レポートの設定

レポートの設定ページでは、既存のレポートの種類やプロパティの変更、列のプロパティの設定条件とフィルターの設定条件に基づいたレコードのグループ化アクセス権限カスタムアクションの設定カスタムレコードのサマリーページの作成などができます。

  • 表示タイプとプロパティの変更:レポートの種類とページごとの表示レコード数を変更できます。さらに詳しく
  • 列のプロパティ列の表示の管理 ができます。また、ここで列の表示名の変更 ができます。
  • 列の幅の設定: 列の幅をパーセント、またはピクセルで指定できます。さらに詳しく
  • 条件の追加:特別なレポートのビューを作成する条件を設定できます。さらに詳しく
  • フィルター:フィルターは、レポートの中から特定の入力だけを選択して、表示させる条件の名前です。さらに詳しく
  • グループ化:ビューの特定の項目に基づいて、データをグループ化できます。グループ化は、一覧にサブリストを作成します。さらに詳しく
  • 並べ替え:デフォルトでは、一覧は追加されたレコードを順に表示します。(例) 最近のレコードは、一番上に表示されます。目的のレポートを表示するために、特定の列のレコードを昇順、降順に並べ替えできます。さらに詳しく
  • アクセス権限:アプリのオーナーから権限を付与された場合に限り、ユーザーは、ビューのレコードの追加、編集、削除ができます。さらに詳しく
  • 公開範囲[公開範囲]では、アプリのオーナーが、Reportsの閲覧権限やアクセス権限を制限することができます。さらに詳しく
  • カスタムアクション:カスタムアクションは、関数を呼び出して、ビューの選択したレコードで実行されるアクションです。さらに詳しく
  • 条件付き書式レポートのテキストの強調を有効にします。さらに詳しく
  • レコードのサマリー:レコードのサマリー機能は、 対象の項目にドラッグ&ドロップするだけで、各レコードにカスタマイズされたサマリーを作成ができます。さらに詳しく
  • 定義:スクリプトビルダーにレポートのスクリプトの定義を表示します。
  • 数字の列の合計:すべての数字の列を合計してビューに表示します。さらに詳しく