カレンダー

概要

カレンダーレポートは、フォームの日付時間の項目に基づいて表示されます。アポイントのように時間に基づくイベントには、開始時間を指定、 また誕生日や記念日のような終日のイベントには開始日を指定、1日を超えるイベントには開始/終了日指定したカレンダーを作成できます。イベントは、日、週、月単位で表示できます。横のバーで開始/終了日をドラッグ&ドロップすると、イベントの再設定ができます。またスクロールで簡単に、前後の他のイベントを日、週、月で確認できます。

                                              日付に基づいたイベントを表示するカレンダー

                               開始/終了日に基づいたイベントを表示するカレンダー

カレンダーレポートの作成

カレンダーレポートを作成するには:

カレンダーを作成するには、[新しく作成]を選択して、右側の[レポート]を選択します。[新しいレポート]のページで以下の情報を指定します。

  1. [レポート名]のテキストエリアに名前を指定します。
  2. レポートの種類に、[カレンダー]を指定します。
  3. [レポートの元データ]に表示されているフォームのリストから、作成されるカレンダーに基づくフォームを選択します。
  4. [レポートの配置場所]から、このレポートが表示されるセクションを選択します。
  5. [項目の表示]から、カレンダーに表示する値を持つ項目を選択します。
  6. イベントの開始日を[開始日]から選択します。フォームのすべての日付/時間の項目は、ここに表示されます。
  7. イベントの終了日を[終了日]から選択します。フォームのすべての日付/時間の項目は、ここに表示されます。終了日の選択は、オプションです。

  • [作成]または、[カスタマイズ]ボタンをクリックして、レポートを作成します。レポートは下記のように[レポート]に表示されます。左のメニューから、条件の設定、フィルターの作成、アクセス権の変更、列の表示名の変更、列の表示の管理ができます。
    • 表示のプロパティ: レポートの種類と日付/時間の項目を設定できます。
    • 列のプロパティ: 列の表示の管理 ができます。また、ここで列の表示名の変更ができます。
    • フィルター: フィルターは、レポートの中から特定の入力だけを選択して、表示させる条件の名前です。さらに詳しく
    • アクセス権限: アプリのオーナーから権限を付与された場合に限り、ユーザーは、レポートのレコードの追加、編集、削除ができます。さらに詳しく
  • カレンダーでイベントを見るには、ボタンをクリックして、カレンダーを選択します。イベントを日、週、月で表示できます。

日表示

日表示は1日のイベントを表示します。このレポートを利用するには、カレンダーの一番上にある[]ボタンをクリックします。1日前や後に移動する場合、カレンダーの上の矢印を使用します。[今日]をクリックして現在の日に戻ります。終日イベントは、一番上に表示されます。

週表示

週表示は、現在の週のイベントを表示します。このレポートを利用するには、カレンダーの一番上にある[]ボタンをクリックします。1週間前や後に移動する場合、カレンダーの上の矢印を使用します。[今日]をクリックして現在の日に戻ります。

月表示

月表示は、現在の月のイベントを表示します。このレポートを利用するには、カレンダーの一番上にある[]ボタンをクリックします。1カ月前や後に移動する場合、カレンダーの上の矢印を使用します。[今日]をクリックして現在の日に戻ります。イベントの終了日を延長するには、イベントのバーの最後でマウスオーバーして、適切な日付に矢印をドラッグします。開始/終了日を再設定するには、イベントのバーを適切な日付にドラッグ&ドロップします。

メモ:

  • [ 許可する日時の設定]で、日時の項目日付の項目 を設定すると、 カレンダーレポートの作成に使用されます。指定された日時は、作成されたカレンダーに反映されます。ユーザーは、許可された日時に限って、自分たちのデータを記録することができます。

イベントの再設定

  1. イベントの開始/終了日を再設定するには、横のバーを対象のスロットにドラッグ&ドロップします。
  2. イベントの終了日の延長や短縮をするには、横のバーにマウスオーバーして、矢印を対象のスロットにドラッグ&ドロップします。

メモ:

  • カレンダーレポートの編集権限を付与されている共有ユーザーは、イベントの日時をアップデート(ドラッグ&ドロップを使って) できます。

イベントの追加

カレンダーレポートからレコードを追加するには、カレンダーの対象の日時のスロットをクリックします。選択した日時のスロットへ設定する[レコードの追加]ページが表示されます。値の入力が完了したら、[送信]をクリックしてレコードを追加します。

イベントの編集/削除

レコードを編集/削除するには、イベントをクリックします。既存のレコードが表示されます。レコードの編集ダイアログで[編集]をクリックします。レコードを削除するには、削除をクリックします。

メモ:

  • アプリのオーナーによってアクセス権を付与されている場合に限り、共有ユーザーは、レコードの追加、編集、削除ができます。
  • 一覧からカレンダーを表示するには、 設定 -> 次の形式で表示 -> カレンダーオプションを使うと、レポートの編集モードで設定した[開始]に基づくカレンダーレポートを表示します。

カレンダーレポートの管理

カレンダーを作成すると、レポートのヘッダーから設定アイコンを選択して簡単にカレンダーの管理ができます。以下を実施できます。

  • レポートの表示形式を変更します。
  • iCal フィードのURLを取得します。
  • 様々な形式でデータをエクスポート、プリントします。

上記のアクションに加えて、アプリのオーナーは以下を実施できます。

  • レポートにデータをインポートします。
  • レポートのパーマリンクを取得します。
  • Webサイトやブログにレポートを組み込みます。
  • レポートを共有します。

これらはすべて、画面に表示されているカレンダーから実行できます。条件の設定など他の機能を利用するには、レポートの設定タブ.から変更が必要です。共有ユーザーは、新しいレポートとして変更を保存して、カスタマイズレポートを作成できます。さらに詳しく

メモ:

  • 基準となる項目の種類が"時間"の場合、"終日"のイベントは利用できません。