スプレッドシート

概要

スプレッドシートレポートは、データの閲覧、セルで列や行の調整ができます。グリッドと同様ですが、項目が実際のデータに合わせられるため、より使いやすくなっています。このため、クリックせずに項目全体のデータを見ることができます。スプレッドシートのレポートには下記の機能があります。

  • データの簡単編集
  • データの切り取り/コピー/ペースト
  • データの置き換え
  • 取り消し/再実行
  • データのオートフィル

データの追加編集削除機能は、アプリのオーナーからこのレポートの編集権限を付与されている場合にのみ表示されます。スプレッドシートは、 グループの設定、カスタムアクション、レコードのサマリーや列の幅の設定には対応していません。

メモ:

  • クライアント側で、 Delugeスクリプトがフォームに設定されている場合、スプレッドシートはサポートされません。(例) 編集時 -> 読込時スクリプト ((または) )ユーザー入力時 スクリプト

スプレッドシートの作成

  1. 新しく作成 -> レポートを選択します。新しいレポートを作成するダイアログが表示されます。
  2. レポート名 を指定します。レポート名はレポートのヘッダーに表示される名前で、リンク名はレポートにアクセスする際にURLに表示される名前です。
  3. レポートの種類に[スプレッドシート]を選択します。
  4. 新しく作成されるレポートに基づいて、フォームを選択します。
  5. レポートの配置場所:ライブモードで表示される既存のフォームやレポートの配下にセクションを作成する場合、すべての既存のセクションがここに表示されます。新しいレポートを配置する場所を選択します。セクションが作成されていないと、レポートは[ホーム]の下に配置されます。
  6. [作成 または カスタマイズ]をクリックして、スプレッドシートを作成します。新しいレポートは、スプレッドシートとして、下記のように表示されます。左のメニューから、このレポートに必要な設定ができます。各詳細については、下記に説明します。
  • 表示のプロパティ:レポートの種類と、ページごとのレコード数を設定できます。さらに詳しく
  • 列のプロパティ: 列の表示の管理 ができます。また、ここで列の表示名の変更ができます。
  • 条件の設定:特別なレポートを作成する条件を設定できます。さらに詳しく
  • フィルターの設定: フィルターは、レポートの中から特定の入力だけを選択して、表示させる条件の名前です。さらに詳しく
  • 並べ替え: デフォルトでは、スプレッドシートは追加されたレコード順に表示します。(例) 最近のレコードは、一番上に表示されます。必要なレポートを表示するために、特定の列のレコードを昇順、降順に並べ替えできます。さらに詳しく
  • アクセス権限:アプリのオーナーから権限を付与された場合に限り、ユーザーは、レポートのレコードの追加、編集、削除ができます。さらに詳しく
  • スプレッドシートのでレコードを参照するには、 [このアプリケーションにアクセス]ボタンをクリックして、表示するスプレッドシートを選択します。例えば、上記で作成したスプレッドシートを選択します。レポートは表計算シートの形式でレコードを表示します。

製品、販売日、利益に沿った数量でグループ化して売り上げを表示したスプレッドシート

長いスプレッドシートのナビゲーション

ビューのヘッダーにあるナビゲーションリンクを使うと、多数のレコードを持つスプレッドシートのナビゲートが簡単にできます。1ページに表示するレコード数も指定できます。レコード数リンクを選択すると、レポートの合計レコード数が表示されます。スプレッドシートのレコードを前に移動するには、右向きの矢印をクリックします。後ろに移動するには、左向きの矢印をクリックします。

スプレッドシートレポートの管理

スプレッドシートを作成すると、自分のディスプレイに表示するスプレッドシートの管理が簡単になります。レポートタブを開く必要はありません。

    • フィルターしたレコードの閲覧ができます。
    • レポートの検索ができます。
    • レポートの表示形式を変更します。
    • 新しいレポートとして変更を保存して、カスタマイズレポートを作成します。
    • 異なる形式でデータをエクスポートします。
    • データを印刷します。

    上記のアクションに加えて、アプリのオーナーは以下を実施できます。

      • レポートにデータをインポートします。
      • レポートのパーマリンクを取得します。
      • Webサイトやブログにレポートを組み込みます。

      これらはすべて、スプレッドシートから実行できます。共有ユーザーは、新しいレポートとして変更を保存することで、カスタマイズレポートを作成できます。さらに詳しく

      キーボードのショートカット

      下記のようなキーボードのショートカットを利用して、スプレッドシートで様々な操作が可能です。

      操作 ショートカット
      項目のデータの切り取り Ctrl + X (Mac:Cmd + X)
      項目にデータをコピー Ctrl + C (Mac:Cmd + C)
      項目にデータを貼り付け Ctrl + V (Mac:Cmd + V)
      最後の操作を取り消す Ctrl + Z (Mac:Cmd + Z)
      最後の操作をやり直す Ctrl + Y (Mac:Cmd + Y)
      セルの編集 F2 または Enter (Mac:Fn + F2)
      保存 Ctrl + S (このコマンドは保存ボタンが有効な場合のみ)
      セルの入力のキャンセル Escキー
      選択したセルの削除 削除
      行で次のセルに移動 タブ
      行で前のセルに移動 Shift + Tab
      行の開始に移動 Home (Mac:Fn + 左向きの矢印
      行の最後に移動 End (Mac:Fn + 右向きの矢印)
      スプレッドシート全体を選択 Ctrl + A (Mac:Cmd + A )
      オプションを開く Enter
      ナビゲート キーUp /キーDown
      オプションの選択 Enter / スペース
      オプションを閉じる Tab / Escキー

      マウスの操作

      データのオートフィル - 項目にあるデータは、行や列に沿って連続した項目で、ドラッグやコピーができます。これを実施するには、下記のようにカーソルを合わせます。クリックしながら、列、または行に沿ってカーソルをドラッグし、クリックを放すと他の項目に同じデータをオートフィルします。下記の例では、カーソルが[Inv.No]列に沿ってドラッグされると、[Inv.No]のすべての項目に「22」が入力されます。

      • ダブルクリックで、単数選択/ 複数選択 / SkyDesk CRMの項目を編集します。
      • 日付/ 日時の項目は、シングルクリックです。
      • 項目の右クリックは、データの置き換えやレコードを削除します。