者が承認可能に

SkyDesk CRMアカウントの管理者は承認待ちになっている他のユーザーのデータを直接承認できるようになりました。

SkyDesk CRM の電話番号検証機能

電話番号検証機能がSkyDesk CRMのすべてのタブに導入されました。正しい形式で入力された電話番号のみ登録できるため、データベースに間違ったデータが蓄積されることがなくなります。

データの印刷オプションの追加

デフォルトの印刷オプションに加え、タブのすべてのデータに新しいオプションが導入されました。 差し込み文書、メールテンプレートおよび在庫管理のテンプレートです。

メモのセクションの改善

SkyDesk CRMのすべてのタブのメモ機能が拡張され、さらに使いやすくなりました。詳細へ

カスタムタブのタブ名項目のラベルが編集可能に

カスタムタブの初期設定の項目のラベルは編集できませんが、タブ名項目のラベルは編集できるようになりました。詳細へ

日付/日時の条件にオプションが追加されました。

日付と日時の条件にオプションが追加され、選択しやすくなりました。詳細へ

API 関連の拡張

getSearchRecordsByPDC がサポートされたため、「email」としてあらかじめ定義した列のメール一覧で検索ができるようになりました。詳細へ

フィードタブのパルス機能

パルスタブにあった、使われていないデータやあなたがフォローしているデータを追跡するすばらしい機能を覚えていますか? この機能が「未確認のデータ」および「自分がフォロー中」オプションとしてフィードタブに戻ってきました。詳細へ

自動フォローのルールを管理者が設定が可能に

パルスの最高の機能を保持する一環として、フィードタブで、他のユーザーの自動フォローのルールを設定する権限を管理者に戻しました。詳細へ

SkyDesk Projects の機能拡張

SkyDesk Projects連携がわずかな機能拡張でより使いやすくなりました。詳細へ

4月

承認プロセスの自動化

設定した条件を満たすデータを、選択したユーザーへ自動的に承認にまわすことができます。詳細へ

CRM ビュー - 新しい表示方法

CRMビューでは営業サイクルのステージによって、顧客を賢く精査します。 顧客は、見込み客、顧客、潜在顧客によって分類され、あなたの注目が必要な活動がすぐにわかります。CRMビューは現在、活動タブで利用可能ですが、今後はすべてのタブで利用可能になる予定です。詳細へ

SkyDesk CRM モバイル版が無料に

SkyDesk CRM モバイル版の使用がすべてのプランのユーザーで無料になりました。プランによらず、すべての機能(読み取り/書き込み)をご利用いただけます。詳細へ

ストレージ容量の増加

すべてのプランで、組織のファイルストレージ容量を増やしました。詳細へ

在庫管理タブの拡張

SkyDesk CRMの在庫管理タブがより使いやすく改良されました。詳細へ

カスタムタブのWebフォームをサポート

見込み客、連絡先、問い合わせおよび他のカスタムタブのデータを生成するWebフォームを作成できるようになりました。 詳細へ

テキスト(複数行)項目の文字数が選択可能に

タブにテキスト(複数行)項目を作成する際に、 複数行のテキスト(小)と、複数行のテキスト(大)を選択できます。

ワークフロールールのロック機能

誤ってルールが変更されることがないように、作成したワークフロールールをロックするオプションができました。 詳細へ

データのエクスポート件数の増加

ユーザーは、1日につき5回まで最大20,000件のデータをcsvファイルにエクスポートできるようになりました。詳細へ

テリトリーを商談に割り当てるルール

以前は取引先のルールでしかデータをテリトリーに割り当てることができできませんでしたが、商談のルールでも、割り当てが可能になりました。詳細へ

プロフェッショナルプランのワークフローの特定項目の更新

エンタープライズプランには、関連付けされたワークフロールールが実行されたときに、特定の項目の値が自動的に更新される、特定項目の更新オプションがありますが、プロフェッショナルプランでも使用できるようになりました。詳細へ

SkyDesk Support 連携

SkyDesk Support連携が、SkyDesk CRMのすべての有料プランで利用できるようになりました。詳細へ

新しいAPIメソッド

SkyDesk CRM APIに、searchRecords、getModules、およびgetDeletedRecordIdsのメソッドが追加されました。詳細へ

ワークフローおよびマクロのタスクで差し込み項目をサポート

差し込み項目がサポートされたことで、より簡単にワークフロータスクやマクロのタスク名に動的な値を選択できるようになりました。詳細へ

2014

12月

簡単になったデータ移行時の項目の作成と関連付け

ほかのCRMシステムからSkyDesk CRMへのデータの移行がさらに簡単になりました。SkyDesk CRMは、インポートファイル内の関連付けされていない項目を自動的に特定し、データ移行時にその項目を作成します。詳細へ

SkyDesk Projectsとの連携の強化

SkyDesk Projectsのポータル作成、権限の設定、クライアントと取引先の関連付け、プロジェクトの管理がすべてSkyDesk CRM内で行えます。詳細へ

新しいインポートの履歴画面

追加、更新、スキップされたデータの情報を、データの行番号と一緒に表示します。[このインポートを元に戻す] ボタンは、[このインポートを取り消す] に名前が変わり、確定オプションの代わりにカギのアイコンになりました。詳細へ

さらに自由になったワークフローを実行するオプション

[日付項目の値] でワークフローを実行できるようになりました。詳細へ

何度も使うビューをお気に入りに登録

新しいカテゴリーにより、頻繁に使うビューへのアクセスが簡単になりました。ビューは、[自分が作成したもの] 、[自分に共有されたもの] 、[お気に入り] に分類されます。

ドロップダウンで選択リスト項目の値を基準に指定

選択リスト項目の値を基準に指定する際、値を手入力する必要はありません。値はリストから選択するだけで自動入力されます。

新しい予定表の画面 - グループカレンダーの表示、予定の招待など

新しい画面とナビゲーションで、日/週/月ごとの予定が分かりやすくなりました。ユーザー、グループ、テリトリーごとの予定を表示できるだけでなく、予定の作成、招待メールの送信、未返信の招待メールの管理などが可能になりました。詳細へ

4月

SkyDesk Projects 連携

プロジェクト管理のソフトウェアは、プロジェクトを適切に計画するのに役立ちます。また、CRMシステムと連携することで、プロジェクトの進捗管理ができると共に、顧客の詳細も把握できます....詳細へ

Mail Magnet

MailMagnetはスマートにあなたのメールボックスをスキャンし、あなたに関連するCRMの見込み客や顧客からのメールだけを表示します。 またメールの返信、次に行うタスクの追加、重要なメモの作成も即座に行うことができます...詳細へ

タブグループ

タブグループを使うと、あなたのSkyDesk CRMアカウントで使用できるタブを整理することができます。 営業、マーケティング、サポート、インベントリー関連のタブをグループ化し、そのタブグループを他のユーザーと共有できます... 詳細へ

3月

テリトリー管理

複雑な営業構造を持つ大きな組織では、一般的に営業チームを商品ライン、地域、顧客サイズなどで編成しています。 あなたの組織がこの営業構造に準じていれば、テリトリー管理で組織の売上管理が楽になります...詳細へ

カスタムタブ

どんなビジネスも、見込み客、取引先、連絡先、商談などの標準タブには当てはまらない要件があります。カスタムタブはプログラミングのスキルなしで新しいタブを作成し、CRMの主要タブとシームレスに連携が可能です...

Webフォーム

見込み客、連絡先、問い合わせのWebフォームは、WYSIWYGエディタや、キャプチャ、ファイルアップロード、その他いろいろなオプションによって機能が向上しました。プロフェッショナルなWebフォームを作成し、WordPress、 Googe Sites、Joomlaベースのサイトに公開しましょう... 詳細へ

売上指標レポートで時間を管理

営業はタイミングがすべてです!SkyDesk CRMの売上指標レポートを使用して、見込み客の変換から取引の完了までにかける貴重な時間を計算しましょう...詳細へ

BCC dropbox

BCC dropboxを使用してお気に入りのメールクライアントから顧客へメールを送信し、そのメールをCRMの見込み客や連絡先に関連付けましょう...詳細へ

ドキュメントライブラリー

SkyDeskの営業チームから受けるもっとも多いリクエストのひとつは次のようなものです: ”我々の商品および競合X社とY社を検討している有望な取引先を担当しています – 更新されたドキュメントをすべて、今すぐにメールしてもらえますか”...詳細へ