サマリー

概要

サマリーレポートは、下記のように各レコードの詳細を表示します。レコードは行にまとめられています。

サマリーレポートの作成

  1. 新しく作成 -> レポートを選択します。新しいレポートを作成するダイアログが表示されます。
  2. レポート の種類 に[サマリー]を選択します。
  3. レポート名を指定します。レポート名はレポートのヘッダーに表示される名前で、リンク名はレポートにアクセスする際のURLに表示される名前です。例えば、レポートの名前が「Summary Report 」の場合、レポートのリンクも「http://creator.skydesk.jp/sampleapp/summary-report/#View:Summary_report」になります。リンク名はDeluge スクリプトにも内部的に使用されます。
  4. 新しく作成されるレポートに基づいて、フォームを選択します。
  5. レポートの配置場所:ライブモードで表示される既存のフォームやレポートの配下にセクションを作成する場合、すべての既存のセクションがここに表示されます。新しいレポートを配置する場所を選択します。セクションが作成されていないと、レポートは[ホーム]の下に配置されます。詳細は、レイアウト を参照してください。
  6. [作成]をクリックしてレポートを作成します。新しいレポートがサマリーとして下記のように表示されます。
  7. このレポートのために必要な設定を左のメニューから実施します。各詳細については、下記に説明します。
  • 表示のプロパティ:レポートの種類と1ページのレコード数、1行の表示数を表示します。さらに詳しく
  • 列のプロパティ: 列の表示の管理 ができます。また、ここで列の表示名の変更ができます。
  • 列の幅の設定: 列の幅をパーセント、またはピクセルで指定できます。さらに詳しく
  • フィルターの設定:フィルターは、レポートの中から特定の入力だけを選択して、表示させる条件の名前です。さらに詳しく
  • アクセス権限:アプリのオーナーから権限を付与された場合に限り、ユーザーは、レポートのレコードの追加、編集、削除ができます。さらに詳しく

レコードの追加、編集、削除

アプリのオーナーは、サマリーからレコードの追加、編集、削除ができます。アプリのオーナーによってアクセス権を付与されている場合に限り、共有ユーザーは、レコードの追加、編集、削除ができます。

  • 新しいレコードを追加するには、左上の+(追加アイコンをクリックします。フォームに新しいレコードを追加する[レコードの追加]ダイアログが表示されます。
  • 編集するには、レコードヘッダーにある[編集]アイコンをクリックします。[レコードの編集]ダイアログは現在の値のレコードを表示します。値を編集するには、[Update]ボタンをクリックします。
  • 既存のレコードを削除するには、レコードのヘッダーから[削除]をクリックします。SkyDesk Creator は、実際にレコードを削除する前に、確認ダイアログを表示します。[OK]をクリックしてレコードを削除します。または、[Cancel]をクリックして元のビューに戻ります。

サマリーの管理

サマリーを作成すると、自分のディスプレイに表示するサマリーの管理が簡単になります。

アプリのオーナーとユーザーができること

  • レポートの表示形式を変更します。
  • 異なる形式でデータをエクスポートします。
  • レポートの列を表示/非表示にします。
  • 新しいレポートとして変更を保存して、カスタマイズレポートを作成します。
  • データを印刷します。

上記のアクションに加えて、アプリのオーナーは以下を実施できます。

  • レポートにデータをインポートします。
  • レポートのパーマリンクを取得します。
  • Webサイトやブログにレポートを組み込みます。

これらはすべて、画面に表示されているサマリーから実施できます。アプリのオーナーは、これらを変更するために[レポートタブ]に戻る必要はありません。レポートの種類の変更や、条件設定など他の機能を編集するには、レポートtタブから変更が必要です。共有ユーザーは、新しいレポートとして変更を保存することで、カスタマイズレポートを作成できます。さらに詳しく