このページには、終了したSkyDeskサービスに関する説明が記載されておりますので、ご注意ください。

SkyDesk SupportからのIDでのレコードの取得

目次Down

 概要

zoho.support.getRecordById()タスクを使い、レコード固有のIDを指定することで、SkyDesk SupportアカウントのすべてのSkyDesk Supportのモジュールよりレコードを取得することができます。たとえば、レコードのIDを指定することで、SkyDesk SupportのContactモジュールから連絡先の詳細を取得することができます。

 サポートモジュール

  • Requests
  • アカウント
  • 連絡先
  • Contracts

 構文

<response>=zoho.support.getRecordById(<moduleName>,<portal>,<department>,<recordID>);

ここでは
<response>:レスポンスとして返されるマップ変数
<moduleName>:レコードを取得したいSkyDesk Supportのモジュール名。例えば、"Requests" はRequests モジュールを参照します。CreatorがサポートしているSkyDesk Support のモジュールは"Requests"、""Accounts"、"Contacts"、 "Contracts"です。
<portal>:SkyDesk Supportのポータル名

<deptartment> : レコードを取得したいポータルの部門を参照します。 

<recordId> : どのIDに関連するレコードが取得されたかに基づくSkyDesk サポートのID

 実例

response = zoho.support.getRecordById("Accounts", "skytest", "database", "9000000001"); 

ここでは
response:レスポンスとして返されるマップ変数
Accounts :レコードを取得したいSkyDesk Support のモジュール名
skytest :SkyDesk Supportのポータル名

database refers to the department in the portal where the records need to be fetched.

 レスポンス形式

SkyDesk Supportからのレスポンスは以下の形式で返されます:

resp = {"Phone":"1 888 900 9646","Email":"sample@organization.com","Website":"https://www.orgsite.com/","Account Name":"Sample","ACCOUNTID":"1111111111111111"}