一部サービス終了のお知らせ  ⁄  End of Some Services
CRM ヘルプ

    このページには、終了したSkyDeskサービスに関する説明が記載されておりますので、ご注意ください。

    SkyDesk Projects 連携の使用

    プロジェクトを作成する

    SkyDesk CRMの取引先 /連絡先 /商談 のプロジェクトを作成できます。SkyDesk CRMのアカウントをお持ちのユーザーは、権限があれば、プロジェクトの作成/関連付けが可能です。

    メモ

    • CRMでプロジェクトを作成するには、ユーザーにSkyDeskでのプロジェクトの作成権限が必要です。
    • 特定のプロジェクトにユーザーを追加するには、ユーザーにSkyDeskでのユーザーの追加権限が必要です。
    • 連絡先タブからプロジェクトを作成する場合には、該当する連絡先にメールアドレスが関連付けられている必要があります。

    SkyDesk CRMのデータの詳細ページから、新しいプロジェクトを作成するには

    1. 取引先/連絡先/商談タブのいずれかをクリックし、データを選択します。
    2. データの詳細 ページで、関連リストにあるSkyDesk Projectsに移動します。
    3. 新しいプロジェクトをクリックします。
      プロジェクトの作成権限がない場合には、アラートが表示されます。
    4. プロジェクトの詳細 セクションで、次の操作を行います。
      • プロジェクト名を入力します。
      • ドロップダウンリストから、作成済みのテンプレートを選択します。
      • ドロップダウンリストから、プロジェクトの担当者を選択します。
      • プロジェクトの開始日終了日を入力します。
      • プロジェクトが含まれているプロジェクトのグループを選択します(プロジェクトのグループの作成も参照してください)。
      • プロジェクトの概要を入力します。
      • さらにプロジェクトの詳細情報を追加するには、詳細項目を表示をクリックします。
        • SkyDesk Projectsにカスタム項目が追加されている場合には、詳細項目を表示をクリックすると同じカスタム項目が表示されます。
          SkyDesk CRM上でSkyDesk Projectsのカスタム項目を追加情報として取得できます。
      • プロジェクトのユーザーセクションで、ユーザーの追加をクリックします。
      • 一覧から、ユーザーを選択します。SkyDesk CRMのユーザーだけが表示されます。 
      • ユーザーの現在の役職と権限を変更したい場合には、ドロップダウンリストから、役職権限を選択します。
    5. クライアントの詳細 セクションで、クライアントユーザーを選択します。
      選択したユーザーだけが、プロジェクトにアクセスできるようになります。
      • 連絡先:プロジェクトに追加された連絡先は、クライアントユーザーになります。複数の連絡先をクライアントユーザーとして追加できますが、1つの連絡先を複数のクライアントには追加できません。
      • 取引先/商談:取引先/商談に関連付けられているSkyDesk CRMの連絡先がすべて表示され、クライアントユーザーとして追加できます。
    6. 保存をクリックします。

    既存のプロジェクトに関連付ける

    SkyDesk CRMでは、既存のプロジェクトを取引先/連絡先/商談に関連付けできます。プロフィールに対するプロジェクトを編集/関連付けを行うには、ユーザーにSkyDesk Projectsでのプロジェクトの編集権限が必要です。

    既存のプロジェクトを関連付けるには

    1. 取引先/連絡先/商談タブのいずれかをクリックし、データを選択します。
    2. 選択したタブの[データの詳細] ページで、プロジェクトを関連付けるをクリックします。
      プロジェクトの関連付け権限がない場合には、アラートが表示されます。
    3. プロジェクトを関連付ける セクションで、次の操作を行います。
      • プロジェクト名ドロップダウンリストから、対象のプロジェクトを選択します。
        • 編集/関連付け権限のあるユーザーに対するプロジェクトだけが、ここに表示されます。 
        • すでに関連付けられているプロジェクトは、表示されません。選択したプロジェクトの、詳細/プロジェクトのユーザーが追加されます。
      • 必要に応じて、プロジェクトの概要を変更します。
      • ドロップダウンリストから、プロジェクトの担当者/プロジェクトのグループを割り当てます。
      • 詳細項目を表示リンクをクリックし、プロジェクトの関連情報を追加/変更します。
        カスタム項目も追加/変更できます。
      • ユーザーの追加リンクをクリックし、追加するユーザーのチェックボックスにチェックを付ます。
        プロジェクトで該当する役職権限のあるSkyDesk CRMユーザーだけが、表示されます。
        必要に応じて、ドロップダウンリストから役職権限を選択できます。
        ​​
    4. クライアントの詳細 セクションで、クライアントユーザーを選択します。
      選択したユーザーは、プロジェクトにアクセスできるようになります。
      • 連絡先:プロジェクトに追加された連絡先は、クライアントユーザーになります。複数の連絡先をクライアントユーザーとして追加できますが、1つの連絡先を複数のクライアントには追加できません。
      • 取引先/商談:取引先/商談に関連付けられているSkyDesk CRMの連絡先がすべて表示され、クライアントユーザーとして追加できます。
    5. 保存をクリックします。

    メモ

    • SkyDesk Projectsのポータルの担当者がSkyDesk CRMアカウントのユーザーの場合には、その担当者は自動的にユーザーの1人として追加されます。

    SkyDesk CRMから関連するプロジェクトを削除する

    完了したプロジェクトをデータに表示させたくない場合は、そのプロジェクトを削除できます。プロジェクトが削除されても、SkyDesk Projectsからは削除されません。SkyDesk CRMからのみ、削除されます。

    プロジェクトを削除するには

    1. 取引先/連絡先/商談タブのいずれかをクリックし、データを選択します。
    2. 選択したタブのデータの詳細 ページで、SkyDesk Projectsの関連リストに移動します。
      関連するプロジェクトのプロジェクト名/プロジェクトのステータス/プロジェクトの詳細/進捗状況が、表示されています。
    3. 該当するプロジェクトの削除リンクをクリックします。

    プロジェクトのグループを作成する

    プロジェクトのグループは、新しいプロジェクトを作成/既存プロジェクトを編集している時に、作成できます。プロジェクトのグループは、SkyDesk CRMのProjectsタブに作成されます。

    SkyDesk CRMにプロジェクトのグループを作成するには

    1. プロジェクトタブをクリックします。
    2. 左側のプロジェクトをクリックします。
    3. 新しいプロジェクトをクリックします。
    4. グループ名項目で、追加+)アイコンをクリックします。
      新しいプロジェクトのグループ名を入力します。
    5. グループの追加をクリックします。
      新しいプロジェクトのグループが作成されました。既存または新しいプロジェクトに関連付けることができます。

    連絡先に対してプロジェクトを作成する

    SkyDesk CRMでは、連絡先が取引先に関連付けられていなくても連絡先 タブに対してプロジェクトを作成できます。つまり、プロジェクトを作成するために、連絡先に必ずしも取引先が関連付けられている必要はなくなりました。連絡先に対してプロジェクトを作成する際に、取引先のないプロジェクトを作成して進めるかどうか求められます。ただし、プロジェクトを作成する場合に、次の点に注意する必要があります。

    • プロジェクトを作成した後に、連絡先 は、SkyDesk Projectsで顧客としてみなされます。
    • 連絡先は、SkyDesk Projectsでダミーの顧客として作成され、すべてのプロジェクトがこの顧客に関連付けられます。ただし、SkyDesk CRMには取引先が作成されません。例えば、連絡先のメールアドレスが「patricia@zylker.com」の場合には、「Patricia」という名前のダミーの顧客が、SkyDesk Projectsに作成されます。この連絡先に対して作成されるすべてのプロジェクトが、顧客「Patricia」の下に直接移動されます。 
    • 将来的に連絡先が取引先と関連付けられた場合には、取引先は、SkyDesk Projectsで顧客の組織とマージされ、顧客の組織名は、新しい取引先名で更新されます。例えば、Patriciaが「Zylker」という名前の取引先に関連付けられるとします。SkyDesk Projectsでは、「Patricia」という名前は、「Zylker」に置換されます。
    • 複数の連絡先に関連付けられている取引先に対しては、プロジェクトを作成できません。これは、SkyDesk Projectsで顧客をマージする際に不一致が生じるためです。 
    • 取引先がすでにSkyDesk Projectsにある顧客の組織で、かつ連絡先に関連付けらている場合には、顧客をマージする際に不一致が生じるため、プロジェクトを作成しようとするとエラーになります。

    SkyDesk CRMで、連絡先に対して新しいプロジェクトを作成するには

    1. 連絡先 タブに移動し、データ を選択します。
    2. データの関連リストで、SkyDesk Projects > 新しいプロジェクトをクリックします。
    3. ポップアップで、はい、続けますをクリックします。 
    4. フォームに、プロジェクトの詳細を入力します。
    5. 保存をクリックします。

    プロジェクトタブにアクセスする

    SkyDesk ProjectsとSkyDesk CRMの連携は、商談を受注した後、プロジェクトの作成やCRMのユーザーの割り当てを簡単に行うことを目的としています。SkyDesk Projectsからプロジェクト情報すべてがSkyDesk CRMにプッシュされ、プロジェクトタブに表示されます。機能は、SkyDesk Projectsと同じです。SkyDesk Projectsでの操作と同様に、SkyDesk CRMからすべてのタスクや活動を実行できます。SkyDesk Projects ヘルプも参照してください。

    • プロジェクトタブをクリックすると、SkyDesk Projectsの情報が読み込まれ、SkyDesk Projectsアカウントのフィードセクションが表示されます。各SkyDesk Projectsアカウントのフィード セクションに移動します。
    • 取引先/連絡先/商談タブのデータの詳細 ページでプロジェクトをクリックすると、そのプロジェクトのダッシュボードが表示されます。

    SkyDesk CRMから、プロジェクトの新しいタスクを作成する

    連絡先/取引先/商談タブのデータの詳細ページから、プロジェクトに新しいタスクを簡単に作成できます。SkyDesk CRMで作成されたこのタスクは、SkyDesk Projectsと同期可能です。SkyDesk Projectsでタスクの追加権限があるユーザーは、SkyDesk CRMからタスクの作成/同期のみ、実行可能です。

    新しいタスクを作成するには

    1. 選択したタブのデータの詳細 ページで、未完了の活動関連リストにある新しいタスクをクリックします。
    2. 必要な詳細情報を入力し、SkyDesk Projectsに保存して追加)をクリックします。

      SkyDesk Projectsに保存して追加ボタンが表示されない場合には、選択したデータにプロジェクトがないことを意味しています。
    3. SkyDesk Projectsに追加 ポップアップで、タスクを追加したいプロジェクトを選択します。
      ユーザーが参加しているプロジェクトだけが、表示されます。

      また、SkyDesk Projectsのアカウントとのタスクの同期や、SkyDesk Projectsへのタスクの直接追加も可能です。SkyDesk CRMで作成されたタスクがSkyDesk Projectsのアカウントと確実に同期するように、同期アイコンは、未完了の活動リストと一緒に表示されます。

      タスクの項目は関連付けられ、タスク関連のメモも同期されます。
      項目の関連付け
      CRMの項目 Projectsの項目
      件名 タスクの件名
      タスク担当者 タスクの割り当て者
      期限 - 開始日(現在の日付)
      - 終了日(終了日は、CRMと同期されるだけです)
      ステータス
      - 完了
      - 開始前

      完了
      - 完了は、SkyDesk Projectsで100%として関連付けされます。
      - 開始前は、0%に設定されます。

       

      メモ コメント(CRMのメモの内容は、お使いのProjectsのアカウントでコメントとして関連付けされ、メモの件名は同期されません。)
      説明 説明
      優先度
      - 高、最優先
      - 低、最低
      - 普通
      優先度
      - 高
      - 低
      - 中
    4. 保存をクリックします。
      選択したプロジェクトに、タスクが追加されます。

    メモ

    • 対象データがどのプロジェクトにも関連付けられていない場合には、タスクをプロジェクトに関連付けできません。
    • この機能は現在、日本語設定で作成したアカウントでは、ご利用いただけません。元々、SkyDesk CRMで作成されたタスクにSkyDesk Projectsからコメントする場合、このコメントは、関連付けられているSkyDesk CRMの連絡先/取引先/商談に、メモとして追加されます。
    • SkyDesk Projectsから割り当てたタスクの担当者が、SkyDesk CRMのユーザーでない場合には、CRMにタスクを作成した担当者が、自動的に担当者として割り当てられます。ただし、SkyDesk CRMから割り当てたタスクの担当者が、SkyDesk Projectsのユーザーでない場合には、Projectsのアカウントではタスクが割り当てなしのままになります。
    • SkyDesk CRMのごみ箱から復元されたタスクは、SkyDesk Projectsでは新しいタスクとして処理されます。これは、SkyDesk Projectsがごみ箱をサポートしていないためです。
    • SkyDesk Projectsとの連携がSkyDesk CRMで無効化された場合には、すべてのタスク/メモの同期も削除されます。
    • 終了日(SkyDesk CRMでのタスクの終了日)項目は、SkyDesk CRMと同期されるだけです。
    • メモの件名は、SkyDesk Projectsと同期されません。
    • SkyDesk CRMとSkyDesk Projectsには独自のリマインダー/添付ファイル項目がないため、リマインダー/添付ファイル項目は同期されません。
    • 繰り返すタスクは、SkyDesk Projectsにプッシュされません。

    タスク/マイルストーン/課題を表示する

    プロジェクトに関連付けられているタスク/マイルストーン/課題は、SkyDesk ProjectsからSkyDesk CRMにプッシュされます。SkyDesk では、取引先/連絡先/商談タブのデータの詳細 ページで、この情報を確認できます。SkyDesk CRMから、タスクやマイルストーンの追加も可能です。

    タスク/マイルストーン/課題を確認するには

    1. 対象タブで、任意のデータの詳細 ページへ移動します。
    2. SkyDesk Projects セクションで、 プロジェクトに追加したい情報に応じて、タスク/課題の進捗状況バーをクリックします。
    3. ポップアップウィンドウで、新しいタスク/課題を追加します。
      SkyDesk projects ヘルプも参照してください。

    ページトップへ