SkyDesk CreatorからCRMの項目にアクセス

概要

SkyDesk Creatorのフォーム内からSkyDesk CRM の項目にアクセスできます。例えば、SkyDesk Creatorで棚卸アプリを作成したと仮定します。SkyDesk CRMには、すべての製品の詳細があります。再度、製品の詳細をSkyDesk Creatorに追加する代わりに、SkyDesk CRMの[商品]タブにアクセスして、SkyDesk Creatorフォームから対象の値を取得します。この機能は、有料プランにのみ提供しています。

SkyDesk CreatorでCRM項目を追加する手順

  1. フォームビルダーで、SkyDesk CRMの項目の種類をドラッグ&ドロップします。
  2. 対象のCRMのタブをドロップダウンから選択します。連絡先タブを選択するとします。
  3. SkyDesk CRMの連絡先タブが、項目としてSkyDesk Creatorのフォームに追加されます。フォームのプロパティの項目名と項目Deluge名を変更することができます。
  4. フォームにアクセスして、連絡先の項目の近くのドロップダウンアイコンをクリックして、SkyDesk CRMから対象の連絡先を選択します。
  5. CRMのタスクのヘルプに記載の通り、選択したCRMのレコードの関連する値は、getRecordsgetSearchRecordsのタスクを使ってスクリプトで使用することができます。(ポイント2に表示されている)項目IDをスクリプトの変数名として使います。

メモ:

  • CRMの項目項目は公開フォームではサポートされていません。

関連リンク

Populate Form Fields based on selection made to a CRM field.