データのインポートとエクスポート

データのインポート

.xls、.csv、.tsvファイルからデータをインポートすることで、既存のアプリに新しいデータを追加できます。データのインポートには、2つの方法があります。

  • XLSファイルからデータを入力/貼り付け
  • ファイル名を指定して、XLSファイルからデータをインポート

メモ:

  • データのインポートオプションはアプリ管理者にのみ表示され、アプリの共有ユーザーには表示されません。

XLSファイルからデータを記述/貼り付け

  1. ライブモードでフォーム、またはレポートにアクセスして、[設定]をクリックします。
  2. フォーム/レポートのヘッダーから、設定アイコン -> データのインポートを選択します。[データのインポート]ダイアログが表示されます。
  3. [ファイルの種類]をExcel、CSV、TSVから選択します。
  4. [貼りつけたデータ]のラジオボタンを選択します。
  5. .xlsファイル、またはコンマ区切り、タブ区切りのファイル形式で格納されたデータをコピーします。
  6. .xls/.csv/.tsvファイルからコピーしたデータを貼り付けます。
  7. [次へ]をクリックします。次の画面に、以下のフォーマットのデータが表示されます。
    • 各列の最初の行にあるデータは、デフォルトで[ラベル名]として表示されます。[最初の行は項目名]で、 [はい]が選択されていると、最初の列の値はラベル名として表示されます。
    • ラベル名の下の[選択してください]リストから、各列の適切な名前を選択します。
    • [インポートのエラー]リストボックスから適切なオプションを選択します。
      • 該当の行をスキップする: 行の値に競合が発生した場合、SkyDesk Creatorは、関連の行をスキップします。例:メール項目にテキストを含む場合、SkyDesk Creatorは、その行をインポートせず、残りの行をインポートします。
      • 該当の値を空にする:列の値に競合が発生した場合、 SkyDesk Creatorは関連の列に、空(NULL)の値を設定します。例: 整数の列にテキストを含んでいる場合、SkyDesk Creatorは、その列をインポートせず、残りの特定の列をインポートします。
      • データをインポートしない:インポートの際にエラーが発生した場合、すべてのデータは、インポートされません。
  8. [データのインポート]をクリックして、フォームのデータを使ってアプリを作成します。既存のレポートが新しいデータで更新されます。

メモ:

  • データの列の名前が、項目のラベル名と同じであることを確認してください。
  • データを正しくインポートするために、データのサイズは、5MB以下に、行数は100000以下にしてください。
  • [データのインポート]のオプションは、新しいレコードにのみ追加されます。既存のレコードのアップデートに、このオプションは利用できません。

ファイル名を指定してXLS ファイルからデータのインポート

  1. [ダッシュボード]から、対象のフォームレポートを選択します。
  2. フォーム/レポートのヘッダーから、設定アイコン -> データのインポートを選択します。[データのインポート]ダイアログが表示されます。
  3. [ファイルの種類]をXLS、CSV、TSVから選択します。
  4. [コンピューター]のラジオボタンを選択します。
  5. 参照から、アップロード対象の .xls/.csv/.tsvファイルを選択します。
  6. [次へ]をクリックします。次の画面に、以下のフォーマットのデータが表示されます。
    • 各列の最初の行にあるデータは、デフォルトで[ラベル名]として表示されます。[最初の行は項目名]で、 [はい]が選択されていると、最初の列の値はラベル名として表示されます。
    • ラベル名の下の[選択してください]リストから、各列の適切な名前を選択します。
    • [インポートのエラー]リストボックスから適切なオプションを選択します。
      • 該当の行をスキップする: 行の値に競合が発生した場合、SkyDesk Creatorは、関連の行をスキップします。例:メール項目にテキストを含む場合、SkyDesk Creatorは、その行をインポートせず、残りの行をインポートします。
      • 該当の値を空にする:列の値に競合が発生した場合、 SkyDesk Creatorは関連の列に、空(NULL)の値を設定します。例: 整数の列にテキストを含んでいる場合、SkyDesk Creatorは、その列をインポートせず、残りの特定の列をインポートします。
      • データをインポートしない:インポートの際にエラーが発生した場合、すべてのデータは、インポートされません。
  7. [データのインポート]をクリックして、フォームのデータを使ってアプリを作成します。既存のレポートが新しいデータで更新されます。

メモ:

  • データの列の名前が、項目のラベル名と同じであることを確認してください。
  • データを正しくインポートするために、データのサイズは、5MB以下に、行数は100000以下にしてください。
  • [データのインポート]のオプションは、新しいレコードにのみ追加されます。既存のレコードのアップデートに、このオプションは利用できません。

クラウドからデータをインポート

SkyDesk Creatorは、データをインポートして、フォームにデータをまとめることが可能はクラウドストレージのオプションを提供しています。このクラウドピッカー機能は、下記のストレージサービスに対応しています。

  • Google Drive
  • SkyDesk Docs
  • OneDrive
  • Dropbox
  • Box

これらのクラウドストレージサービスからファイルをインポートするには、

  1. レポートのページか SkyDesk Creatorの[設定 -> データのインポート]を開きます。SkyDesk Creatorフォームのデータのインポート画面

    レポートページのデータのインポート画面
  2. [Cloud -> Choose files from Cloud ]から、[次へ]をクリックします。
  3. 左のメニューから、対象のファイルを含むクラウドサービスを選択します。ファイルにアクセスする際、ご利用のクラウドサービスの認証を要求されます。
  4. 認証が完了したら、インポート対象のファイルを選択して、[添付する]をクリックします。 
  5. 選択したファイルが添付されます。[次へ]をクリックして、添付ファイルのデータをフォームに貼り付けます。 

ハイパーリンクテキストを含むデータのインポート

ハイパーリンクを含むデータをインポートする場合、インポートするシートで以下の形式を使用してください。

< a href= "http://www.skydesk.jp" >Visit SkyDesk < /a >

ここでは
Visit SkyDeskがハイパーリンクテキスト
http://www.skydesk.jpはハイパーリンクテキストがリダイレクトするリンク先 

データのエクスポート

SkyDesk Creatorの[データのエクスポート]機能では、グリッド(Excel形式)、PDF、HTML、RSS、JSON、CSV、TSV形式のデータをいつでもエクスポートできます。表計算形式でデータをエクスポートして、SkyDesk Sheetに取り込んで分析が可能です。データを印刷、メールする場合には、PDFとしてエクスポートします。ブラウザでデータを見る場合は、HTMLとしてエクスポートします。データの変更を購読するには RSSやjavascriptベースのJSONを使います。必要に応じてCSV、TSV 形式を利用します。

別の形式でデータをエクスポートするには、

  • ライブモードで、ビューの右上に表示されている[エクスポート]をクリックします。
  • ファイルのダウンロードタブを選択して、対象のファイルのダウンロード形式をクリックします。

SkyDesk Creatorは、現在、ビューの[エクスポート]オプションの無効化はサポートしていません。ビューがWebサイトに組み込みまれても、エクスポート機能はユーザーに有効になりません。

エクスポート形式

表計算シート:Microsoft Excel、Openoffice、表計算シート、SkyDesk Sheetで閲覧可能です。

HTML:Internet Explorer、Firefox、Safari など、ブラウザで閲覧可能です。

PDF:PDFは、Adobe Reader、Foxit Reader、PDF XChangeなどが対応している印刷に適した形式です。現在、SkyDesk Creatorでは、 PDFは一覧のビューとHTMLビューの表示のみサポートしています。

CSVフィード:様々な表計算プログラム間のデータの受け渡しに使用されます。

TSVフィード:フラットファイルフォーマットは、一般的にアプリ内のデータの移動に使用されます。

JSON フィード: javascriptベースの軽量なデータの交換フォーマットです。

RSS フィード: データの変更を購読するためのXMLベースの形式です。Bloglines、Google Reader、Netvibesなどによってサポートされています。RSS フィードのURLを取得するには:

1. ライブモードで、レポートの右上から[設定 - リンク -パーマリンク]をクリックします。レポートが非公開になっている場合、パーマリンクダイアログで公開オプションを使用して、公開パーマリンクを取得します。RSS フィードのURLを取得するには

https://creator.skydeskpublic.com/<application_owner_name>/<app name>/view-perma/<view_name>/<encrypted code>

2. 上記のURLを下記の形式で再構成して、RSSフィードのURLを取得します。

https://creator.skydesk.jp/<application_owner_name>/<app name>/rss/<view_name>/<encrypted code>

リンクをコピーして、それをRSSフィードリーダーに送信すると、直近の送信された25レコードが確認できます。レコード全体を見るには、[complete=true]をリンクの最後に追加します。

RSSのフィードは自動で更新されます。RSSフィードの更新の頻度は、利用しているフィードリーダに依存します。フィードリーダーの頻度は、フォーム/ビューから更新を取得するために設定されます。様々なフィードリーダーでテストを実施し、更新時間はそれぞれ異なりますが、RSS更新の平均の時間は、5-10分の間です。

 

HTMLページをPDFにエクスポート

編集モードのHTMLページのヘッダーで設定 --> ヘッダーの設定を選択して、 PDF のエクスポートオプションを表示/非表示にできます。HTMLページをPDFにエクスポートするURLの形式については、機能ベースのURL -> HTMLビューをPDFに変換するにはを参照してください。