一部サービス終了のお知らせ  ⁄  End of Some Services
CRM ヘルプ

このページには、終了したSkyDeskサービスに関する説明が記載されておりますので、ご注意ください。

Projects 連携の設定

コンテンツ一覧

SkyDesk Projects 連携の有効化

連携を有効化するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、SkyDesk CRMにサインインします。
  2. 設定 アイコン) > 設定 > 拡張機能 & API > SkyDesk > SkyDesk Projectsをクリックします。
  3. SkyDesk Projects 連携 ページで今すぐ開始をクリックします。
    無料プランのユーザーは、15日間この機能をお試しいただけます。

CRMアカウントでのSkyDesk Projects連携の設定手順は2つです。

  • ポータルの設定
  • クライアントと取引先の関連付け

ポータルの設定

この手順では次の2つを設定します。

  1. SkyDesk Projects のポータル - SkyDesk Projectsのポータルとは、全プロジェクトが管理され、すべてのプロジェクトにアクセスができる中心となる場所です。この連携設定で、SkyDesk Projectsからポータルを一つ設定できます。連携によって、選択したポータルに関連付けられているすべてのプロジェクトがSkyDesk CRM内にプッシュされ、SkyDesk CRM内から管理が可能になります。ポータルの設定では3つのケースが考えられます。
    • 自分のSkyDesk Projectsのポータルを設定
    • 他のユーザーのポータルを設定
    • SkyDesk Projectsでポータルを作成
  2. SkyDesk CRM ユーザーの権限 - SkyDesk CRMユーザーの権限に基づいて、すべてのユーザーに権限を設定する必要があります。権限を設定すると、各権限のすべてのCRMユーザーが、自動的にSkyDesk Projectsにプッシュされます。ProjectsにプッシュされるSkyDesk CRMのユーザーの役割は、初期設定で「一般ユーザー」 に設定されます。この連携前にCRMユーザーがSkyDesk Projectsに存在する場合、役割は変更されずそのままです。

ケース1:自分のSkyDesk Projectsのポータルを設定

自分のポータルを設定するには

  1. 設定 アイコン) > 設定 > 拡張機能 & API > SkyDesk > SkyDesk Projectsをクリックします。
  2. SkyDesk Projects 連携 ページで、 ポータルを選択してくださいの選択項目にあなたのポータルがすべて表示されます。
  3. リストから希望のポータルを選択します。

ケース 2:他のユーザーのポータルを設定

他のユーザーのポータルを設定するには

  1. 他のユーザーのポータルを設定リンクをクリックします。
  2. ポータルのZSC キーキーを作成したメールアドレスを入力します。ZSC キーとはSkyDesk サービスコミュニケーションキーのことです。
  3. 選択リスト項目からポータルを選択します。指定したメールアドレスに紐付いているすべてのポータルが表示されます。

SkyDesk ProjectsでZSCキーを作成するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、SkyDesk Projectsにサインインします。
  2. 設定 アイコン) > 設定 > 拡張機能 & API > API > SkyDesk サービスコミュニケーション(ZSC)キーをクリックします。ZSCキーと関連付けされたメールアドレスが表示されます。
  3. SkyDesk Projectsとの連携の設定で必要になったときはコピー& ペーストして使用します。

ケース 3:SkyDesk Projectsのポータルを作成

まだポータルがない場合は、SkyDesk CRMから新しいポータルを作成できます。

  1. SkyDesk CRMのポータルの設定 で、新しいポータルの作成をクリックします。
  2. ポータル名を入力します。
  3. 作成をクリックします。
  4. ドロップダウンリストからポータルを選択して保存をクリックします。

    新しいポータルが作成され、SkyDesk CRMと連携します。

SkyDesk CRM ユーザーの権限設定

権限を設定するには

  1. 各権限のチェックボックスを選択して、タブの表示表示作成編集削除の許可をCRMユーザーに設定します。
  2. 保存をクリックします。
    今後権限を変更する場合は、設定の編集リンクから変更が可能です。

クライアントと取引先の関連付け

クライアントと取引先の関連付けは、連携の一部として提供されているオプションです。この手順では、SkyDesk CRMはクライアント(SkyDesk Projects内)と取引先(SkyDesk CRM内)の間で一致するものを検索します。一致するものがあると、クライアントに分類されているプロジェクトが、自動的にSkyDesk CRM内の取引先に関連付けられるため、時間と手間を省くことができます。

クライアントのプロジェクトを取引先に自動的に関連付けたい場合は、はい、一致するデータに関連付けますをクリックします。データは関連付けられ、データを関連付けたことや関連付けを外したというメールが、理由付きで管理者に送信されます。

このオプションを使用しない場合は、いいえ、スキップしますをクリックして、あとで手動でデータを関連付けます。

メモ

  • クライアントと取引先の関連付けを自動的に行えるのは一度だけです。この手順をスキップすると、Projectsのポータルを無効化して再度SkyDesk CRMに関連付けをしない限り、自動的にクライアントと取引先を関連付ける手順に戻ることはできません
  • クライアントと取引先の関連付けでは、クライアントユーザー(SkyDesk Projects内)と連絡先(SkyDesk CRM内)の関連付けも行います。この関連付けはバックグラウンドで行われており、連携中にユーザーに表示されることはありません。しかし、関連付けの最後に、SkyDeskProjectsのプロジェクトに表示されるクライアントユーザーは、SkyDesk CRM内でそのプロジェクトに関連付けられた連絡先となります。

ユーザーとユーザー権限の管理

CRMユーザーの権限をいつでも変更できます。

権限を変更するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、SkyDesk CRMにサインインします。
  2. 設定 アイコン) > 設定 > 拡張機能 & API > SkyDesk > SkyDesk Projectsをクリックします。
  3. SkyDesk Projects 連携 ページで、設定の編集リンクをクリックします。
  4. 必要に応じて各権限のタブの表示表示作成編集削除チェックボックスを選択または解除します。
  5. 保存をクリックします。

SkyDesk ProjectsのZSCキーの更新

以下に当てはまる場合は、SkyDesk ProjectsのZSCキーを更新する必要があります。

  1. SkyDesk Projectsのポータルのオーナーを変更したいとき
  2. セキュリティの理由により、SkyDesk ProjectsのZSCキーの再生成をするとき

いずれの場合においてもZSC キーを更新しない場合、SKyDesk CRMとSkyDesk Projectsの連携は機能しません。次のメッセージがデータの詳細ページのSkyDesk Projects関連リストに表示されます。このような場合にはSkyDesk CRM で新しいZSC キーを更新しなければなりません。

SkyDesk Projects のZSC キーを更新するには

  1. 設定 アイコン) > 設定 > 拡張機能 & API > SkyDesk > SkyDesk Projectsをクリックします。
  2. SkyDesk Projects 連携 ページで、新しいZSC キーと関連付けられているメールアドレスを入力します。
  3. 保存をクリックします。連携がリフレッシュされ、引き続きSkyDesk CRMからプロジェクトで作業ができます。

SkyDesk Projects 連携の無効化

SkyDesk CRMの管理者は、CRMアカウントのSkyDesk Projects連携を無効化できます。無効化にすると以下のことが起こります。

  • SkyDesk CRMのProjectsタブが削除されます。
  • SkyDesk CRM に追加したすべてのポータルとプロジェクトはSkyDesk CRM アカウントから関連付けが解除されます。ユーザーはSkyDesk Projectsアカウントから引き続きプロジェクトにアクセスできます。
  • 管理者権限を持つユーザーであれば誰でもポータルを無効化し、別のポータルをSkyDesk CRMアカウントに関連付けることができます。

SkyDesk Projects 連携を無効化するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、SkyDesk CRMにサインインします。
  2. 設定 アイコン) > 設定 > 拡張機能 & API > SkyDesk > SkyDesk Projectsをクリックします。
  3. SkyDesk Projects ページで、SkyDesk Projectsを無効にするをクリックします。

関連リンク

概要 | 使用方法 | SkyDesk Projectsの役割と権限を理解する

ページトップへ