一部サービス終了のお知らせ  ⁄  End of Some Services
CRM ヘルプ

このページには、終了したSkyDeskサービスに関する説明が記載されておりますので、ご注意ください。

メールの送受信

SkyDesk Mailオプションを使ったメール機能は、通常のSkyDesk CRMのメール機能とは一味違います。 SkyDesk Mail オプションで、見込み客、連絡先、商談タブからメールを送信できます。連絡先とやりとりをするのに別のメールクライアントを立ち上げる必要はありません。SkyDesk Mail オプションで、お好みのメールクライアントをSkyDesk CRMと連携でき、すべてのコミュニケーションをSkyDesk CRM内で完結できます。

送信メールの上限数

SkyDesk CRMでは、一括メールまたは個別メールを送信できます。以下はあなたのCRMアカウントのプランに基づいたメール送信の上限数です。

個別のメール送信

組織の上限数は、アカウント内の認証済みで現在有効なユーザー数に基づいて計算されます。

  • 無料プラン - 4ユーザーまでは、50 x 認証済みで有効なユーザー数(1組織1日あたり) です。 5ユーザー以上のアカウントの上限は200通(1組織1日あたり)です。午前0時から午後11時59分(日本標準時間)までを1日とカウントします。
    例えば、組織のアカウントに2人の有効で認証済みのユーザーがいるとします。その場合、1人のユーザーが組織のアカウントから1日に送信できる個人メールの合計数は、100通(50 x 2)です。6人(または4人を超える数)の有効で認証済みのユーザーの場合、4人を超えると上限は固定されるため、送信できる個人メールの合計数は200通です。
  • 有料プラン - 300 x 認証済みで現在有効なユーザー数/日/組織。午前0時から午後11時59分(日本標準時間)を1日とカウントします。例えば、組織のアカウントに5人の有効で認証済みのユーザーがいるとします。1人のユーザーが組織のアカウントから1日に送信できる個人メールの合計数は、1500通(300 x 5)です。

一括メール送信

  • ご利用のSkyDesk CRMのプランにより、一括メール送信を使用できます。午前0時から午後11時59分(日本標準時間)までを1日とカウントし、メールの数を計算します。
  • 一括送信メールの数/日/組織には自動メール送信、有効な一括メール送信のスケジュールマクロ一括メール送信が含まれます。
  • 追加金額のお支払いにより、一括メール送信の制限を日/組織ごとに2250通まで増やすことができます。ご希望の方は、skydesk-support@fujixerox.co.jpにお問い合わせください。

メールの送信

見込み客、連絡先または商談のタブから

  1. [タブ]をクリックします。
    タブとは見込み客、連絡先、取引先などです。
  2. [タブ]のホームページで、一覧 からデータをクリックします。
  3. データの詳細 ページでメールの関連リストに移動し、メール送信をクリックします。
  4. メールの作成 ページで、メールの内容、添付ファイル、CCやBCCに追加するメールアドレスなどを入力します。
  5. 送信をクリックします。
    メールが受信者に送信され、メールのコピーがメール関連リスト、SkyDesk Mail、および設定したメールクライアントの送信済みフォルダーに保存されます。添付の上限も参照してください。

メールのタブから

メールタブは、あなたのCRMアカウントにMailオプションがある場合のみ表示されます。

  1. メールタブをクリックします。
  2. 左パネルの作成をクリックします。
    宛先を入力する際、名前の最初の3文字を指定することで、CRMの見込み客と連絡先から検索ができます。
    SkyDesk Mail オプションを使用してメールを送信する場合の添付の上限は、10MBです(どのCRMプランでも適用されます)。添付の上限も参照してください。

他は、通常のメールの処理と同じです。作成画面は、編集やフォーマットのオプションのセットを備えた他のメールエディターと同様です。送信ボックスを設定してあると、メールは数分の間隔の後に送信されます。

Gmailのアカウントから

わずか数ステップの設定で、Gmailのアカウントからメールを送信し、SkyDesk CRMに加えてSkyDesk Mailでも送信済みアイテムとして表示することができます。
使用しているGmailのアカウントでこのオプションを機能させるには、以下のようにSkyDesk MailフィルタをGmail POPアカウント用に設定します。

  1. SkyDesk Mailにサインインし、設定 > メールの管理 > フィルター > フィルターの追加をクリックします。
  2. フィルターの追加 ページで、次の設定をします。
    • フィルター名を追加します。
    • メッセージの条件で、[差出人] [が次と等しい] [<自分のGmailユーザー名>@gmail.com]と設定します。
    • [フォルダーに移動]で[送信済みメール]を選択します。
    • 保存をクリックします。

メモ

  • 上記のオプションが機能するのは、GmailとSkyDesk CRMを連携させている場合に限ります。

不達メール

メールが戻ってきてしまい、受信者に届かない理由はいくつかあります。それらは、ハードバウンスとソフトバウンスに分けられます。ソフトバウンスの場合、メールが受信者に届かない理由は一時的なものです。次のいずれかの理由の場合があります。

  • 受信者のメールボックスがいっぱい
  • メッセージのサイズが大きい
  • 受信者側のサーバーがダウンしている

ハードバウンスの場合、メールアドレスが有効でないことが最も多い理由です。有効なメールアドレスでもハードバウンスとなる他の理由は次の場合があります。

  • 受信者のメールサーバーでメールの配信がブロックされている
  • 受信者がメーリングリストの登録を解除した

SkyDesk CRMからメールを送信する際に、「メールアドレスが存在しません」というアラートメッセージが表示された場合は、ハードバウンスとなり、同じメールアドレスへのメール送信ができない可能性があります。 

メールの予約

多数の顧客が、あなたとは異なるタイムゾーンにいるとします。または、ある日の遅くに重要な会議があり、特定の時間までメールをチェックする時間が取れないとします。このような場合に、CRMでメールを簡単に予約でき、適切な時間にメールを送信できるようにシステムに設定しましょう。SkyDesk CRMで用意している予約オプションは、次の2種類です。

  • 予約の初期設定オプション(今日/明日)
  • カスタム設定

メールを予約するには

  1. 任意のタブに移動します。
    メール予約が可能なのは、見込み客/連絡先のタブおよびその他のカスタムタブです。
  2. データを選択し、メールの送信をクリックします。
  3. メールの作成 画面で、メールの予約アイコンをクリックします。
  4. 以下の時間に設定 ポップアップ画面で、以下のオプションから時間を選択できます。
    • 初期設定オプション:「今日の夕方、18:00」などのように、事前に設定されているオプションが表示されます。
    • カスタム設定:特定の日付/時刻/タイムゾーンを選択できます。
  5. 予定をクリックします。
    メールは、選択に応じて予約されます。また、データのメール関連リスト にも表示されます。予約済み/配信済みなどの場合に、メールの状況を確認できます。
    予約した時間より前であれば、メールを表示/編集できます。編集をクリックすると、メールの作成画面が表示され、変更/再予約、またはチェックボックスのチェックを外してすぐにメールを送信することも可能です。関連リストから削除することで、予約済みのメールをキャンセルすることも可能です。メールを予約したユーザーだけが、送信前に必要に応じて編集/削除できます。権限を共有しているユーザーは、メールの表示のみ可能です。

メモ

  • メールを予約するには、メールの送信権限が必要になります。

SkyDesk Docsからの添付

メールタブまたはタブ内のデータからの、2つの方法でメールを送信できます。メールを送信する際に、ローカルドライブ、SkyDesk Docs、およびGoogle Docsからファイルを添付できます。メールを送信できるのは、見込み客、連絡先、商談、発注書、受注書、見積書、および請求書タブに限られますのでご注意ください。

SkyDesk Docsからファイルを添付するには

  1. [タブ]をクリックします。
    タブとは見込み客、連絡先、取引先などを指します。
  2. タブのホーム ページで、データを選択します。
  3. データの詳細 ページの メールの関連リスト で、メール送信をクリックします。
  4. メールの作成 ページで、ファイルを添付するオプションを選択します。

メモ

  • SkyDesk Docs からのファイルを添付するにはSkyDesk Mail オプションの設定が必要です。
  • 無料プランでは、3MBまで添付できます。
  • プロフェッショナルおよびエンタープライズプランでは合計で最大10MBまで添付できます。
  • いずれのプランでも、SkyDesk Mailオプションユーザーは合計で最大10MBまで添付できます。
  • ひとつのメールにSkyDesk Docsから最大5件の添付が可能です。

メールの受信

メールを受信すると、SkyDeskのメールサーバーはそのメールをSkyDeskのメールボックスに取り込みます。同じメールがSkyDesk CRMに取り込まれます。特定の見込み客、連絡先、商談に関する受信メールは、それぞれ見込み客、連絡先、商談のページのメールセクションに表示されます。商談ページのメールセクションには、連絡先に登録されたメインのメールアドレスに関連付けられたものが表示されます。

重要事項:

  • SkyDesk Mail オプションをデータ別の共有に設定した場合は、見込み客、連絡先、商談それぞれの共有設定を有効にしなければなりません。
  • あなたのSkyDesk Mailが非公開で設定されていても、他のユーザーが有効にしているメールを見ることができます。
  • メールアドレスが登録されていない見込み客、連絡先、商談にはメールは表示されません。
  • 見込み客または連絡先のメールアドレスを変更すると、新しいメールアドレスへのメールだけが取り込まれます。以前のメールアドレスへのメールは、CRMで閲覧できません。
  • メールボックス(SkyDesk CRM用に設定されたメールアドレス)を変更すると、以前のメールボックスのメールは表示されなくなりますが、それらのメールはSkyDesk Mailで閲覧できます。
  • 無効化されたユーザー宛てのメールは、見込み客、連絡先、商談ページには表示されませんが、個人のメールアカウントで閲覧できます。
  • 特定の連絡先のメールを検索するとき、あなたのアカウントから保存されたメールも表示されます。

ページトップへ