関連FAQ-共有

共有されたアプリにアクセスするためには、SkyDesk Creatorのアカウントが必要ですか?

共有されたアプリ・フォーム・レポートにアクセスするには、SkyDesk Creatorアカウントが必要です。アプリ共有先のメールアドレスは、ユーザーがアカウントを作成したメールアドレスである必要があります。例えば、あるアプリがメールアドレスuser1@skydesk.jpに共有されている場合、そのアプリにアクセスするには、同じメールアドレスのSkyDeskアカウントが必要です。

アプリを共有されたユーザーがSkyDeskのアカウントを持っている場合、そのアカウントでサインインするだけでアプリにアクセスできます。アプリを共有されたユーザーがSkyDeskのアカウントを持っていない場合、招待メール内で指定されたメールアドレスでアカウントを作成する必要があります。共有されたアプリは、サインインホームページの[自分に共有]タブ上に一覧表示されます。

エンタープライズバージョンではユーザーを開発者として設定することができますが、通常のユーザーと開発者との違いは何ですか。

開発者は管理者のワークスペース内で新規のアプリケーションを作成する権限を持ちます。また、開発者は自分のホームに表示される[ワークスペースの選択]リストボックスから管理者のワークスペースを選択し、アクセスすることができます。ワークスペースについて、また、管理者ユーザー、開発者、ユーザーの違いについて知りたい場合は、FAQ -> ビジネス版 -> Definitionsを参照してください。

共有ユーザーはアプリケーションの構造(例) フォームとレポートの構造

アプリの公開・非公開に関わらず、アプリのオーナーのみがSkyDesk Creatorで作成されたアプリの構造を編集することができます。つまり、SkyDesk Creatorでフォーム、項目、レポートを追加、編集、削除する権限があるのはオーナーのみです。

エンタープライズ版では、ユーザーに「開発者」のロールを割り当てることもできます。開発者は管理者のワークスペース内で新規のアプリケーションを作成する権限を持ちます。管理者が開発者に対して自分の作成した任意のアプリケーションを編集する権限を持たせたいと思った場合、管理者は[アプリケーション設定]のダイアログボックス内の[編集権限を許可する]ドロップダウンリストから開発者を選択し、[保存]をクリックして権限を設定する必要があります。

ワークスペースについて、また、管理者ユーザー、開発者、ユーザーの違いについて知りたい場合は、FAQ -> ビジネス版 -> Definitionsを参照してください。

開発者の役割を持つユーザーが、オーナー/管理者のワークスペースで新しいアプリを作成するにはどうすればよいですか?

開発者は、自身のホームに表示される[ワークスペースの選択]リストボックスから管理者のワークスペースを選択できるようになっています。

ユーザーに開発者権限を付与しましたが、そのユーザーは私が作成したアプリを編集することができませんでした。何か他に必要な設定はありますか。

オーナーは、開発者を追加した後、その開発者が編集することのできるアプリを指定する必要があります。そのためには、オーナーは、開発者に編集権限を付与したいアプリの[アプリケーション設定]を開き、ポップアップ内の編集権限付与のドロップダウンから開発者のIDを選択し、[保存]をクリックします。

一つのレポートに対して、一部のユーザーにはそのユーザーが作成したレコードに限定して編集/削除権限を付与し、スーパーユーザーには全てのレコードについて編集/削除権限を付与することはできますか?

一つのレポートに対して設定された編集権限は、そのレポートが共有された全てのユーザーに適用されます。一つのレポートに対する編集権限を一部のユーザーに限定して付与したい場合は、以下の手順で設定します。

  1. レポートを複製する。
  2. [共有]タブを開き、一つ目のレポートを通常のユーザーに共有し、二つ目のレポートをスーパーユーザーに共有します。
  3. 一つ目のレポートについては、条件をAdded_User equals zoho.loginuserに設定し、通常のユーザーが自分で追加したレコードにのみアクセスできるようにします。必要に応じて編集権限を追加/削除/編集に設定してください。
  4. 二つ目のレポートについては、特に条件を設定せずに追加/削除/編集の編集権限を設定します。本レポートを閲覧するユーザーは、これで全てのレコードにアクセスすることができます。

SkyDesk 登録フォームをWebサイトに埋め込み、一方でそのWebサイトのユーザーが登録フォームにアクセスしなくてもサインインできるようにするにはどうすればよいですか?

未登録のユーザー向けには、以下のsrcを使ってWebページに<iframe>を追加してください。serviceurlパラメータは登録を行った後に希望のURLに移動するために使用することができます。
https://accounts.skydesk.jp/register?servicename=ZohoCreator&serviceurl=http://www.mydomainename.com/mypage.htm

登録ユーザーについては、ページのタグ内に以下のsrc属性を追加してください。
https://accounts.skydesk.jp/signin?servicename=ZohoCreator&username_label=Email%20Id&hide_signup=true&serviceurl=/userid/appid/form/1/

作成したアプリケーションに問題があり、サポートスタッフとそのアプリを共有したい場合どうすればいいですか。

サポート用編集アクセスから、SkyDesk Creatorサポートチームとアプリを共有できます。それにより、サポートチームにアプリの編集権限を付与し、課題を解決するためにアプリを調査してもらうことができます。