メール通知の送信

概要

フォームが送信されたとき、メール通知をアプリのユーザーに送信します。メールは以下のアドレスで送受信できます:

  • ログインユーザー(フォームにアクセスしているユーザー)と管理者ユーザー(アプリのオーナー)のメールアドレス
  • (フォームにある場合)メールの項目に記載されたメールアドレス 
  • 認証メールアドレス

フォームから送信されたデータも、メール通知と一緒に送信することができます。

メモ:

  • データが編集または削除された際にメールを送信するには、メール送信Delugeタスクを参照してください。

GUIからメール通知の設定

GUIからメール通知の設定するには、次の手順を行います:

  1. フォームの設定で、通知 -> メールをクリックします。
  2. メール通知ページが表示されます。差出人宛先のメールアドレスをドロップダウンから指定します。 
  3. 件名とメッセージの項目は任意です。メッセージエディタの項目の挿入で、対象の変数をフォームの項目の値を動的にメッセージの項目に挿入します。
  4. メッセージでフォームのデータを送信するには、[ユーザーが送信したデータを含む]のチェックボックスを選択します。[ユーザーが送信したデータを含む ]が選択されていると、そのフォームに作成された レコードのテンプレートがこのオプションの下に表示されます。対象のテンプレートを選択して、 インラインコンテンツ、またはPDFの添付として送信するかを選択します。カスタムレコードのテンプレートを作成していない場合は、テーブルのフォーマットのフォームのデータに表示されるデフォルトのテンプレートを使用します。
  5. [保存]をクリックして、変更を更新します。
  6. メール通知を停止するには、[メールの通知を有効にする]のチェックを外します。

メモ:

  • フォームのGUIから設定したメール通知の設定は、ワークフローのタブにスクリプトとして表示されます。GUから行った変更がIスクリプトにも反映されます。
  • メールの通知を有効にするがメール通知の設定後のみ表示されます。

認証メールアドレスの追加

デフォルトでは、 From:アドレスを[zoho.loginuserid] (ログインユーザーのメールアドレス)または[zoho.adminuserid] (アプリの管理者のメールアドレス)以外で送信したい場合、To: アドレスにはzoho.adminuserid のみ使用できます。またCC: や BCC: アドレスは使用できません。この制限を回避するために、SkyDesk Creatorでは、差出人やあて先のアドレスとして使用できる認証メールアドレスを追加することができます。認証メールアドレスの追加するには

  1. メール通知画面で From or Toのアドレスを指定する際に、ドロップダウンリストに表示されたメールアドレスの追加 リンクをクリックします。

     
  2. 新しいアドレスを入力して[追加]をクリックします。6桁の認証コードが指定したメールアドレスに送信されます。
  3. 以下の画面の通りメールアドレスに送信された6桁の認証コードを入力して、 認証をクリックします。
  4. 認証後、新しいメールアドレスが、差出人/あて先のドロップダウンアドレス一覧の認証メールアドレスの下に表示されます。認証に失敗すると、「有効な認証コードを入力してください」とのメッセージが表示されます。

メモ:

  • 認証したメールアドレスは、Delugeの メール送信タスクにも使用できます。

Delugeスクリプトからメール通知の設定

Delugeスクリプトのメール送信タスクは、SkyDesk Creatorのアプリからのメールの送信に使用されます。例えば、既存のレコードがデータベースで更新された時、または、項目の値が編集された時、メールを送信するスクリプトを記述します。詳細は、Deluge スクリプトの メールの送信 タスク を参照してください。

メモ

  • 通知は自動化 セクションからも設定することができます。複数のタスクを含むルールは通知セクションに表示されませんのでご注意ください。これは[自動化]セクションに表示されます。例えば、1つのルールにメール通知とSNS通知が含まれる場合、自動化セクションに表示され、通知セクションには表示されません。