公開と組み込みフォーム

概要

フォームの公開URLを使って、SkyDesk Creatorにサインインすることなく、直接フォームにアクセスすることができます。フォームの組み込みURLを、アプリのオーナーがWebサイトやWikiやブログなどにフォームを組み込むことができます。また、Webサイトに合わせてフォームの外観をカスタマイズすることができます。[公開]機能を使って公開 と組み込みを作成します。 

公開と組み込みフォーム

フォームを公開または組み込むには、

  1. [フォームの設定] -> [公開]を開きます。

    (または)
    アプリケーションのダッシュボードで対象のフォームの[公開]をクリックします。
  2. 次の画面で、[公開]をクリックします。
  3. 公開URLタブに、SkyDesk Creatorにサインインすることなく、直接フォームにアクセスすることができるリンクが表示されます。
  4. 組み込みURLタブには、Webサイトやブログにフォームを組み込むことができるリンクが表示されます。

メモ:

  • 公開を止める場合は、[公開の取り消し]をクリックします。
  • 公開フォームを変更した場合、変更を反映するために再度フォームを公開する必要があります。

サンプルURLの形式

<iframe height='500px' width='100%' frameborder='0' allowTransparency='true' scrolling='auto' src='https://creator.skydesk.jp/< app owner name >/< app name >/form-embed/< form-name >/< pre-generated encryption key >'></iframe>

サンプルURL

<iframe height='500px' width='100%' frameborder='0' allowTransparency='true' scrolling='auto' src='https://creator.skydesk.jp/sampleapp/sales-database/form-embed/Sales/pre-generated-sample-encryption-key'></iframe>

公開と組み込みフォームの外観のカスタマイズ

フォームのカスタマイズオプションは、4セクションに分かれています。各セクションは、フォームの様々なパーツのパラメーターのカスタマイズを提供しています。 

  • フォームのプロパティ - フォームのプロパティセクションでは、フォームの基本設定の編集ができます。フォームのヘッダーを非表示にしたり、フォームの送信時にユーザーが移動するURLを指定したり、フォームの送信時に表示される成功メッセージを指定したり、フォームに適用する背景色や罫線の色を指定することできます。色に関する属性を指定するには、コード(RGBまたはHex)を指定する必要があります。色番号のガイドには、  こちら やこちらをご利用ください。例えば、提供スペースでフォームの背景色を#FF9999 や RGB(255,153,153)に指定することができます。 
  • ヘッダーとフッター - ヘッダーとフッターのセクションでは、フォームのヘッダーやフッターの微調整ができます。ヘッダーとは、フォーム名を含むフォーム上部のラインのことです。フッターとは、フォームの[送信]や[リセット]ボタンを含む下部のラインのことです。ヘッダーの色の指定(フォームの背景色と合うように)、高さの指定、フォーム名の表示/非表示の選択、フォーム名を表示するフォント、フォントサイズ、フォントの色を指定することができます。フッターでは、色や高さの変更に加えて、ボタンに表示される属性の数字を指定できます。フォームが読み込まれて、ボタンにマウスオーバーした時に、ボタンに適用する背景色やフォントの種類、テキストの色を設定できます。
  • ラベルと項目 - ラベルと項目のセクションは、フォームの項目のラベルと項目をカスタマイズします。項目のラベルの背景色を指定すると、 強調され、背景色から目立ちます。フォントの種類やサイズ、色、ラベルの幅も同様です。長いラベル名があり、短くまとめたい場合、幅の値を小さくできます。また項目のラベルを折り返したくない場合、値を適切に合わせます。項目に関しては、背景色、幅、フォントの色、種類やサイズも指定できます。 
  • 項目の幅と高さ - 項目の幅と高さのセクションでは、項目の幅と高さをカスタマイズします。SkyDesk Creatorでサポートしている各項目の種類は、幅と高さの属性を指定できます。例えば、5つの一行項目を持つフォームの場合、ここで指定した仕様は、すべての5つの項目に適用されます。 

メモ:
Internet Explorerをお使いの場合、組み込みフォームやレポートを適切に読み込むためにWebサイトに以下の設定がありませんのでご注意ください。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible"  content="IE=8" >