スケジュール

概要

スケジューラーは、アプリのオーナーが、ユーザーが入力せずに時間ベースのアクションの作成が可能なSkyDesk Creatorの便利な機能です。これら時間ベースのアクションは、フォームの日時の値や固定の日時に基づいて、定期的に実行されます。例えば、

  • 自動メールを送信します。
  • 添付としてビューのデータをメールで送信します。
  • geturl や posturlのようなWeb API タスクの予定を決めます。
  • 誕生日、アポイント、プロジェクトの締め切りなど、フォームの日付項目に基づいて予定を作成します。

スケジュールの種類

SkyDesk Creatorは、3種類のスケジュールをサポートしています。

  1. フォームスケジュール
    フォームスケジュールは、フォームの日時の項目に基づいて予定されているイベントです。(例)「毎月」や「毎年」のようにで繰り返されるスケジュールの場合、フォームの期限(または開始日や終了日)になる項目の値を指定できます。例えば、
    • 各連絡先の生年月日フォームを持つ[Contact Form]が考えられます。[毎年]繰り返される[start date]として、生年月日の項目を設定することで、 誕生日のリマインダーメールをすべての連絡先のフォームのデータに設定できます。そして、誕生日のお祝いをメール送信のタスクを使って送付できます。また、データに条件を適用すると、あるレコードだけがスケジュールに選択されます。
    • [Due time]という日時の項目を持つ[アポイント] フォームが考えられます。毎回、アポイントの2時間前に、リマインダーを設定できます。アポイントの期限の2時間前にイベントを実行します。

    Deluge スクリプトでサポートされているすべてのタスクは、フォームのスケジュールイベントとして設定されます。例えば、メールの送信、レコードの取得、更新、追加、削除などがあります。イベントは、ドラッグ&ドロップのスクリプトビルダーか、フリーフロースクリプションの機能を使って設定されます。

    メモ:

  2. レポートスケジュール
    レポートスケジュールは、SkyDesk Creatorのビューに基づいて設定されたイベントです。(例) [毎月] や [毎年]のように繰り返される固定の日時を指定して、ビューのデータをレポートとして送信できます。ビューのデータは、送信メールのタスクの添付として送信されます。送信メールのタスクだけが、 [View Subscription] のスケジュールのアクションとして設定できます。例えば、[Monthly Sales View]を持つ [Sales Database]アプリが考えられます。[月]に基づいて、各営業マネージャーへ [Monthly Sales View]を送信するスケジュールを設定できます。
  3. カスタムスケジュール
    カスタムスケジュールは、繰り返される固定の日時の指定を設定されたイベント/アクションです。これは、毎月送信するレポート、毎月初めの前月のレコードの削除、毎月のミーティングのリマインダーの送信などのタスクにとても便利です。例えば、
    • 毎日9:30に実行する。
    • 毎週月曜の 9:30に実行する。
    • 毎月6日の 9:30に実行する。
    • 毎年9月5日の 9:30に実行する。

    Deluge スクリプトでサポートされているすべてのタスクは、カスタムスケジュールのイベント/アクションとして設定されます。例えば、メールの送信、レコードの取得、更新、追加、削除などがあります。イベントは、ドラッグ&ドロップのスクリプトビルダーか、フリーフロースクリプションの機能を使って設定されます。

スケジュールの設定