概要

SkyDesk Creatorについて

SkyDesk Creatorは、プログラミング経験やITの専門知識がなくても、自分のカスタムアプリケーションを作成することができるクラウドソフトウェアです。 SkyDesk Creatorのドラッグ&ドロップインターフェースにより、数週間とはいわず数日でカスタムビジネスアプリを作成することができます。データの収集、ビジネスプロセスやワークフローの自動化、レポートのデータの分析、アプリユーザーとの共同作業が可能です。

SkyDesk Creatorでは、メンテナンス、ホスティング、拡張性を心配せずに、ビジネスプロセスの自動化に集中できます。

SkyDesk Creatorのユーザーインターフェースは2つの異なる役割をサポートしています。

  1. アプリの作成者またはアプリのオーナー - アプリケーションを自分の要件に合わせて作成した人(例: プロジェクトの管理が必要で「プロジェクト管理」アプリを作成したプロジェクトマネージャー)。
  2. ユーザー - アプリケーションにアクセスする人。アプリケーションのユーザーは自分のチームのメンバー、顧客、幹部、従業員などです。

アプリケーションの作成

SkyDesk Creatorの主なコンポーネントに慣れてしまえば、簡単にアプリケーションを作成することができます。コンポーネントとは:

  • フォーム - データの収集と保存
  • レポート - フォームで集めたデータの表示と分析
  • ページ - カスタマイズしたHTMLビュー

SkyDesk Creatorは、フォーム、レポート、ページで構成されています。SkyDesk Creatorアプリケーションの作成とアクセスに関する基本手順を以下に示します。

フォームの作成

ビジネスは膨大なデータを生むため、データ収集は出発点です。SkyDesk Creatorのフォームでデータを収集することができます。

フォームは、ユーザーが情報を入力できる項目によって構成されています。フォームビルダーは、対象の項目をドラッグ&ドロップして、フォームを簡単に作成することができます。デフォルトでは、フォームが作成されると、SkyDesk Creatorは、フォームを経由で送信されたデータを格納するためのテーブルをバックエンドで生成します。

フォームビルダー

フォーム間の関係の作成

アプリケーションは、互いに密接な関連を持つフォームの集合です。それぞれのフォームは独立しています。機能を独立して持ち、データを収集するために他のフォームを必要としません。

ルックアップ項目とサブフォームは、このフォーム間の関連性の構築に役立ちます。

  • あるフォーム上のルックアップ項目は、他のフォームに存在する項目に入力されたデータを取得します。1対1や、多対多の関係は、単数選択や複数選択のルックアップ項目を利用して構築されます。同じアプリ内、または別のアプリ間の2つのフォームのリンクを作成できます。さらに詳しく
  • サブフォームの項目は1対多数の関係を作成するのに利用します。既存のフォームをサブフォームとして追加したり、親フォームに対象のサブフォームを直接作成できます。さらに詳しく

レポートの作成

SkyDesk Creatorは、フォームで収集したデータを表示するために、複数のレポート形式に対応しています。リスト、カレンダー、サマリー、グリッド、ピボットテーブルやピボットグラフとして、データを表示できます。また、レポートを(フィルター、グループ化、並べ替えを使って)カスタマイズして、大量のデータから必要なデータを抽出することができます。さらに詳しく

レポートの設定のセクション

ページの作成

ページは、HTMLとアプリケーションのデータを組み合わせて、HTMLビューにカスタマイズされ、設計されています。ユーザーが選択した条件に基づいた素晴らしいダッシュボード作成したり、ダイナミックレポートを表示できます。さらに詳しく

HTMLページビルダー

ワークフローの追加

業務ワークフロー、自動化されたタスク、カスタムアクションをフォームやレポートに追加して、アプリケーションをより強力にします。スクリプトビルダーは、ワークフローやタスクをエラーも無く、すばやく定義するための、ドラッグ&ドロップのインターフェイスを提供しています。

ドラッグ&ドロップのスクリプト作成ツール

アプリケーションをユーザー/グループに共有

共有ページでは、フォームとレポートの各タブの左側にアプリのレイアウトを表示します。アプリケーションのオーナーは、アプリ全体を共有、もしくは、特定のフォームやビュー、特定のユーザーやグループに限定して共有できます。

[アプリケーションの設定]ページで、オーナーはアプリ全体(アプリ名、日付フォーマット、タイムゾーンなど)の設定や、レイアウトやテーマのカスタマイズ、アプリの項目やセクションの再配置ができます。

アプリケーション設定 ->共有タブ 

アプリケーションへのアクセス

デフォルトでは、SkyDesk Creatorで作成されたアプリは非公開です。共有機能で、自分のユーザーにアプリケーションを共有することができます。共有されたユーザーは、アプリにアクセスして入力やデータの閲覧したり、フィルター、検索、並べ替え、複数の形式でデータのエクスポートを利用できます。以下はアプリケーションへのアクセス時の、フォーム、レポート、ページの画面です。

フォーム

発注書フォームのアクセスモード

レポート

アプリケーションへのアクセス時の、一覧レポート形式で表示されたデータ

ページ

1画面でアプリケーションのデータを視覚化

関連トピックス

新しいアプリケーションの作成 | フォーム | レポート | ページ | ワークフロー | アプリケーションの設定