一部サービス終了のお知らせ  ⁄  End of Some Services
CRM ヘルプ

このページには、終了したSkyDeskサービスに関する説明が記載されておりますので、ご注意ください。

SkyDesk Support 連携

コンテンツ一覧...

SkyDesk CRMでは、SkyDesk SupportのアカウントとSkyDesk CRMのアカウントを連携できます。この連携の目的は、CRMのアカウントで顧客の問い合わせを確認/対応するために、1つのプラットフォームを提供することです。

利用制限

権限が必要です:SkyDesk Supportとの連携権限

機能 無料 スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ
SkyDesk Support 連携

SkyDesk CRMでのSkyDesk Support連携の設定

管理者であれば、SkyDesk CRMのアカウントとSkyDesk Supportのアカウントの連携を開始できます。設定時に、CRMのユーザーをSkyDesk Supportへの招待/取引先や連絡先タブの同期/タブの関連リストにある問い合わせを確認したい場合のタブの選択などが可能です。

連携の設定

SkyDesk CRMでは、お使いのCRMアカウントとSkyDesk Supportアカウントをシームレスに連携するように設定できます。ユーザーがSkyDesk CRMアカウントで実行可能な操作は、次のとおりです。

  • 新しい問い合わせの作成/問い合わせ内容の確認
  • 問い合わせに対して、コメント/返信/項目の更新/完了/削除
  • 優先度/ステータスなど問い合わせの詳細情報の設定、問い合わせ担当者の割り当て、期限の設定、SkyDesk Supportの他の問い合わせの項目の更新
  • 商談の関連付けなどにより、問い合わせの優先順位の設定
  • SkyDesk Supportアカウントから、取引先/連絡先の詳細情報の取得

SkyDesk SupportのアカウントとSkyDesk CRMのアカウントを連携するには、3つの方法があります。

A) SkyDesk Supportの管理者の場合には、次の操作を行います。

  1. 設定 > 設定 > Marketplace > SkyDeskをクリックします。
  2. SkyDesk Supportを選択し、設定するをクリックします。
  3. SkyDesk Supportのホームページで、今すぐ開始をクリックします。
  4. ドロップダウンリストから、ポータルを選択します。
  5. 次へをクリックします。

B) まだ、SkyDesk Supportのアカウントを持っていない場合には、次の操作を行います。

  1. 設定 > 設定 > Marketplace > SkyDesk SkyDesk Supportをクリックします。
  2. SkyDesk Support 連携 ページで、ポータル名を入力します。
    上記で選択したポータルの詳細情報を指定して、SkyDesk Supportのアカウントが作成されます。
  3. 次へをクリックします。
  4. ポータルの詳細情報を使って、SkyDesk Supportのアカウントにサインインします。

C) ポータルを所有しておらず、作成したくない場合には、次の操作を行います。

  1. SkyDesk Support 連携 ページで、他のユーザーのポータルを設定するをクリックします。
  2. ポータルの設定 ポップアップ画面で、ポータル管理者のメールアドレスを入力します。
  3. ZSCキーの値を入力します。
  4. 次へをクリックします。

SkyDesk CRMからSkyDesk Supportにユーザーを招待する

お使いのCRMアカウントからユーザーを招待し、問い合わせの対応に関して実施する操作に応じて、SkyDesk Supportで役職と権限を割り当てます。CRMのアカウントにすでに追加されていて、またポータルにも参加済みのユーザーは、共通ユーザーに表示されます。

ユーザーを招待して役職を割り当てるには

  1. SkyDesk Support 連携ページで、ユーザーの招待をクリックします。
  2. 表示されているリストから、ユーザーを選択します。
    SkyDesk Supportからの招待メールがユーザーに届き、アカウントを有効化します。
  3. 役職と権限から、役職を選択します。
    問い合わせに関してユーザーが実施する操作に応じて、次の3種類の役職があります。
    サポート担当者:問い合わせに対して、返信/コメント/転送が可能
    ライトエージェント:問い合わせに対して、コメントのみ可能
    管理者:問い合わせに対して、他のユーザーへの割り当て/返信/コメント/転送が可能

取引先/連絡先のタブをSkyDesk Supportと同期する

SkyDesk SupportアカウントとSkyDesk CRMアカウントの間でデータを同期し、問い合わせを処理する共通のプラットフォームを維持できます。同期を有効にすることで、取引先/連絡先のタブからの詳細情報が、どちらかのプラットフォームから直接アクセスできます。SkyDesk CRMでは、SkyDesk Supportとのデータを、次の2つの方法で同期できます。

  • 一方向同期:データの転送は、単方向(つまり、SkyDesk CRMからSkyDesk Supportに)
  • 双方向同期:データの転送は、双方向(つまり、SkyDesk CRMからSkyDesk Supportに/SkyDesk SupportからSkyDesk CRMに)

アカウントを同期するには

  1. SkyDesk Support 連携ページの同期設定 で、設定をクリックします。
  2. 項目の関連付け で、同期の種類を一方向(CRMからSupportに)/双方向のいずれかを選択します。
  3. 保存をクリックします。

メモ

  • SkyDesk SupportアカウントとSkyDesk CRMアカウントの同期を有効にした後、一時的に同期を停止できます。

SkyDesk CRMでは、どのタブの関連リストにサポートの問い合わせを表示するかを選択できます。サポートチームは、SkyDesk CRMアカウントから直接問い合わせを管理できます。ただ、メールのカスタム項目が有効になっているタブだけは、CRMの関連リストに表示されます。

タブを表示するには

  1. SkyDesk Support 連携ページで、CRM関連のリストまでスクロールします。
  2. タブを選択します。取引先/連絡先/商談タブが、事前に選択されています。
  3. 保存をクリックします。

SkyDesk CRMでのSkyDesk Supportの問い合わせ

連携が完了したら、営業チームとサポートチームは、CRMのアカウントから問い合わせを確認/更新できます。特定のタブに作成された問い合わせは、データの関連リストで確認できます。

SkyDesk Supportの問い合わせを作成する

ユーザーは、SkyDesk CRMのアカウント内で、サポートの問い合わせを作成できます。SkyDesk Supportのユーザーは、CRMのアカウントから問い合わせを作成できます。

サポートの問い合わせを作成するには

  1. 任意のタブ を選択し、問い合わせを作成したいデータ を選択します。
  2. SkyDesk Support > 新しい問い合わせをクリックします。
  3. 問い合わせの追加 ポップアップ画面で、問い合わせの詳細情報を入力します。
  4. 連絡先名のルックアップ アイコンをクリックし、連絡先を選択します。
    また、新しい連絡先 として追加する連絡先名も入力できます。
  5. 他の詳細情報を入力します。
  6. ファイルを添付するには、添付ファイルアイコンをクリックします。
  7. 送信をクリックします。

サポートの問い合わせを表示する

連携が有効になっているSkyDesk Supportアカウントを持っているサポートチームのユーザーは、CRMアカウント内で直接サポートの問い合わせを確認できます。問い合わせの一覧から、遅延/完了/エスカレーション中/高優先度などの一覧を選択できます。

サポートの問い合わせを表示するには

  1. CRMアカウントで、任意のタブを選択します。
  2. 表示したいデータ を選択します。
  3. データで、SkyDesk Supportに移動し、問い合わせを表示します。
    または、左画面の関連リスト で、SkyDesk Supportをクリックします。

問い合わせに対するコメント/返信/項目の更新/完了/削除

SkyDesk SupportとSkyDesk CRMを連携すると、SkyDesk CRMのアカウントから直接、問い合わせに対する必要な操作を実行できるようになります。またSkyDesk Supportのアカウントを持っていないユーザーでも、問い合わせに対してコメントのみ追加可能です。 

A) 問い合わせにコメントするには

  1. 任意のタブ を選択し、SkyDesk Supportまでスクロールしてから、問い合わせ を選択します。
  2. 問い合わせアイコン()をクリックします。
  3. サポート画面で、問い合わせに対して、全員に返信/転送/コメントします。

B) 問い合わせの項目を更新するには

  1. 問い合わせを選択し、項目の更新をクリックします。
  2. ドロップダウンリストから、項目を選択します。
  3. 項目の詳細情報を入力します。
  4. 更新をクリックします。

C) 問い合わせを完了/削除するには

  1. 問い合わせを選択します。
  2. 画面上部から、完了をクリックします。その他 アイコンを選択し、問い合わせを削除します。

問い合わせを商談に関連付ける

サポートチームは、問い合わせが商談に関連付けられている場合に、その問い合わせを優先させることが可能です。問い合わせをすぐに解決することで、商談をよりスピーディーに完了できます。

問い合わせを商談に関連付けるには

  1. 関連リスト から、問い合わせ を選択します。
  2. チェックボックスに、チェックを入れます。
  3. 商談へのリンクをクリックします。
    その他のオプションをクリックして、商談との問い合わせの関連付けを解除できます。
  4. 商談の一覧から、商談を選択します。

顧客のサービス統計情報を表示する

顧客の評価や各問い合わせの簡単な概要は、お使いのCRMアカウント内に直接表示されます。サポートチームは、プラットフォームを切り替えずに、問い合わせ合計数/遅延の問い合わせ件数/平均応答時間/平均解決時間/各問い合わせに対する顧客の評価を確認できます。

顧客の統計情報を表示するには

  1. 任意のタブ を選択し、SkyDesk Supportまでスクロールします。
  2. 統計の表示をクリックして、顧客の評価を表示します。

サポートタブにアクセスする

SkyDesk SupportをSkyDesk CRMと連携させるのは、サポートの問い合わせに対して、できるだけ簡単にユーザーが操作を実施できるようにするためです。完全な問い合わせの詳細情報は、CRMアカウント内で直接、サポートタブで確認できます。機能はSkyDesk Supportと同じで、SkyDesk Supportでの操作と同じように、SkyDesk CRMからすべてのタスク/活動を実行できます。

サポートタブは、SkyDesk Supportのアカウントを持っているユーザーだけに表示されます。 

  • サポートタブをクリックすると、すべての問い合わせが含まれているサポート画面を確認できます。

メモ

選択して、サポートタブを削除できます。削除するには、次の操作を行います。
 
  1. 設定 > 設定 > カスタム > タブ&項目をクリックします。
  2. タブ で、サポートタブを選択します。
  3. その他 アイコンをクリックし、削除を選択します。

SkyDesk Support 連携を無効にする

お使いのCRMアカウントとSkyDesk Supportとの連携を無効にすることが可能です。無効にすることで、両方のアカウントからの連携を中止します。

連携を無効にするには

  1. SkyDesk CRMで、設定 > 設定 > Marketplace > SkyDesk > SkyDesk Supportをクリックします。
  2. SkyDesk Support 連携 ページで、 無効にするをクリックします。

メモ

  • SkyDesk CRMに連携できるポータルは、1つだけです。
  • サインイン情報を使用している管理者がもう組織と関連付けられていない場合には、新しいサインイン情報を使って、連携設定を再度行う必要があります。
  • ポータルの変更を選択した場合には、SkyDesk CRMの見込み客/連絡先/取引先のタブから、サポートの問い合わせの関連付けが解除されます。ただし、各SkyDesk Supportのアカウントでは問い合わせを確認できます。

ページトップへ