アクセス権限の設定

概要

アプリのオーナーは、公開アプリや、非公開アプリの共有ユーザーに3段階のアクセス件を付与できます。ユーザーは、アプリのオーナーによってアクセス権を与えられている場合に限り、レポートでレコードの追加編集削除ができます。アプリを共有するためにユーザーを招待するには、共有を参照してください。

アクセス権限の設定

アクセス権を設定するには、

  1. アプリケーションの編集モードで、レポートタブから、レポートを選択します。
  2. [レポートの設定]ダイアログで、アクセス権限をクリックします。
  3. 下記のように、ユーザーに付与するアクセス権のチェックボックスを選択します。

レコードの追加

[レコードの追加]を選択してレポートを作成すると、このレポートへのレコードの追加が、共有ユーザーに許可されます。(例)新しいレコードを追加する[追加]ボタンがレポートに表示されます。

レコードの複製

レコードを追加するアクセス権が提供されていると、[レコードの複製]も表示されます。このオプションを選択すると、アプリ内の既存のレコードの複製が、共有ユーザーに許可されます。レコードが選択されている場合のみ、レポートに[複製]ボタンが表示されます。

レコードの編集

[レコードの編集] を選択してレポートを作成すると、レポートの既存のレコードの編集が、共有ユーザーに許可されます。(例)[編集]ボタンがレポートに表示されます。ユーザーの編集権限をフォーム内のすべての項目、または、レポートに表示されている項目のみから選択できます。

ユーザーにすべての項目の編集を許可

レポートでの表示、非表示に関係なく、 ユーザーにフォームの項目の編集を許可します。

ユーザーに表示項目の編集のみ許可

ユーザーに、レポートに表示されている項目の編集のみ許可します。(例)これらの項目が、レポートの 列のプロパティに[表示] として設定されている場合に限り、レコードの編集フォームが表示されます。このオプションが選択されていると、すべての[ユーザー入力時] スクリプトと[編集時 -> 読込時]スクリプトは実行されません。

レコードの一括編集

既存のレコードを編集する権限が与えられていると、[一括編集]が表示されます。同じ値を持つ複数のレコードの編集を共有のユーザーに有効にできます。レコードが選択されている場合のみ、レポートに[一括編集]ボタンが表示されます。ユーザーに付与する一括編集の権限は、フォームのすべての項目、またはレコードに表示されている項目のみから選択できます。

レコードの削除

[レコードの削除]を選択してビューを作成すると、ユーザーはレポートの既存のレコードを削除できるようになります。(例) [削除]ボタンが共有ユーザーに有効になります。レコードが選択されていると、 レポートに[削除]ボタンが表示されます。

                                          すべてのアクセス権限を持つレポートの画面

メモ:

  • SkyDesk Creatorは自動的に、いつ、誰によってレコードが追加、編集されているか詳細を管理します。詳細は、ユーザー名と時間の表示を参照してください。
  • レポートを右クリックして、編集、削除、複製などのアクションを実行することもできます。