SkyDesk Creatorの項目の種類

SkyDesk Creatorは、24種類の項目を提供しています。各項目の種類は特定のデータの「種類」を受け付けることができます。例えば、日付の項目の種類は、日付の値のみ受け付けます。メール項目の種類は有効なメールの形式のみ受け付けます。さまざまな項目の種類が左に表示され、フォームの編集スペースにドラッグ&ドロップすると設定することができます。それぞれの項目の種類には、各項目ごとに個別に設定できるプロパティがあります。

以下の表は、SkyDesk Creatorがサポートしているすべての項目種類です。  

項目の種類 説明 スクリプト記述
データの種類
一行 数字、特殊文字、プレーンテキストなど、さまざまな文字種を含むテキストを受け付けるために、この項目を使用します。 文字列
複数行 [一行]項目と同様に、あらゆる種類の文字列を含みますが、より入力スペースが広くなっています。コメントや住所の入力に適しています。 文字列
メール メールアドレスを受け付けるために、この項目を使用します。SkyDesk Creatorは、入力されたデータが適切なメールIDかどうか自動的に検証します。 文字列
リッチテキスト 複数行のテキスト項目と似ていますが、リッチテキスト形式のオプションです。 文字列
日付 日付の値を受け付けるために、この項目を使用します。日付項目は、ユーザーが簡単に日付が選べるカレンダーボタンも表示します。 日付
日時 日時の値を受け付けるために、この項目を使用します。日付項目と同様、ユーザーが簡単に日時が選べるカレンダーボタンも表示します。 日付
ドロップダウン/ ラジオボタン(単数選択) ユーザーに、事前に設定した選択肢から1つを選択させるために、この項目を使用します。以下の種類があります:

a) ドロップダウンリスト b) ラジオボタン

文字列
チェックボックス/複数選択
(複数選択)
ユーザーに事前に設定した選択しから1つまたは複数を選択させるために、この項目を使用します。以下の種類があります:

a) チェックボックス b)複数選択

文字列
数字 小数点以下を含まない数字を受け付けるために、この項目を使用します。 数字
小数 小数点を含む、または含まない数字を受け付るために、この項目を使用します。 数字/小数
通貨 選択した通貨記号が付いた、小数点を含む、または含まない数字を受け付るために、この項目を使用します。   数字/小数
パーセント %の記号が付いた、小数点を含む、または含まない数字を受け付るために、この項目を使用します。 数字/小数
URL URLを受け付けるために、この項目を使用します。 文字列
画像 画像へのリンクを受け付ける、または画像のアップロードを許可するために、この項目を使用します。 文字列
真偽値 「はい」と「いいえ」のどちらかを受け付ける場合に、この項目を使用します。 真偽値
アップロード ファイルのアップロードを許可するために、この項目を使用します。

--

ルックアップ 他のフォームの項目からデータをインポートして表示するために、この項目を使用します。以下の種類があります:

1つの値を選択するには、

a)ドロップダウンリスト b)ラジオボタン

複数の値を選択するには、

a)チェックボックス b)複数選択

数字/Long
メモの追加 フォームのテキストを表示するために、この項目を使用します。入力を受け付けるために使用するものではありません。情報をユーザーに表示するためだけの項目です。 --
サブフォーム この項目には、単一のブロックのレイアウトに複数の項目を追加して、複数の関係のある値を受け付けるオプションがあります。 --
SkyDesk CRM SkyDesk CRMからのデータを受け付けるために、この項目を使用します。 --
オートナンバー 1から始まる昇順で、追加されるレコードのインデックス番号を、自動で保存するために、この項目を使用します。  --
数式 指定した(フォームの項目からなる)式の検証をして結果を表示するために、この項目を使用します。

数式の結果に応じて、文字列/数字/
少数/ 真偽値/日付 になります。

ユーザー ユーザーにアプリケーションのユーザーを選択させるために使用します。

--

署名 ユーザーから電子署名を受け付けるために、この項目を使用します。

--