SMS通知の設定

目次up

概要

フォームが送信されたとき、SMS通知をアプリのユーザーに送信します。例えば、注文の受信時、出荷時、支払い期限などです。SkyDesk CreatorはSMS通知を送信するための接続を提供しています。

メモ:

  • データが編集または削除された先にSMS通知を送信するには、SMSの送信Delugeタスクを参照してください。

GUIからのSMS通知の設定

GUIからSMS通知の設定するには、次の手順を行います:

  1. フォームの設定で、通知 -> SMSをクリックします。
  2. [SMS 通知の有効化]のチェックボックスを選択して、SMS通知を有効にします。選択を解除すると、SMS通知が無効になります。
  3. 接続: アカウントを持っているSMSプロバイダーから新しい接続を作成します。サポートされているSMSプロバイダーは下記になります。
    • Twilio
    • Clickatell
    • Screen Magic
    • ClockWorkSMS
    • Hoiio
  4. 接続を追加 を選択して、新しく追加された接続名をリストから選択します。
  5. [宛先]項目に国番号を付けた携帯番号を指定します。携帯番号のフォーマットは、選択したサービスプロバイダーによって異なります。[宛先]項目に動的な携帯番号の値も割り当てできます。これを実施するには、[To]項目にマウスオーバーして、[To]項目の右側に表示されたアイコンを選択します。これは、一行と数字の項目をフォームに表示します。携帯番号を含む対象の項目を選択します。
  6. [メッセージ]項目にSMSメッセージを指定します。[メッセージ]項目に動的な値も割り当てできます。これを実施するには、[メッセージ]項目にマウスオーバーして、項目の右側に表示されるアイコンを選択します。これはDelugeの変数と項目をフォームに表示します。対象の項目を選択して、メッセージ欄にその値を挿入します。例えば、下記の図ではメッセージが、「Dear ${Added_User} 」で始まり、[Added_User]は、データを追加して格納したユーザーの名前の項目名です。
  7. [保存]をクリックして、SMS通知を作成します。新しいフォームのデータが送信されると、SMSが送信されます。

    デフォルトのSMS

SkyDesk CreatorがサポートしているSMSプロバイダー (例: Twilio、ScreenMagic、ClockWorkSMS、Hoiio、Clickatell) のアカウントをお持ちの場合、そのユーザー名、パスワード、アカウントID、またはプロバイダーのアカウントのAPIキーを利用して、新しい接続を追加できます。

接続の追加

SMSの接続を追加するには

  1. 接続のドロップダウンから、[接続の追加]をクリックします。

    デフォルトのSMS

  2. [接続の追加]ページに表示された一覧から、SMSプロバイダーを選択します。

    デフォルトのSMS

  3. 一意の接続名を指定します。
  4. ユーザー名、パスワード、アカウントID、APIキーなど、その他のパラメータの値を指定します。これらのパラメーターは、選択したプロバイダーによって異なります。
  5. [送信]をクリックします。

    デフォルトのSMS

  6. 新しい接続名が、SMS通知ページの接続の一覧に表示されます。アカウント設定 - Connections ページからも接接続を追加できます。すべての接続は、このページに下記のように表示されます。

    デフォルトのSMS

Delugeスクリプトを使ったSMS通知の設定

SkyDesk Creatorは、自動スクリプトの一部として、SMSの送信に使用されるDeluge機能を提供しています。詳細は、help page を参照してください。

メモ

  • 通知は自動化 セクションからも設定することができます。複数のタスクを含むルールは通知セクションに表示されませんのでご注意ください。これは[自動化]セクションに表示されます。例えば、1つのルールにプッシュ通知とSNS通知が含まれる場合、自動化セクションに表示され、通知セクションには表示されません。