ピボットテーブルとピボットグラフ

概要

SkyDesk Creatorは、特定のビジネスに適したデータを複数の形式で視覚化する効果的なレポートの作成をサポートします。レポートビルダーは、直観的なドラッグ&ドロップのインターフェイスで、SkyDeskCreatorの既存のレポートを掘り下げ、ピボットテーブルピボットグラフとして視覚化します。1つのフォームやレポートに基づいた複数のレポートを作成できます。デフォルトでは、すべてのレポートはレポートタブに配置されています。

  • ピボットテーブルは、縦と横の列(マトリックスビュー、または、クロスタブ)のグリッドにデータをまとめた効果的なビューを提供します。複数階層のピボットは、複数の項目を列や行データの軸に指定すると作成できます。

  • ピボットグラフ ピボットグラフはSkyDesk Creatorのデータを双方向のグラフで表示します。レイアウトを変更して、別の種類のグラフを選択したり、データの追加、削除ができます。ピボットグラフは、テキストを入力してクイックサマリーも作成できます。例えば、製品の売上リストを持っている場合、製品ごとの合計の売上比率を表示するピボットグラフを作成します。

ピボットテーブルの作成

1. ピボットテーブルの作成手順
  • 左の[新しく作成]をクリックして、レポートを選択します。
  • レポート名を指定して、ドロップダウンからレポートの種類に ピボットテーブルを選択します。
  • 作成するレポートに基づくフォームを選択して、レポートを配置する場所を設定します。
  • [作成]または[作成&カスタマイズ]ボタンをクリックして、レポートを作成します。

  • レポートビルダーの画面に移動します。

ピボットテーブルの作成を開始します。項目を左のペーンからデザインエリアへドラッグ&ドロップして、簡単にピボットテーブルを構築します。

2. ピボットの項目を選択します。
  • (左のペーンから) 対象の項目を行の軸へドラッグ&ドロップします。
  • (左のペーンから) 対象の項目を列の軸へドラッグ&ドロップします。
  • 対象の数値の項目をデータの軸へドラッグ&ドロップします。

メモ:

  • 複数の項目を列や行、データの軸に指定することで、下記のような複数階層のピボットが作成できます。
3. 数式の適用

配置した項目で、ドロップダウンから適切な関数を選択します。例えば、下記の画面で示すように、そのデータ項目をサポートしている関数は、ドロップダウンメニューに表示されます。[Sum]の関数がデフォルトで選択されています。

4. データのフィルター

フィルタータブを使って、ピボットテーブルを作成できます。詳細は列でデータをフィルターを参照してください。

5. ビューの生成

[クリックするとピボットを作成します。]をクリックして、ピボットを作成します。(または) [完了]をクリックして、ピボットビューを生成します。下記のピボットは、合計売上と分野別の利益を表しています。更に、製品カテゴリーと製品名を行で分類して、地域を列で分類します。

ピボットグラフの作成

ピボットグラフは、複数のグラフ形式のデータを可視化します。

1. ピボットグラフの作成手順
  • 左の[新しく作成]をクリックして、レポートを選択します。
  • レポート名を指定して、ドロップダウンからレポートの種類に ピボットテーブルを選択します。
  • 作成するレポートに基づくフォームを選択して、レポートを配置する場所を設定します。
  • [作成]または[作成&カスタマイズ]ボタンをクリックして、レポートを作成します。

  • レポートビルダーの画面に移動します。

ピボットグラフの作成を開始します。左のペーンからデザインエリアへ項目をドラッグ&ドロップすると、簡単にピボットグラフを構築します。

2. ピボットグラフの項目を選択します。
  • (左のペーンから) 対象の項目をX軸へドラッグ&ドロップします。
  • (左のペーンから) 対象の項目をY軸へドラッグ&ドロップします。
3. 数式の適用
  • 配置した項目で、ドロップダウンから適切な関数を選択します。例えば、下記の画面で示すように、そのデータ項目をサポートしている関数は、ドロップダウンメニューに表示されます。[Sum]の関数がデフォルトで選択されています。

[Click Here to Generate Graph]をクリックして、ピボットチャートを作成するか、 [完了]をクリックして、ピボットビューを生成します。下記の画面は、ピボットグラフが平均売上と地域別の平均利益を表しています。

列でデータをフィルター

フィルタータブを使って、フィルターされたピボットテーブルとグラフを作成できます。

  1. フィルターされたピボットビューを作成するには、
  • [フィルター]タブをクリックして、フィルター対象の項目をフィルターの軸にドラッグ&ドロップします。
  • 項目の実際の値が、[実際の値]軸に表示されます。フィルター対象の値を選択します。
  • 選択された値は、[表示する項目]軸に追加されます。

列でデータの並べ替え

SkyDesk Creatorは、ピボットテーブルの列のデータの並べ替えもできます。各列の近くにある並べ替えアイコンか、列で右クリックして適切な並べ替えオプションを適用します。

元のデータの閲覧

ピボットテーブル/グラフの各セルの詳細を見たいと思いませんか?事務用の椅子を誰がいついくらで買ったのかを調べると仮定します。ピボットテーブルの関連データをクリックして、元のデータを確認します。画面にすべての「事務用の椅子」の売上内容が表示されます。

元のデータにアクセスする共有ユーザーの有効化

デフォルトでは、共有ユーザーは、元のデータにアクセスできません。

共有ユーザーに元のデータへのアクセスを許可するには

    1. 上部にある設定ボタンをクリックします。 
    2. [元のデータの閲覧]のチェックボックスを選択して、[完了]をクリックします。

レポートの管理

すべてのレポートが、一意の名前でレポートタブに表示されます。レポートの種類とビューは作成されたレポートに基づきます。また、レポートタブの右から既存のレポートの閲覧と編集や、古いレポートの削除、レポート名の変更、有効、無効などレポートのステータスの設定もできます。

  • レポートの編集 - 編集対象のレポート名をクリックします。
  • レポートの閲覧 - [レポートにアクセス]リンクをクリックして、レポートを閲覧します。
  • レポートの複製: [複製]リンクをクリックして、既存のレポートのコピーを作成します。この機能は、既存のレポートと同様のレポートを作成する際に便利ですが、設定に多少の変更が必要です。
  • レポートの削除: 各レポートのステータスの横にある削除アイコンをクリックして、選択したレポートを削除します。

Webサイトやブログにレポートを組み込む

コードを貼りつけるだけで、Webサイトやブログにレポートを組み込むことができます。

レポートを組む込むには、

  1. レポートにアクセスして、レポートのヘッダーから設定アイコン -> Webサイトに組み込むをクリックします。
  2. 組み込みダイアログが、 <iframe> コードで表示されます。あなたのビューが非公開の場合、ユーザは組み込みレポートにサインインを要求されます。レポートにサインインなしでアクセスするには、[こちらをクリックしてください]リンクをクリックします。URLへアクセスする暗号化されたコードが表示されます。
  3. そのコードを自分のWebサイトにコピー&ペーストします。

レポートのパーマリンク

ユーザーにレポートを共有したくない時、レポートのデータのリンクやWebサイトやブログのレポートのリンクを送るために、レポートのパーマリンクを利用します。

レポートのパーマリンクを取得するには、

  1. レポートにアクセスして、レポートのヘッダーから設定アイコン -> パーマリンクをクリックします。
  2. そのパーマリンクをWebサイトやグログにコピー&ペーストします。または、レポートにアクセスする人に送ります。

メモ:

  • あなたのレポートが非公開の場合、パーマリンクはログインの詳細を要求します。サインインが必要ないパーマリンクを取得するには、パーマリンクダイアログの[こちらをクリックしてください]リンクを利用します。暗号化されたコードがパーマリンクに追加されます。その暗号化されたパーマリンクを使って、サインインなしで、レポートにアクセスできます。

レポートのエクスポート

下記に示す[エクスポート]リンク使って、レポートをCSV、XLS、HTML、PDFファイルとして エクスポートできます。

エクスポート機能にアクセスする共有ユーザーの有効化

デフォルトでは、共有ユーザーはデータのエクスポートができません。共有ユーザーにデータのエクスポートを許可するには、

  1. 上部にある設定ボタンをクリックします。
  2. [データのエクスポート]のチェックボックスを選択して、[完了]をクリックします。

制限

複数選択 / チェックボックス項目の種類は、レポートの作成に利用できません。